いいねして最新情報を受け取ろう!

2015年09月07日更新

【人生を変える7日旅】美人すぎる銅版画家小松美羽が隠岐の島へ!

美しすぎる銅版画家として話題の小松美羽さんが、出雲・隠岐を訪れ、自らの版画の新境­地に挑む7日旅。30歳を超え、新たな自分の代表作、新境地となる作品作りを目指して出雲、隠岐の自然、文化を学び、その場所で創作する。出雲と隠岐の神秘の力は彼女にどんな新しい世界を見せて­くれるのでしょうか!

美しすぎる銅版画家「小松美羽」人生を変える旅へ出る

7日間あれば人は誰でも変わることができるのかもしれない

人生は長い。その中で人は何回変わるきっかけに出会うだろうか??


「旅」という言葉があるが旅は人を大きく変えることができる体験なのかもしれない。


「7日間あれば人は誰でも変わることができるかもしれない。」


このコンセプトで人生を前に踏み出すきっかけを得るために、
旅人が「今、最も行きたい場所」へと旅立つというBSの番組「人生を変える7日旅」(金曜22:00~22:54)に今注目を浴びている美人すぎる銅版画家の「小松美羽」が新境地となる作品を描くため、島根・出雲そして隠岐の島を訪ねる。

小松美羽氏の出演回の放送日は9月11日(金)

美しすぎる銅版画家「小松美羽」とは?

作品を作る美しすぎる銅版画家「小松美羽」

日本の生み出すものにこだわり<独特の死生観>を表現した作風で


世界に羽ばたこうとしている、日本の銅版画家 小松美羽さん。

プロフィール

◼︎小松美羽

・生年月日 1984年11月29日

・出身 長野県

・血液型 O型

・趣味 狛犬研究、日本各地の温泉巡り、海外旅行

・特技 なぎなた(北信越3位)

・学歴 女子美術大学短期大学部 2004年度卒業(教員免許取得)

ギャラリー

自在神社の太々神楽

実績

小松美羽さんはこれまでに多くの個展を開催してきました。

日本だけではなく海外でも小松美羽さんの評価が高く、海外から人気の火がついたといっても過言ではないですね。


フランス「PRIX CANSON 2013」で世界ベスト39人にノミネートされるなど
国際的な評価も高い才能の持ち主でもあります。


2009年12月にはポニーキャニオンより発売の阿
久悠トリビュートアルバム『Bad Friends』のジャケット(アクリル画)と挿絵を担当し話題になりましたね。


エルメス本社の斉藤峰明(さいとう・みねあき)副社長も小松さんの作品を所蔵していますし。


見た目とは裏腹に独創的な世界観のある銅版画を展開することでもとても注目を浴びているのです!

旅のコンセプト

「隠岐の島を舞台に新境地となる作品を描く旅」これが今回のコンセプトになる。


実は昨年5月、出雲大社の摂社に30日間こもり、自身の作品「新風土記」を奉納した小松さんは迷わずこの場所を選択したという。


30歳を超え、新たな自分の代表作、新境地となる作品作りを目指して
出雲、隠岐の自然、文化を学び、その場所で創作する。

旅の行程

出雲大社:参拝 〜 隠岐の島 〜 万九千神社:作品完成


神話で神々が集まる稲佐の浜より、出雲大社に参拝
人生で初の隠岐の島を旅する。


神話で八百万の神々が最後に直会(宴)をして
旅立つ地、万九千神社で作品を仕上げ旅は終わる。

旅の紹介動画

【人生を変える7日旅】『小松美羽×出雲・隠岐〜新境地を描く旅』番組紹介動画

最後に、、、

小松さん自身自分と向き合いながら、しかも7日という期限付きでの創作は初の試みだそうで、


「観たい、感じたい」そんな思いで島を飛び回り、同時に昼夜を問わず絵を描いていく。


3年ほど前、「新たな自分の作品を」という想いから、自身の代表作である版画「四十九日」の銅板を切断した小松さん。


今回、強い決意のもと、旅を通じて創作される小松さんの新たな作品、新境地に注目が集まります!


果たして、新たな試みからどのような作品が生み出されるのか!?
その時、小松美羽という女性は何を感じ、何を手に入れたのか!?

放送日

2015年9月11日(金)放送


BS朝日チャンネルにて(BSデジタル放送5チャンネル)

小松美羽からのメッセージ

【人生を変える7日旅】『銅版画家・小松美羽×出雲・隠岐〜新境地を描く旅』小松美羽さんメッセージ

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

otokake公式アカウントです。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索