いいねして最新情報を受け取ろう!

2017年01月15日更新

クリープハイプの「社会の窓」のファン心理×バンドを描いた斬新な歌詞を紐解く

クリープハイプの歌詞解説第二弾。今まで男女の不器用な恋愛模様を描いてきたクリープハイプですが、今回ご紹介するのは今までとは違った視点から描かれています。目立たないタイプのOLの、上司との秘密の関係+ずっと応援してきたバンドへのモヤモヤ感×メジャーデビュー後のバンドのモヤモヤ感=「社会の窓」だと私は感じました。

3つの社会の窓の中の自分

”社会の窓開いてるよー”って言葉を聞いたことはありますか?
若い世代ではあまり耳にしないかもしれませんね。
これは”ズボンのファスナーが開いてるよー”というのを面白がって言った言葉なのです。

この「社会の窓」という表現を使って、"会社の中”、”ベッドの中”、”音楽業界の中”といった3つの感情を
掛け合わせた歌詞が面白い作品になっています。

皮肉ってはいるけど、全てを愛している。そんな感情が大爆発している歌詞を少しずつ紐解いて行きましょう!

【1番の歌詞構成】一段落目はバンドへの気持ち、二段落目はあたしの気持ち。

感情の波を掻き分けて愛憎の海を泳いでる
凄く大好きだったのにあのバンドのメジャーデビューシングルが
オリコン初登場7位その瞬間にあのバンドは終わった
だってあたしのこの気持ちは絶対シングルカット出来ないし

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-130306-388

Aメロ一段落目の部分です。

インディーズから応援していたバンドがメジャーデビュー。
有名になるのは嬉しい事なのに、どこか遠くに行ってしまったような
寂しい気持ち。誰しもが一度は経験したことがある気持ちに感情移入してしまいます。

"オリコン初登場7位"という、凄い快挙だけどどこかモヤモヤ感が漂う結果に
バンドの悔しさが込められているように思います。
その一方で、昔だったら言えたことも今はもう言えない。
世間体を気にした着飾った歌詞に変わってしまったバンドに
嫌気がさしてしまっている女性の気持ちが見え隠れしている気がします。

誰にでも出来る昼の仕事と誰にも言えない夜の事
どこにも行かない悲しみとどこにも行けないあたしの事は
アルバムの7曲目位で歌われる位がちょうど良い
だからあたしのこの気持ちは絶対シングルカットさせないし

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-130306-388

二段落目の部分です。

つまらないデスクワークの毎日に刺激が欲しくて持ってしまった秘密の関係。

行きていくために仕事をしているのに会社には溶け込めない。そんなありがちな環境で
掴んだ女としての幸せなのに、社会的には悪るい女になってしまった悲しみ、
憤りが滲み出ているように思います。

(…あたしみたいな女の気持ちなんて誰にもわからないんだから。わかってもらってたまるか。
シングルレベルにもならないんだから。アルバムレベルでも7曲めくらいがちょうどいい、、、。)
と、女性が心に秘めているようで。

愛してる 今を愛してる 今を愛してる 今を愛してる
愛してる 今を愛してる 今を愛しているのよ ベイビー

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-130306-388

一番のサビ部分です。

ボロクソに言っている私のことも、会社のことも、上司のことも、バンドのことも
総てを愛してるんだよー!と訴えかけているような、女性の心の叫びに聞こえます。

【2番の歌詞構成】一段落目はあたしへの気持ち。二段落目はバンドの気持ち。

年上の彼氏が欲しかった年下の女でいたかった
そんなのわかっていたけれどやっぱりちょっと痛かった
オリコン7位は運が良かった離婚しないのは運が悪かった
そんなの今更絶対にカミングアウト出来ないし

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-130306-388

Aメロ一段落目の部分です。

1番と違い、ここでは女性の素直な気持ちが出てきます。
この関係性を綺麗事を並べながら分析し、
自分の過ちに少し後悔してしまった心境をバンドのオリコンランキングと掛けて、
気持ちを落ち着かせているように思えます。

曲も演奏も凄く良いのになんかあの声が受け付けない
もっと普通の声で歌えばいいのにもっと普通の恋を歌えばいいのに
でもどうしてもあんな声しか出せないからあんな声で歌ってるんなら
可哀想だからもう少し我慢して聴いてあげようかなって 余計なお世話だよ

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-130306-388

Bメロ二段落目の部分です。

こちらは、クリープハイプそのものをクリープハイプ自らが皮肉っています。
メジャーに行き、活躍の幅が広がる中、ネット上に書かれた余計な言葉の数々に対しての怒りや憤りが痛い程に伝わります。

愛してる 今も愛してる 今も愛してる 今も愛してる
愛してる 今も愛してる 今も愛しているのよ

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-130306-388

2番のサビ部分です。

1番のサビが、”今を”だったのに対し
2番のサビは、”今も”に変わっています。
「どんな散々な日々でも愛しい日々だったんだから
いいんじゃないか!」というような、気持ちが吹っ切れた感じに聞こえます。

最低だけど最高です!

社会の窓の中で事務 昼は退屈過ぎて 最低です
社会の窓の中でイク 夜は窮屈過ぎて
社会の窓の中で事務 昼は退屈過ぎて 最低です
社会の窓の中でイク 夜は窮屈過ぎて 最高です

愛してる 今を愛してる 今を愛してる 今を愛してる
愛してる 今を愛してる 今を愛しているのよ ベイビー

愛してる

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-130306-388

ラスサビ前〜ラスサビ部分です。

感情がふつふつと煮えたぎって、
最後には最高!と叫んでしまっています。
モヤモヤする気持ちはあるけど、
社会の窓の中の居心地の悪さ
社会の窓の中の気持ち良さを
強く主張しています。

(…もう、どうにでもなっちゃえ!
だから…愛してるんだよー!)

愛してるから、会社に勤めている。
愛してるから、上司と営んでいる。
愛してるから、バンドで歌っている。

そんな社会の窓の中の人たちの
物語なのだと思います。

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

クリープハイプの世界観に少しでも歩み寄る事が出来たなら…。
楽器を弾くのも聴くのもライブに行くのも好きな音楽評論家気取りの音楽馬鹿です。
歌詞の世界を紐解いてよく呟いています。相棒はマーティンのジュニア。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索