いいねして最新情報を受け取ろう!

2015年11月23日更新

「The Snatch!」が語る SNSで有名になり夢をつかむまで[長編インタビューpart.2]

前回特集をした今一番熱いアカペラアイドルグループの「The Snatch!」。今回は彼らの活動休止から、SNSをうまく活用して有名になり、夢を掴むまでなど、今までの活動の歴史を包み隠さずインタビュー全て語ってくれた。その長編インタビューの後編をお届け。

「The Snatch!」×otokake編集長の長編インタビュー後編!

前回のおさらい

メンバーの様々な葛藤や、挫折、そして崩壊、休止。


「アカペラアイドル」このコンセプトまでにも様々な紆余曲折があり、コンセプトが決まった。



深い深い「The Snatch!」の歴史を振り返った前半。


そして後編では徐々に輝きを取り戻すグループ、休止以降の活動にフォーカスしてインタビューを行っていきます!

インタビュー前半!

Q.休止を経て、4月からの活動を教えてください。

はい、では私がしゃべりますね!




実は活動休止ワンマンでラストライブ1000人という目標をみんなの前で言ってしまったんですよ!もうアンコールの時に流した映像で出しちゃったんです(笑)



とはいってみたものの、、、


その時の僕らに具体的な千人への道筋が見えていたわけではなく。



どうやって1000人集めたらいいの???っていう感じになりまして、


休止ライブなのに、なんでこんな目標を言ってしまったのか。


お客さんも驚いてましたもん(笑)

俺らサプライズ好きですからね(笑)

もはや勢いってやつですね!でも自分たちも驚いてるじゃないですか(笑)大丈夫ですか??(笑)

そうなんですよ。


でももうすぐにでも動かなきゃダメだと思ったんで、、、


ライブも出れないし、今はネットの時代だからSNSを使おう!となりましたね。



で、本当にみんなで自分たちに合うSNSはなんだろうかと、いろいろ分析したり議論してみて見つけたのが「ミクチャ」MixChannelだったんですね。


ここで動画にアップしたら1日で6000likeに6万回再生!通知が止まらなくて焦りました。


その時に「ここだ」と確信しましたね!

僕が見つけてきましたー!!!(ドヤっ)

ポッキーの動画とかすごいことになってましたよね、最近の話ですけど。

10000いいね越え!!

ありがとうございます。




ここでカバー動画を定期的に出していけば応援してくれるファンの人が増えるに違いないって!

Q.しかし、こうまた何で6000もいったんですかね??

イケメン6人

がハモってみたっていうのとみんなが見慣れないアカペラというジャンルの組み合わせでヒットしたんじゃないかなーって思いますね!

Q.自分たちでイケメンっていうのって事実ですけど、なんだか恥ずかしいですね(笑)

そうなんですよ(笑)


ミクチャに動画あげた後に冷静になって一人で動画見るじゃないですか。



そしたら自分で

イケメン6人がハモってみた

なんて書いちゃってますからちょー恥ずかしいですよ(笑)



でもやっぱり賛否両論でしたが、刺激的なタイトルっていうのと、もちろんアカペラのクオリティも自分達でいうのも変だけどまあそこそこだったので、6000まで伸びたんだと思いますね!

ふふ、、、これも見込んでの作戦です!




実際そこからTwitterの方にも広げていったんですが、フォローワーが順調に伸びて行きましたね!もうかつてないです!


4ヶ月で1万人くらい増えましたからね。


これでワンマンが少しみえてきたなーって感じでしたね!

Q.10月のライブの話を聞かせてください!

もうこれは僕たちの思い出ですね。


休止以来のワンマンライブだったので。


幕が開いた瞬間がもう衝撃的でしたね。(悲鳴がとびかう。)


「なるほど、これがジャニーズか」

と思いましたね。(笑)

もう天狗になってるじゃないですか(笑)




でも本当にお客さんの歓声がすごすぎて、正直びっくりしてしまいましたね。


企画もあり、アカペラもあり、ソロもあり、コントもありで、初めて僕らを見に来たお客さんがどう受け取るか不安でしたが、みんな本当に楽しんでくれたみたいでうれしかったです!

そして夢が叶い、女子大の花園に召喚される「The snatch!」

そしてその勢いで学習院女子の文化祭に呼んでもらいました。


もうつまり1つ目の夢がかなったわけですよね!本当にうれしかったです。

いやぁ、本当にそれに関しては最高でした。


本当に最高でした。


本当に最高でした。(野郎も多かったけど。)

(何回言うんだこの人。)

そしてリベンジマッチ!ついに訪れた明治大学の学祭オーディション

そしてこの時期はアレなんですよ、アレ。



去年悪夢を見た明治大学の学祭オーディションです。

一睡もできなかったですね。


寝てると去年の光景がフラッシュバックするんですよね。そのくらいトラウマになっていて。


こんだけ頑張ったけど、また昨年みたいなことになるんじゃないか?チームがバラバラになってしまうんじゃないか?と不安で不安で。

Youtubeでお笑い見てリラックスして目をつむると、緊張でドキドキして眠れないの無限ループでした。(苦笑)

そうですよね、去年の結果を見ると怖いですもんね。ぜひ、実際やりきった時の感想とかあれば教えて下さい。

本番は本当にピリピリしてましたね。去年あれだけやりきったのにあれだったので。


終わった後はみんな冷静だったんですが、今年こそは!みたいな思いはありました。

毎回、オーディションが終わったとはみんなでご飯食べに行くんですが、「死亡フラグだ!」ってなり、
今年は終わったあとメンバーで集まらなかったですね。


裏を返せば今年はそれくらい冷静だったのかもしれません。

Q.「あれ、片石さんなにしてました?」

新宿でご飯食べてましたね。そっちは??

自分はカラオケにいました(笑)

(どれだけ歌えば気がすむんだ。。。)

そしてメールが、、、

そうなんです、メールが鳴った瞬間は本当に緊張しました。


固唾を飲んで開いたら

一位でした!




もうびっくりしました本当に。


そしてすぐに片石さんから電話が来ましたね。


号泣してました(笑)


僕は後輩といたので泣けなかったんですけど(笑)



みんなめっちゃ喜んでました。

いや、それは泣くよ。


スナッチで初めて泣きましたね。なんかリーダーが泣いたらダメだなという謎のポリシーがあって。でもこの日は大泣きしました。


明治特待で受かった百倍うれしかったですね。本当に人生で一番うれしかった。僕自身としてもそうだし、みんながトラウマから脱却できたことも本当にうれしくて。


努力は裏切らないを体現したわけですからね!

そしてこの感情を共有出来る、苦楽を分かち合った最高の仲間がいて、本当に幸せだなと思いました。

これからのThe Snatch!

Q.では今後の目標を教えてください!

そうですね、来年3月に1000人という目標を達成するために


まずは12月クリスマスワンマンを成功させたいですね!!!


あとは、3月の卒業ライブにも向けて突っ走っていきたいですね!



ちなみになんですけど、片石さん、


Q.The Snatch!を通して何を届けていきたいですか?

そうですね、それは


自分の人生をプロデュースする

ということですね。


大きい挫折のたびに大きな成長をしているじゃないですか僕たちは。


崩壊の危機だって何度もあったわけだし。


やめちゃうのは簡単だけど、それを続けるのは結局自分次第なんですよね。


ピンチをチャンスにすれば何倍も大きくなって帰ってこれるんです。てか俺らは本当にそうだった!ピンチの数だけ成長したから!


だからその俺らの勇気とかパワーとかを少しでもみなさんに感じ取ってもらってみんなの日常の刺激に少しでもなればいいなと。


見てる人の人生を楽しめるようにしたいですね!ワクワクさせ続けたい!

もうセリフが起業家みたいな感じになってる(笑)すごい説得力はありますけどね!

それわかります、いつも考えてますよ。


元はサークルの一員で



さらに分解すると自分らって平凡な大学生じゃないですか??



もともと小さかったんですけど、



自分で考えて自分で動くことが大事って思うんですよね。


動き方次第でいくらでも現状なんで変えれるんだなって、諦めたらそこ終わりだけど動き続ければ絶対何かは変わりますよね。


俺らなんて、もちろん事務所も入ってないし完全に自分たちだけのセルフプロデュースだけですからね!(笑)


だれにでもこのような可能性あるよってことですね!!!




自分たちまだまだ平凡だけどね。。。(笑)

でも前半からお話を聞いてる限りなんだか絵に描いたようなストーリーで感動しますね。


大きな挫折を乗り越えて夢を掴む。そして決してすごい人だからではないし、積み重ねた努力から生まれた結果なんですね。


いやぁ、これ

小説にしましょう!(笑)




兎にも角にもこれからも頑張ってください!

二人: はい!頑張ります!ありがとうございます!

こうして彼らの素晴らしいインタビューは幕を閉じた、、、

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

otokake総合プロデューサー兼編集長です!

音(oto)を通じて充実した新しいエンターテインメント体験の架け橋(kake)を創造します!

oto kakeを通じてたくさんの方が、楽しめる新しい形のメディアにします。



人気記事ランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索