いいねして最新情報を受け取ろう!

2015年09月21日更新

【VR FESTIVAL 〜ReNY1周年おめでとう〜LIVEレポート】

9/10 VR FESTIVALが開催された。Anli Pollicino、Yeti、ギガマウス、WING WORKS、Neverland、LOG-ログ-、Smileberryの計7バンドが集結した。またSmileberryは始動LIVEの兼ね合いもあり記念すべき日であった。当日のライブ風景や、セトリなどを特別公開!!

9/10 VR FESTIVAL  総計7バンド LIVEレポート

新宿ReNYの1周年記念+Smileberry始動LIVEという記念すべきことが2つ重なったLIVE。


今ノリにのっているバンドが集結したVR FESTIVALの状況を包み隠さずにレポート!

*写真は事情により掲載出来ませんのでご了承ください。

Smileberry ファン一同からのお花

1、LOG-ログ-

L to R:NARUMI[Guitar] | Vambi[Vocal] | 優希[Bass] | RUMINA[Drums]

非常に勢いのあるバンド LOG-ログ-

トップバッターは最近、己龍47都道府県巡業にてOAを飾ったLOG-ログ-だ。

SE〜BIG VAMのノリが良いナンバーでかましてきた。

OVER SKY、Adore youではギターソロもばっちり魅せてきた!


全体的にキャッチーな楽曲でバンギャルも拳をあげ、手拍子でノリノリであった。


来月からは東名阪ワンマンツアーも開始との事。

もっとLOG-ログ-を体感したい方は是非ワンマンに足を運んでほしい!



【セットリスト】

1、SE〜BIG VAN

2、PEACH SAMURAI

3、OVER SKY

4、Adore you

5、ゆとりの生んだ革命児

LOG-ログ- 1st single 『OVER SKY』SPOT【LOGTV】

2、Neverland

L to R:てら[Bass] | 涼太[Vocal] | 琥珀[Drums] | 一輝[Guitar]

表情豊かなボーカル、物語を感じるメロディが特徴のNeverland

2番手はNeverland。

凄く印象的なゴシックなメロのSEからファストナンバーである666Hzをぶつけてきた。

ハイカラ輪舞曲ではリズミカルでPOPに、アグリマンではヘヴィーにと楽曲にバリエーションを
もたしてLIVEを沸かしていた。


最後はバラードであるMerry go landで締めた。


曲数は少なかったがVoの涼太の歌声が非常に印象的で心に響いた。


Neverlandも11月から東名阪のワンマンツワーを開始。

同じくNeverlandをしっかりと堪能したい方は是非LIVEに足を運んでほしい。

【セットリスト】

1、SE〜666Hz

2、ハイカラ輪舞曲

3、アグリマン

4、Heart sleep

5、Merry go land

Neverland LIVE動画『アグリマン』

3、Yeti

L to R:Bikkey[Bass] | 涼木 聡[Vocal&Guitar] | 沢村 英樹 [Guitar] | 多村 直紀[Drums]

自然体なロックサウンドを発信するYeti

3番手はYeti。

今回のイベントでは唯一ヴィジュアル系ぽくなかったがMC時のファンからの声援は凄まじかった。

凄く自然体で同期を入れながらもストレートなロックサウンドを展開。

全体的にPOPなナンバーで攻めながら、涼木 聡が「みんなで一緒に歌おう」とノリのいいギターカッティングのmusic、ディレイの単音フレーズが耳に残ったloopで会場を盛り上げた。

Yetiも9月末から東名阪のワンマンツワーを開始との事。

Yetiのしっかり堪能できるLIVEなので是非足を運ぼう!

【セットリスト】

1、cheese

2、picasso

3、door door

4、music

5、loop

Yeti「picasso」Music Video(from 1st mini album"家庭の事情")

4、WING WORKS

新感覚! V系×EDMが特徴のWING WORKS

元少女-ロリヰタ-23区のBaであるリョヲ丞 のソロプロジェクトであるWING WORKS。

V系×EDMという今非常に熱いジャンルを組み合わせた新感覚のサウンドを展開。

バンギャルもLEDリングを身につけてノリノリ。「まるでCLUB!?」のような光景を目の当たりにした。

バンドサウンドは非常にヘブィーでノリやすく、ブレイクダウンをかましたり誰でもノリやすいナンバーをかましていた。

またステージの演出も凝っており曲に合わしてのレーザー・証明も非常にマッチしており
素晴らしいショーを見れた。

ライブハウス以外にもEDMフェスにも対応出来そうなWING WORKS。

今後の活動が非常に楽しみだ!

12/20には新宿ReNYにてワンマンも開催。
是非チェックしてほしい!

【セットリスト】

1、SE〜VAN✝MAN

2、ILLUMINA LUMINALION

3、メギド

4、RAVVE OF MY TRINITY

5、FIXXTION BOY

WING WORKS - VAD†MAN

WING WORKS 1st single「VAD†MAN~sorry, this is "MACHINATION"~」
2013.6.26 release.

directed by RYO:SUKE

5、Smileberry

L to R:パル[Guitar] | Motoki[Vocal] | 由奈[Bass] | 律[Guitar] | チャーリー[Drums]

POPな世界観SEと共に登場!UPテンポなセトリでファンを沸かせる!

1. Smiley
デビューシングルの曲を1曲目から披露!

曲の世界観に合わせ、照明は多彩で派手に魅せられた。

「とにかく笑顔で!」メンバーのファンを楽しませようとするパフォーマンスがとても印象的だった。

アップテンポでキャッチーなサビとぐるぐる回る振り付けとジャンプ!


魅せ所の曲の途中でテンポが急に変わりヘドバンで決める。

曲名もありメンバーの笑顔が絶えないパフォーマンスとなった。


2. Go My Way

Smileyのテンポのままupテンポ曲を投下!


そしてパル [Guitar]の高速ソロ演奏で会場をさらに盛り上げる。


このあたりから観客は全体の雰囲気をつかみ始め全員が曲に合わせて乗り始めたようで、会場がSmileberryの色に染まってきた。


MCではMotoki [Vocal]が面白おかしくやろうと宣言して


振り付け講座をその場で伝授するなどコミュニケーションを積極的にとっていたのも観客の印象に残ったはずだ。


3. LUCKY DAY

POPで明るいチューン縛りでファンをさらに楽しませる。

LUCKY DAYあたりからお客さんとメンバーに一体感が生まれ、

ライブはより、盛り上がりを増していく様子が2階席から感じ取れた。


4. Sun!Sun!Smile!!

ミラーボール多様で派手な演出となったSun!Sun!Smile!!

ラストにて全員が手を振りジャンプをする!観客とメンバーの一体感を感じた曲だった。


またライブの最後にはライブに足を運んだお客さん、関係者に丁寧に挨拶をしていたのには非常に感銘をうけた。

Smileberryデビュー記念特別ワンコインシングル[Smiley]MV SPOT

デビュー記念特別ワンコインシングル [Smiley]
発売日:2015年9月9日(水)

ライブに来れなかったファンも「Smiley」のデビュー曲をここで聴いてみよう!

【セットリスト】

1、Smiley

2、Go My Way

3、LUCKY DAY

4、Sun!Sun!Smile!!

6、Anli Pollicino

L to R:将寿[Bass] | Yo-1[Guitar&Cho.&DJ] | Shindy[Vocal] | 琢磨 [Guitar] | 清淳
[Drums]

ギルド ワンマンツアー2013「1/10000の無謀な願望」のオープニングアクトとして47都道府県を廻り、


2014年1月1日発売シングル「Angel Heart」が、オリコンウィークリーチャート初登場14位(1/13付)を獲得したAnli Pollicino。

当日は赤い衣装でステージへと現れた。

そして鮮やかな水色と紫の照明の光とともに彼らのステージはスタートした!

1. NONONON

疾走感のあるサビとベースの早弾きテクニックが響いた曲でスタートを切る!

牡羊座をテーマにしたこの曲。

下記にyoutubeのリンクがあるので是非チェックを!

2. Limit

初見では少し難しい振り付けと、高速ギターソロが印象的なパフォーマンスだった!

3. GameoOfLove

観客に声をかけ持っているタオルで振り回す!

サビの特徴的な振り付けで変わった景色が新宿Renyに広がった。


4. 62-sixxx two-

ベースソロと、エレクトリックなサウンドで観客を魅了した。

先ほどとは一変して赤と黒の照明で雰囲気が変わりラストに向けて曲が進む。。。

5. 白百合ヴァネッサ
ラストはにふさわしい白百合ヴァネッサ!!

1度聴いたら覚えてしまうそのキャッチーなサビと強弱のメリハリがきいている。

ライブ全体としては全体的にお客さんが自然にノリを掴んでいる感じで会場が一体となり、ライブを盛り上げていたという印象だった。

Anli Pollicino「NONONON」FULL PV live at TSUTAYA O-EAST 2015.3.22

牡羊座をテーマにした第4弾楽曲「NONONON」FULL PVです。

【セットリスト】

1. NONONON

2. Limit

3. GameoOfLove

4. 62-sixxx two-

5. 白百合ヴァネッサ

7、ギガマウス

L to R:ライ[Drums] | 式 [Vocal] | ユッキー[Guitar] | seiya[Bass]

黄色がトレンドカラーのギガマウス、新宿ReNYにどんな雷を落としてくれるか楽しみだ。


1. GIGA SPEAKER

ロック調のナンバーそして全体的にカラフルなイメージを観る者すべてに与えてくれたのではないだろうか?


2. ジャパニーズサンダー

イントロとともに強烈ヘドバンが炸裂!


ライブの勢いをそのままパッケージしたようなエッジの効いた轟音ロック!!!!


ファンはしびれるロックに盛り上がりを見せる。


この曲のyoutube動画を下記にリンクしておくので是非チェックを!


コールアンドレスポンスで
「ジャパニーズサンダー」
「新宿サンダー」
「新宿ReNY」
「一周年」

一周年を曲に込めてお祝いしている様子も見られた。

3. 夕顔

なんといってもベースソロがとてもかっこいい!

先ほどの曲とは一変、全体的に綺麗な曲だった。


イントロの独特のサウンドから曲を展開。


ベースソロが始まった途端 ベースの音量が爆音で鳴り響く。


4. Make Noise!!!!s

またまたMCの煽りからの激しいロックを展開!

ここで一気にギガマウスの勢いを見せつけられた。

5. CARY GODS SHO

全体的に赤いイメージで、隣の人と手をつなぎ、全員でつないだ手をあげながらジャンプする姿は見ものだった。

観客とメンバーが一体になるとはこのことだろう。


6. 監獄ロックメン


最後はメンバーの元にステージから観客が押しよせ、熱いエールを身体でぶつけるシーンなどがあり、


ラストにふさわしいパフォーマンスとなりライブは無事終了した。

ギガマウス『ジャパニーズサンダー』MV SPOT

ギガマウス 6th SINGLE
『ジャパニーズサンダー』
2015.7.22 RELEASE

【セットリスト】

1. SE~GIGA SPEAKER

2. ジャパニーズサンダー

3. 夕顔

4. Make Noise!!!!s

5. CARY GODS SHO

6. 監獄ロックメン

会場ではVISUMALブースも!!

VISUMAL 出展ブース

V系を通じて動物保護活動をしているVISUMAL

前回のインタビューにも出演頂いたVISUMALも今回ブースを出展。

今回バンギャルの皆さんや関係者の皆さんのおかげで募金総額は16,644円集まったとの事。

もちろん全額動物の為に使われている。

VISUMALの知名度も上がってきており、「あ、知ってるー!」と話していたバンギャルさんもちらほら見かけた。

少しでも動物たちの保護活動に貢献出来るようにヴィジュアル系イベントでは是非ともVISUMALを呼んでほしい。



by VisUnite いっちー&まっしー

VR TOUR情報について

●VR TOUR#9

9/18(金) SHIBUYA-REX
BLaive/Fixer/DICTATOR CIRCUS/Rides In ReVellion/Airish/Diana-ディアナ-/ENVIOUS


9/23(水・祝) 岡山IMAGE
MeteoroiD/【TRiANGLE▼SONiX】/Rides In ReVellion/Synk;yet/BLESSCODE


9/24(木) 大阪RUIDO
BLaive/【TRiANGLE▼SONiX】/Fixer/DICTATOR CIRCUS/Rides In ReVellion/Synk;yet-シンクイェット-/Airish/Diana-ディアナ-/ENVIOUS


9/25(金) HOLIDAY NEXT NAGOYA
BLaive/【TRiANGLE▼SONiX】/Fixer/DICTATOR CIRCUS/Rides In ReVellion/UNDER FALL JUSTICE/Airish/Diana-ディアナ-/ENVIOUS


★VR TOUR#9 [FINAL]
10/15(木) 新宿ReNY
〜ReNY1周年、REX4周年おめでとう〜
ALIVE/BLaive/CLØWD/凛(友情出演)/LOUD GRAPE/MeteoroiD/SAVAGE/Sick2/Smileberry


●VR TOUR #10
〜祝!REX4周年〜
11/19(木) 大阪RUIDO
11/20(金) 神戸VARIT.
11/22(日) SHIBUYA-REX
HERO/FEST VAINQUEUR

ライブレポート 編集者 

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

新感覚!ヴィジュアル系とファンを繋ぐ応援アプリの公式アカウントとなります。(アプリリリースは9月予定)
こちらではヴィジュアル系シーンだけをピックアップしてコラムを作成する専用アカウントです。
今までなかったバンギャルによるバンギャルのためのヴィジュアル系情報を主にお届けしていこうと思います!
ライブ情報からメンバーの魅力、曲の歌詞、グッズなどV系に特化して幅広く網羅していきます!
その他お問い合わせがある方は下記までご連絡ください
info@visunite.com

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索