いいねして最新情報を受け取ろう!

2016年12月22日更新

04 limited sazabysのおすすめ人気曲TOP10

ベースボーカルGENの女性のような高い声と激しくもどこかポップな曲調で人気のロックバンド04limited sazabys、通称フォーリミ。 数多くのフェスに参加し、自身主催のフェスを開催するなど今最も勢いがあるロックバンドと言っても過言ではありません。 そんなフォーリミの人気曲を集めてみました!

10位 midnight cruising

2014年に発売された「monolith」に収録されています。


mvはないですがファンからの人気が高いこの曲は曲名の通り夜に聴きたくなる曲です。


歌詞も流星というフレーズが多く使われており、とてもポップで可愛らしい歌詞となっています。


曲調は最初から最後まで疾走感に溢れる、フォーリミらしい曲です。


ライブでは盛り上がること間違いないといえます。


実際、ライブではトリに歌われたりすることが多いらしいです!


またサビでは


Let all stars falling,falling


というフレーズが繰り返され、流星群がまさしく降り続けているようなイメージができます。


流星の降る夜に聴いていたい曲です。

9位 buster call

2015年発売のアルバム「CAVU」に収録されています。


曲自体はもっと古い曲です。


歌詞は全て英語となっています。


ライブでは定番の曲ですね!
この曲が始まるととてもオーディエンスが盛り上がり、会場の熱気は最高潮に達します!


始まりはGENの歌声だけで始まり、静かな曲なのかな?と思いきや、いきなり他の音がでてきて曲調は激しくなります。


そこもこの曲の魅力といえます。


とてもフォーリミの魅力が詰まった曲といえます。



8位 climb

今年の6月に発売されたメジャー2ndシングルの「AIM」に収録されています。


曲自体は短いですが、込められた思いがとても強く伝わってきます。


歌詞の、「もっともっといってみる? どこまで見ている? ここまで来たなら信じなきゃなあ もっともっと聴いてみる 扉開ける音 高く飛ぶための音色」


というところから、今勢いのある彼らですがさらにもっともっと上を目指していくんだという決意を感じさせられます。


それに対して
「もっともっと沈んでみる? 底まで見てみる ここまで来て引き返せないから
もっともっと沈んでみる?
きっと必要な助走
さあ 高く 今 飛び立て」


という部分もあります。


上へ上へ目指していく彼らですがそれがいつもうまくいくわけではないはずです。


けれどもそれも必要なんだと彼らの前向きさが感じられる部分なのではないでしょうか。


また、歌詞の中に多く出てくる、音色やメロディー、音というフレーズですがまさしく彼らの決意が感じ取れる1番わかりやすい部分だと思います。


自分たちの音楽で進んでいくんだという決意が感じられます。


20代という若くして人気を懲り、既に成功しているとも言える彼らですが、まだまだこれからも楽しみです!

7位 No here,No where

2013年にリリースされたアルバム、「soner」に収録されています。


この曲を出す以前のフォーリミの曲は英語歌詞でしたが、
この曲は日本語を使った歌詞となっており、フォーリミの新境地が見えたといえます。


歌詞を見てみても今のフォーリミの曲につながるようなGENのこだわりが現れていたり面白いです。


曲調は疾走感に溢れ爽やかで、途中に聞こえてくる繰り返されるギターのメロディーがポップで特徴的です。


英語歌詞から日本語歌詞へと変化したフォーリミの今へ繋がる大きな変化を切り取った曲といえます。

6位 Letter

今年の9月に発売された2ndフルアルバム「eureka」に収録されています。


曲調は全体的に明るくどこかあたたかい感じですが、歌詞を見てみると切ない別れが綴られています。


最初はあんなにも通じ合った仲だったのに、
もう通じ合えていない、それでも今でも思い出す温もりがあるんだと、、なんとも切ないです。


それと同時に夏の歌になっているようです。


最後のフレーズに
「夏の日夕立 記憶のお便り
月明かり照らし出し思い出す
あなたに会いたい」

とあります。


恐らく夏の恋の記憶を夏という季節に立って思い出したということなのではないでしょうか。


お便りというところが「Letter」という曲名につながりますね。


歌詞はとても切ない夏の歌となっていますが、明るく優しいメロディーで聞くと励まされるような気持ちにもなります。

5位 monolith

2014年2月に発売されたmonolithです。


最初から最後まで全力疾走で駆け抜けるこの曲。


激しくも疾走感に溢れているメロディーはとてもかっこいいです。


ライブでもモッシュやサークルと、盛り上がるに違いありません!


特に全体的に細かく刻まれたドラムのリズムがかっこいいです。


そこにGENの高い声が伸びやかに響いて、とても気持ちのいい曲です。


走っているときなどに聴きたい曲ですね!

4位 milk

2015年発売のアルバム「CAVU」に収録されている曲です。


フォーリミは疾走感の溢れる爽やかな曲が多い印象ですが、こちらの曲はとても可愛らしいメロディーと歌詞が印象的です。


曲名がmilkとありますが、牛乳と違ってmilkというとなんだか甘いイメージだと思います。


そのmilkのように歌詞もメロディーも甘い恋の歌のようです。


ボーカルのGENのハイトーンボイスもとてもよくマッチしてます。


フォーリミってこんな曲も歌うんだと新鮮さを感じさせる曲となっているのではないでしょうか!

3位 Terminal

最低な世界のまんまじゃ許されないから

というフレーズから始まるこの曲も2015年発売のアルバム「CAVU」に収録されています。


曲は静かに始まり、だんだんと音も増えテンポも上がり、サビで盛り上がりを見せます。


夢、挫折、迷いを歌っているようです。


特に印象的なのが「君は君でまた伸び縮み 待ってるだけじゃ埋められぬ距離」というフレーズです。


夢に向かって進んだと思えば後退してしまったりそれは誰にでもあることですがそれは待ってるだけじゃなく、自分で進んでいかなきゃいけないものなんだと気付かされます。


また、最初の最低な世界という部分が、最後に最高な世界というフレーズに変わっているところにもこの曲の前向きな部分が現れていて面白いです。


夢に限らずいろいろなことでいえることを曲にのせて歌い上げており、聞くと前向きになれる応援ソングとなっています!

2位 knife

良曲ぞろいのアルバム「CAVU」に収録されている曲です。


フォーリミには珍しく、暗く激しい曲調で歌詞も暗くて割と刺激的なものになっています。


そこにGENの高い声が合わさり、とにかくかっこいい!


他の曲にはないダミ声も入っていたりと斬新な感じです。


フォーリミってこんな曲も作るんだ!と新たな魅力を感じさせてくれる曲となっていました。

1位 swim

そして最後のこの曲も2015年に発売されたアルバム、「CAVU」に収録されています。


曲名の通り、悩んでいる気持ちを泳ぐこと、swimにたとえて歌い上げています。


疾走感に溢れた曲調もさることながら歌詞もとても爽やかで夏に聴きたくなる曲です。


もちろん、ファンからの人気も高く夏フェスやライブではとても盛り上がります。


なんといってもサビの一度聞いたら忘れられないあのフレーズがとても素敵で、思わず自分で弾きたくなります!笑


ベースボーカルGENのハイトーンボイスとポップな曲調がうまく合わさってまさしくフォーリミらしさ溢れた曲なのではないでしょうか。


私も学校でフォーリミのコピーバンドをしましたがそのとき絶対やりたいと思い、やらせてもらったのがこの曲です。


聞いてても楽しいですが演奏しても楽しい曲でした!

まとめ

いかがでしたか?


今最も勢いのある04limited sazabys。


これを機に激しくもポップな曲調とボーカルのハイトーンボイスにどっぷりつかってみてくださいね!

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

音楽が好きな大学生です。
自身もベースをやっています。
色々な曲の素敵なところを自分なりに見つけて皆さんに発信し、知ってもらえれば幸いです。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

新着の特集

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索