いいねして最新情報を受け取ろう!

2016年05月20日更新

温かい涙と癒し、「自分らしさ」を取り戻してくれるandropの歌詞の意味を解釈!

日々、仕事や学業、それぞれの居場所で頑張っている人達に贈る。 それらに支配されている生活に、自分らしさや自分の価値を見失いそうになることもある。そんなあなたをandropが優しく癒してくれる歌詞をまとめてみました。

【音楽が与えてくれるもの】
それは、計り知れない。
時に、一人の人生を変えてしまうほどの威力を持つ。
私もそんな音楽の魔法に救われている一人です。

皆、毎日仕事や家事、学業やアルバイト…それぞれの居場所でもがきながら、頑張っています。

今日はそんな悩みの多い現代だからこそ、andropの心に響く曲を紹介します。

まずは、何も考えずにイヤホンを用意して聴いてみてください。

あなたは大切な人に、ちゃんときもちやことばが伝えられている?

◆一曲目「Bell」

どうでしたか。
彼らの曲はとても優しくあなたの中に入ってきたんじゃないでしょうか。
消して上から目線ではなく、そっと寄り添ってくれて、背中をおしてくれる。歌詞が深いのと比喩が多いので、意味がわからないところも沢山あると思いますが、なぜか涙があふれる。
それでいいんです。音楽は理解するものではなく、感じるもの。

■メッセージ→初期衝動を信じてアクションを起こそう。

歌詞の「言葉」「未来」「走り出す」という言­葉から、「言葉を届ける・想いを伝える」
電話やメールやTwitterなどでら労なくしてコミュニケーション­ができてしまう現代。
しかし、本当に伝えたいことは相手に届いているのでしょうか?

あなたが伝えたいと思った言葉を幾多の困難を乗り越えて、相手に届­ける。その過程をエンターテイメントにできたら面白いのではないかと思い、"Be­ll" music video gameのアイデアが浮かびました。

出典: https://youtu.be/jkqMwQfxhk8

Bell 歌詞
作曲:内澤崇仁 作詞:内澤崇仁

いつの間にか言葉を
今の今まで隠してた途中

涙の中気づいた
君が僕に話しかけた

「涙の日々は分かるが
流れるには意味があるの
未来はまだ分からないが
歩けるなら進めばいい」

走り出す感情も
止まらない衝動も
続いて続いて
ほらもう少し!

「当たり前」が崩れて
子供のように嫌ってた途中

昨日までの明日は
そっと僕に話した

「探しものは見えないかな
形のないモノもあるよ
宛てないメールの数だけ
消せぬ想いに気づいてよ」

鳴らないベルを待つ日々も
望めばキラキラな日々よ

走り出す感情も
駆け抜ける衝動も
信じて信じて
あともう少し!

溢れ出す感情が
景色を変えてく
君まで君まで
ほらもう少し!

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-110921-123

自分にしか過ごせない今がある、自分らしさを取り戻してくれる歌詞

◆続いて紹介する曲は「voice」

こちらは歌詞から。

続いて紹介する曲はvoice

こちらは歌詞から。

Voice
作詞:内澤崇仁 作曲:内澤崇仁

今日も僕は誰かだった
君と僕が踊る為の抗争

始めたのは誰かだった
夢や希望の嘘

鳴り出したリズムは音に
伸ばした手が掴もうとしたこと
目を閉ざすのも耳塞ぐのも
全ては僕が選んでしたこと

投げ出したもの 指差したもの
「サヨナラ」と僕が手放したもの
信じてみてよ 愛してみてよ
今より高く飛べるよ

今 誰の代わりもいない君の 生まれた声を聞かせてよ
どこにも代わりのいない君の 生まれた声で歌ってよ

消えないで
消さないで
君の声で

時に僕らは傷ついて
繋がってみたり 流されたふりして

終わらせたのは誰だっけ
夢や希望の嘘を

立ち並ぶその中の一人
誰にも知られず流れる涙

選ばせたのも 決めさせたのも
誰にも必要とされないから

ねえ聴こえるよ 呼ぶ声がする
「ゴメンネ」と忘れた僕自身を
信じてみてよ 愛してみてよ
今より高く飛べるよ

今 誰の代わりもいない君の 涙の声を聞かせてよ
どこにも代わりのいない君の 掲げた声で歌ってよ

明日でもなく昨日でもない
今日の自分を好きでいたい

未来も過去も納得したい
今の自分を好きでいたい

信じてみてよ 愛してみてよ
大事なものはすぐ側にあるよ

今 誰の代わりもいない君の 生まれた声を聞かせてよ
どこにも代わりのいない君が 信じた声で叫んでよ


君は君で在るから
何したって良いんだよ
君が決める終わりだって始めだってあるから

君がいる世界なら
もうずっと離れないから
夢も嘘も愛も闇もずっとずっと忘れないでよ

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=B-131101-001

この曲には、僕、君、誰かが登場人物として出てきます。

僕と君は同一人物であり、

僕は 過去の自分
君は いまの自分

と例えて区別して呼んでいるのではないかなと私は思いました。

鳴り出したリズムは音に
伸ばした手が掴もうとしたこと
目を閉ざすのも耳塞ぐのも
全ては僕が選んでしたこと

投げ出したもの 指差したもの
「サヨナラ」と僕が手放したもの
信じてみてよ 愛してみてよ
今より高く飛べるよ

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=B-131101-001

これは、僕が選択したもの。
過去の自分。一度は手放したもの。
次の章では、君が僕を認めてあげようという気持ちがこもってるように思えます。

今 誰の代わりもいない君の 涙の声を聞かせてよ
どこにも代わりのいない君の 掲げた声で歌ってよ

明日でもなく昨日でもない
今日の自分を好きでいたい

未来も過去も納得したい
今の自分を好きでいたい

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=B-131101-001

「君は君でしかないから、他の誰にもなれないし、ほかの誰も君にはなれない」

それは当たり前のことだけど、
この歌詞を改めて聴くと自分は自分でいいんだ、と思える。

自分にしかない強みが誰にでもある。今の自分は自分が望んだような自分ではない→僕であるかもしれない。


しかし、僕があって君がある。
だからそんな僕を好きでいよう。

そうすればきっと前に進める。君が納得できる未来がくるはずだから。

andropはそんなふうに訴えたいんじゃないかと思いました。


君は君で在るから
何したって良いんだよ
君が決める終わりだって始めだってあるから

君がいる世界なら
もうずっと離れないから
夢も嘘も愛も闇もずっとずっと忘れないでよ

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=B-131101-001

最後に、君→今の自分の、存在をちゃんと肯定してあげよう。

思い通りにいかなかったり、
投げやりになったり、
沢山自分を嫌いになることもあるかもしれない。

私も自分が嫌いな方で、常に人と比べて落ち込んでいました。

比べて一喜一憂してもなんにもならないけど、ついそうしてしまう。

それは誰にでもある経験だと思います。

でも、比べても君は変わらないし、君が今の自分を認めてあげよう。

君がしたいように。
誰に言われても関係ないよ。
君が決められるんだ。
他人になんと言われようと。

ずっと離れない僕がいる。
僕→過去の自分は今までの君を知っている。

夢も愛も嘘も、忘れるのも忘れないのも君自身なんだと。


私はandropのこの歌詞からすごく自分に訴えかけるものがあり涙が溢れると同時に、とても嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

皆さんが今歩んでる道も決して平坦ではないと思います。
時に人と比べて落ち込むと思います。

競争社会だし、比べること自体は自分が成長するには必要です。

ただ、それだけじゃないよと。

そして人それぞれいいところがあるから、自分らしく、自分しかできない生き方をしましょう。


私も少しずつ、
こんなふうに音楽に支えられながら、自分でよかった、と思える日々にしていきます。

androp、ありがとう!!

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

美容と、音楽が大好きです(^-^)
日々の疲れや身体の不調は食生活が原因だったり、睡眠が足りてなかったり。

読んでくれた誰かしらに価値のある記事を書いていけたら嬉しいです。
好きな言葉は、「戦いのない美徳はない、勝利を伴わない美徳はない」byルソー

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索