THE RAMPAGEのボーカル3人を徹底紹介!

「VOCAL BATTLE AUDITION 4」で選出された3人

【THE RAMPAGE from EXILE TRIBE】ボーカルメンバーのプロフィールをご紹介!の画像

LDHに所属しているTHE RAMPAGEは、2017年1月にメジャーデビューしたばかりの新米グループです。

グループの人数はなんと16名という大所帯、その内3名がボーカルを務めています。

パフォーマーはGENERATIONSのサポメンを経験したり、EXPGの特待生として活動していた人ばかり。

また、「GLOBAL JAPAN CHALLENGE」EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」に参加し、RAMPAGEの候補生となった経緯があります。

ボーカルに関しては、2013年から2014年にかけて開催された「VOCAL BATTLE AUDITION 4」で合格となった3人です。

オーディションの参加人数は約3万人、今回は厳しい審査を勝ち抜いた3人のプロフィールをご紹介していきたいと思います。

RIKU(青山陸)

歌って踊れるアーティストを目指している


  • RIKU(青山 陸)
  • 1994年8月10日生まれ
  • 埼玉県出身
  • EXPG東京校出身

現在はRIKUですが、オーディションなどの初期には本名の青山陸を使用していました。

歌唱力が非常に高く、オーディションでも表現力の高さを魅せるシーンが多々あったそう。

RAMPAGEの中で一番歌唱力が高いと言われていますが、メインボーカルになることはあまりありません。

高い声が特徴で、ビブラートも綺麗に出せます。

目標は歌って踊れるアーティストで、三浦大知のようなアーティストになりたいと語っています。

デビュー当時は細身でしたが、現在は結構な筋肉が付いているため、ボーカルの中では一番体つきがしっかりしています。

ライブなどではよく脱ぐタイプで、タンクトップをよく着ている印象です。

特に腕の筋肉がすごいので、筋肉好きにはたまらないポイントなのではないでしょうか。

天然すぎるエピソード

A post shared by Mirai (@miramira427) on


ボーカルの中では一番年上のRIKUですが、性格は天然で、メンバーからはアホと呼ばれることまで。

天然エピソードはたくさんありますが中でも有名な2つのエピソードをご紹介します。

  • カップラーメンに間違えてコーヒーを入れた
  • バースデーサプライズをしようとしていた人にネタバレをしかける

カップラーメンは負けたくないという謎の気合いが入ったらしく、意地で食べきったそう。

コーヒーを入れている時点でなんで黒いんだろう?と思ったそうですが、そこで気づかないのが天然ですね。

ポケッとしていることが多いので、今後も天然すぎるエピソードをたくさん作ってくれるでしょう。

川村壱馬

RAMPAGEの低音担当

A post shared by ao◡̈⃝︎ (@r3o1830) on


  • 川村 壱馬(かわむら かずま)
  • 1997年1月7日生まれ
  • 大阪府出身
  • EXPG東京校出身

よく間違われるポイントですが、一馬でもいちまでもなく壱馬(かずま)です。

大阪府出身ですが、EXPGは上京していたため東京校出身です。

今でも関西弁を出すときがあり、そのギャップにやられるファンが多数。

ボーカルの中ではメインボーカルを務めることが多く、RAMPAGEの顔とも言うべき存在です。

低音ボイスが特徴で、一番声に特徴を持っているのが壱馬です。

グループの曲に合っている声質を持っているため、今後もメインボーカルを務めることが多くなりそうですね。

人気の理由はビジュアル?

A post shared by LDH垢 (@jsb.rampage.t) on


グループの中でも人気の高い川村壱馬。

ビジュアル担当とまで言われることもあり、まだ若いですがかなり完成されていますよね。

少し幼さも残っているので、今後どんなイケメンに成長していくのか楽しみです。

三代目J Soul Brothersの登坂広臣と似ていると話題になったこともあり、これからどんどん人気が上がっていくメンバーでしょう。

デビューしてまだ1年と少しですが、ファンの数はかなり多い様子です。

吉野北人

透き通る美声の持ち主