いいねして最新情報を受け取ろう!

2016年05月10日更新

昆夏美×スキマスイッチ"一週間フレンズ"物語に見事にリンクしたOP曲・ED曲。

貴方は原作・アニメ共に話題になった「一週間フレンズ。」という物語を知っていますか? 実写映画化も決定したこちらの人気作品。 内容のあまりにも切ない、けれど心温まるストーリ。 それらを引き立てるOP曲、そしてED曲を紹介します。

一週間フレンズ。とは

原作は葉月抹茶様による、日本の漫画作品。
累計100万部を突破しており、2014年4月からはテレビアニメが放送されました。
その他にも舞台化、実写映画化なども発表されている期待の作品です。

切なく、心温まるストーリー。

主人公である長谷祐樹は、いつもクラスで一人でいる藤宮香織と何とか仲良くなるために彼女に近づこうと努力する。
しかし彼女は頑なにそれを拒んだ。
その理由はとても信じがたい”一週間後に記憶がリセットされてしまう”という事実だった。
それも仲がよかった人の記憶だけが、月曜日の朝には彼女の脳裏から綺麗さっぱり消えて行ってしまうのだ。

それなら何度だって友達になればいい!

その事実にショックを受けた長谷だったが、友達になることを諦めようとはしなかった。
彼女に日記をつけることを提案し、少しでも彼女の記憶が戻ることを願いながら毎週繰り返す。
「俺と、友達になってください!!」と

OP曲「虹のかけら」

明日もこうして 君のそばにいて 同じ時を過ごしていたいな
ゆっくりページを めくるようにまた増やしていこう 君とのしるし

言葉に出来ないこと押し寄せてきても 大丈夫 こわがらなくていいよ

君を連れ去りにゆくよ 果てしないあの空へと
感じるままに描こう 明日という虹の橋を
君が落とした忘れ物 僕がきっと探し出すよ
何度でも会いたいから 大切な輝く笑顔に

失くしたものたち数えるよりも 今ここにあるものを信じて
考えすぎたってきっとダメになるばかり 不器用な翼でも飛べるよ

君と走り出したいよ どこまでも続く道を
遠回りばかりじゃない ゆっくり前に進んでいる
こぼれた時のしずくが心に流れ落ちたら
君はもう一人じゃない
いつだって僕がいるからね

もしも君がつらい時は
僕が雲の隙間から顔出す太陽のように照らしたい
だからどんなときもずっと 見逃したりはしないよ
過ぎ去るこの一瞬の 全てを

雨降り空でも明日になれば 風は止み陽はまた昇っていく

君と刻んでいきたい これから始まる日々を
心にフタをしないで あるがまま歩いていこう
繰り返す日々の中で 見つけてゆく宝物
いつの日も胸に抱いて 大切な輝く笑顔に

何度でも会いに行くよ

出典: http://www.utamap.com/showtop.php?surl=dk140527_31

明日も明後日も、ずっと二人で思い出を作っていきたい。
月曜日の不安もノートの中の記録が楽しかった日々を思い出させてくれるような…
たとえ記憶には残らなくても、大切な友達との大切な時間を、一日一日積み重ねていこう。
前向きな歌詞に明るいメロディが、聞いている方までうきうきした気持ちにさせてくれます。

”もしも君が辛い時は、僕が雲の隙間から顔出す太陽の様に照らしたい"

この作品の空は明るい雰囲気の時には晴れ、辛い時には曇り、雨など天気の描写がとても丁寧です。
歌詞からもそれと掛けた長谷くんの気持ちが読み取れ、思わずウルっときてしましますね…

ED曲「奏」

スキマスイッチさんでおなじみの名曲「奏」
アニメでは声優さんがカバーされているのですが、この曲が一週間フレンズ。のストーリーに驚くほど合っています。
OP曲とはまた違ったしっとりと、切なさがこみ上げます。

改札の前つなぐ手と手
いつものざわめき、新しい風
明るく見送るはずだったのに
うまく笑えずに君を見ていた

君が大人になってくその季節が
悲しい歌で溢れないように
最後に何か君に伝えたくて
「さよなら」に代わる言葉を僕は探してた

君の手を引くその役目が僕の使命だなんて
そう思ってた
だけど今わかったんだ 僕らならもう
重ねた日々がほら、導いてくれる

君が大人になってくその時間が
降り積もる間に僕も変わってく
たとえばそこにこんな歌があれば
ふたりはいつもどんな時もつながっていける

突然ふいに鳴り響くベルの音
焦る僕 解ける手 離れてく君
夢中で呼び止めて 抱き締めたんだ
君がどこに行ったって僕の声で守るよ

君が僕の前に現れた日から
何もかもが違くみえたんだ
朝も光も涙も、歌う声も
君が輝きをくれたんだ

抑えきれない思いをこの声に乗せて
遠く君の街へ届けよう
たとえばそれがこんな歌だったら
ぼくらは何処にいたとしてもつながっていける

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B06160

”君が僕の前に現れた日から、何もかもが違くみえたんだ
朝も光も涙も、歌う声も、君が輝きをくれたんだ”

長谷くんが諦めずに声をかけ続けた奇跡。そして、友達を否定していた藤宮さんが遂に心を開いた奇跡。
他にも頼りになる友人達の助け…
それらが綺麗に重なって二人の世界は明るく広がっていきました。

最後に…

いかがでしたでしょうか?
純粋な男女の物語。それを引き立てるOP曲、ED曲。
曲を聞けば作品を見たくなること間違いなしですし、作品をすでにご存じの方はもう一度、歌詞を噛み締めて聞いてみるのはどうでしょう。
よい作品はよい音楽でより素敵になりますね。

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

明音といいます。

アニメの良さを引き出す主題歌。
そして、ボカロ曲の解釈を中心に紹介していきたいと思います。

数分の曲の中に詰め込まれた世界観が
皆様の心に少しでも届くように。。。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索