いいねして最新情報を受け取ろう!

2017年01月26日更新

クリープハイプ「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」のラストステージを観る客の胸中を書いた歌詞を紐解く

クリープハイプの歌詞解説第三弾。ずっと応援していた歌姫が最後のステージに立つ。切な過ぎてもう会えなくなると思うと溢れ出す彼女への強い想い。普段は決して交わらない住む世界が、唯一交わる”ライブ”という空間で見えてくる歌姫を前にしたオタクの胸の奥が見えてくる、語りかけるような表現が面白い歌詞を紐解いていきます!

これが本当に最後の歌だったら。自身を客観的に捉えた一曲。

メジャー1stシングルとして発表された「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」。

私自身も大好きな曲の一つです。
このタイトルから何を伝えたかったのか、何を描きたかったのか。
初めて耳にした時はただただ切ない王道ポップサウンドだなあと思いました。

何年も経って検索してみたら、まだ残っていたインタビューの一節が目に飛び込んできて、
この曲の新たな一面が見えてきました。

バンドのボーカルが初めてのワンマンライブツアー中にふと思った疑問。ずっとやってきたことに
最後が訪れた時、お客さんはどんな想いで聞いてくれるんだろう。
そんな気持ちを、歌姫のラストステージを観るオタクの胸中に重ね合わせて
描かれています。

当たり前だと思っていたよ。さよならなんだね。

さよなら歌姫最後の曲だね 君の歌が本当に好きだ
今夜も歌姫凄く綺麗だね 君のことが本当に好きだ

さよなら歌姫アンコールはどうする 君の事だからきっと無いね
それなら歌姫アルコールはどうする 僕は全然飲めないけど

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-121003-238

1番のAメロ部分です。

歌姫のラストステージの最後の曲の演奏が始まる。
一生懸命に歌い出す歌姫の姿を見ながら
男性は胸がいっぱいになって、ステージに
語りかけているかのように心の中で呟きながら
ライブを見ています。

(アンコールを期待したいけど
いつものパターンだと無いよな。
アンコールじゃなくてアルコール飲んじゃう?
僕は飲めないけどね。)
そんなことを考えながら気を紛らわせているようにも
感じます。


こういった細かい言葉遊びもクリープハイプの歌詞で多く書かれています。
聞いて気づけなかったことが歌詞を読んで気づかされることもよくありますので、
歌詞もちゃんと目にして欲しいです。

歌声 歌声 でも君は泣いていたんだね
泣き声 泣き声 僕は気づけなかった

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-121003-238

1番のサビ部分です。

いつもと同じように歌う歌姫。
その中でも心の中では泣いていたのかもしれない。
そんなことにも気づけなかった。最後の最後に。

そんなことを思いながら最後の姿を思い返して
いるように思います。

僕も随分年をとったよ こんな事で感傷的になってさ
今なら歌姫 やり直せるかな 
君はいつも勝手だ

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-121003-238

2番のAメロ部分です。

長い年月応援してきたのに、
最後という切なさ、
最後まで気持ちを汲み取れなかった虚しさに後悔し
あの時間に戻ってちゃんと気づいてあげたい。
という歌姫に対する気持ちが溢れているように聞こえます。

あれが最後になってしまったのか、、、

これが本当にさよなら。なのに気づいてあげられなかった。

最後の4小節君の口が動く
最後の4小節君が歌う
最後の4小節君の気持ちが動く
さよなら


歌声 歌声 でも君は泣いていたんだね
無き声 無き声 僕は気づけなかった

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-121003-238

ラスサビ前〜ラスサビ部分です。

最後の曲の最後の部分。あっという間に終わっちゃうから
しっかりと目に焼き付けて脳裏に焼き付けようと
歌姫を見つめる男性の姿が見に見えてきます。

これで本当にさよなら。ありがとう。
泣いている声も声にならない声も
僕は最後の最後まで気づいてあげることができなかったんだ。


本当に聞けば聞くほど、読めば読むほど
切な過ぎる曲です。
メジャーデビューという嬉しいことにも
曲は浮足立たず、反面教師なバンドの姿を
最初から嘘つかずさらけ出すということは
歌を本当に大事にしていて、いつも最後のステージだと思うくらい
ライブに命を捧げているバンドです。というメッセージが
込められているような気がしました。

MVを手がけているのは松居大悟監督で。主演は大東駿介さん。歌詞の内容に寄り添ったMVは必見です。

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

クリープハイプの世界観に少しでも歩み寄る事が出来たなら…。
楽器を弾くのも聴くのもライブに行くのも好きな音楽評論家気取りの音楽馬鹿です。
歌詞の世界を紐解いてよく呟いています。相棒はマーティンのジュニア。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索