いいねして最新情報を受け取ろう!

2016年12月21日更新

星野源の人気おすすめ曲ランキングTOP10

独特の雰囲気でドラマや映画、コント番組にも出演し、アーティストに限らず幅広い分野で活躍する、星野源。 最近はドラマに出演し話題になりました。 そんな彼の魅力が詰まった曲をランキングにしてみました!

10位 フィルム

2012年発売の2ndシングル「フィルム」。


映画の主題歌にもなっています。


全体的にゆったりとした曲調です。


そしてどこか寂しさも感じられます。


歌詞も寂しげで決して明るいとは言えません。


でもどこか感じたことのある思いをそのまま音に乗せて歌っています。


だからどこかで共感できたり心に入ってる言葉があります。


嫌なこともあるけれどそれと同じくらい嬉しいこともあって
それはきっと憶えていること。


そんな当たり前のことですが
不思議といつ聞いても心にしみます。

9位 ギャグ

2013年発売の5枚目のシングル「ギャグ」に収録されているこの曲。


星野源さんは2012年にくも膜下出血で活動を休止し、療養直後に制作したこの曲は、編曲を亀田誠治さんが担当しています。


あるアニメの劇場版の主題歌にも起用されています。


アニメの内容はほのぼのとしたゆるい感じでいて所々にギャグが挟まれた笑える漫画が原作になっていますが、その内容にあう、アップテンポでワクワクするようなメロディで始まります。


曲名がギャグとなっていますが、そのギャグという言葉が所々に出てきます。


ギャグという言葉から結構深いことまで歌い上げているこの曲、聞くと明るい気持ちになれます。

8位 夢の外へ

2012年発売の3rdシングル、「夢の外へ」です。


2013年に発売された「stranger」にも収録されています。

CMソングにも起用され、聞いたことのある人も多いはずです。


星野源らしさが溢れた曲だと思います。


アップテンポで明るい曲調でどこか踊りだしたくなるメロディーです。


MVでも男の人が踊っていますね!笑


夢の外へという曲名ですが、外へ出て広い世界へ飛び出すようなイメージを持つ歌詞です。


夢や光という言葉が多く出てきます。


それがどんな意味かを考えると深くなってしまい本当の意味はわからないどこか幻想的な曲ですが
全体的に明るく、外に出てスキップしたくなる、どこかへ出かける時に聴きたい曲です。

7位 くせのうた

2010年発売の1stアルバム「ばかのうた」に収録されています。


この曲はとても静かでのんびりとゆっくりとしたメロディーに星野源さんの優しく落ち着く歌声が印象的な曲です。


MVも曲調にあった、素朴なものに仕上がっています。


メロディーがシンプルだから星野源の優しい声がすっと入ってきて歌詞が心にしみます。


落ち込んだ時、1人じゃないんだと思わせてくれる曲でもあるし、
例えば恋人に会えなくて寂しいと思った時に聞くと元気をもらえる曲でもあると思います。


「同じような記憶がある
同じような日々を生きている
寂しいと叫ぶには
僕はあまりにもくだらない」

という歌詞の一節からも
寂しい時に聞くとそうなのかもしれないと前向きにさせてくれます。


くせ という言葉に自分とその周りの大切な人たちが共有している大切なものをあらわしているようです。


寂しくなった時聞いてみてほしい曲です。

6位 Crazy Crazy

2014年発売の7枚目のシングル、「CrazyCrazy/桜の森」。


星野源の曲の中では1番と言っていいほどアップテンポでポップな曲です。


夢の外へもそうですがそれ以上に踊りたくなります。


曲名の通り歌詞はとってもCrazyです。


何も考えず頭を揺らせ!と言われているようです。


落ち込んだり悲しいことがあってとにかく元気を出したい時にぴったりの曲かもしれません。


そしてモヤモヤしたり悩んでいることを吹っ切ってくれます。


何も考えずただ元気を出したい時、前向きになりたい時、聞いてみてください。


聞いた後はきっと気づかぬ間に元気が出てるはずです。

5位 地獄でなぜ悪い

2013年発売の6枚目シングル「地獄でなぜ悪い」です。


自身が出演した映画の主題歌にもなっています。


全体的にアップテンポで明るいのですが
メッセージ性が強く、一度倒れている星野源さんが作ったと思うとこんな風に考えていたのかと考えさせられる曲です。


悲しい記憶に勝つのは地獄でも進んだものなんだと、強く生き抜いてやるという決意のような強い思いが伝わってきます。


MVは漫画のようなタッチで始まります。


これがまた音楽とマッチして爽快で面白いです。


そしてユーチューブに上がっているこのMVの公式の動画を最後まで見ると
少し心にくるものがありました。


辛いことがあっても前に進み続けようと思わせてくれる応援ソングでもあると思います。


負けそうな時聞いてみてください。



4位 桜の森

2014年発売の7枚目シングル「CrazyCrazy/桜の森」に収録されています。


曲名の通り春を歌った曲になっています。


曲調も明るくアップテンポなピアノから始まります。


腰を揺らし踊りたくなるようなメロディーです。


歌詞の中にも踊ることをほのめかすようなフレーズが出てきます。


春が来た喜びやワクワクする気持ちを表しているかのようです。


普段はアコギを弾くことが多い星野源さんがエレキギターを弾いている姿も素敵です。


そしてそのギターの音がとてもいい味を出してます。


春が来た新鮮な雰囲気を音で伝えてくれます。


歌詞を見ると同じフレーズが繰り返されていますが
それでもメロディーとマッチしてとても聴きやすいです。


春が訪れる前に聞いておきたい曲です。

3位 くだらないの中に

2011年発売の1stシングル「くだらないの中に」です。


この曲は終始ゆったりとしたメロディーになっています。


星野源さんの優しい声が心地いいです。


さりげない日常にかくれたものを教えてくれる曲です。


そしてそんな日常の大切さとそんな日常でそばにいてくれる人の大切さも教えてくれる曲だと思います。


「くだらないの中に 愛が
人は笑うように生きる」

というフレーズや

「僕は時代じゃなくて
あなたのものになりたいんだ」


というフレーズが特に印象的です。


日々日常のくだらないことで笑っていることに愛が隠されていたり、

流行りに流されたりするけれどそれ以上に大切な人が居て


そんなことを改めて思わせてくれたり気づかせてくれる素敵な歌詞がこの曲にはちりばめられています。


わたしは2014年のロックインジャパンフェスで聞いたのですが夜という時間帯に涼しい風が吹き、ゆったりとした雰囲気の中聞いたこの曲は星野源さんの優しい歌声もあってとても印象に残っています。


そしてこんな素敵な曲をかける星野源さんのことをより好きになりました。


2位 恋

今年の10月に発売された9枚目シングル「恋」。


いま最も話題になっている彼の曲です。


星野源自身が出演しているドラマの主題歌であり、
この曲に合わせたダンス、「恋ダンス」が話題になっています。


曲調はポップで明るく
いろいろな音が使われていて
聞いていて飽きません。


途中で聞こえるバイオリンの音がアクセントになってこの曲を盛り上げています。


恋の喜びや恋することの素敵さを他ではあまり見られない日常という視点から歌っています。


恋の歌は多いですが、星野源さんのこの曲は新鮮な感じがします。


いま恋人がいる人は
気づかなかったけど、恋ってこんな素敵なことだったんだなと気づかせてくれる曲かもしれないし、

いない人には恋をしたいと思わせてくれるような
そんな曲だと思います。


恋ダンスわたしも踊ってみました。
意外と覚えやすく踊ってっていて楽しいです。
みなさんも恋ダンス踊ってみてくださいね!

1位 SUN

2015年発売の8枚目シングル「SUN」です。


ドラマの主題歌にも起用され、
その年の紅白歌合戦に初出場し、歌ったのがこの曲です。


活動復帰後、多くの人に知られたキッカケの曲かもしれません。


この曲はベースがとても印象的です。


なんでも、OKAMOTO'Sのベーシスト、ハマ・オカモトさんが演奏しています。


この曲に限らず、星野源さんの曲には何曲か参加されているみたいです。


ポップな曲調でこれもまた踊りたくなるようなメロディーです。


曲名がSUN=太陽という意味ですが、
曲名の通り光がイメージとして浮かぶような歌詞です。


夜が明けて太陽が昇り明るくなると何か楽しいことが起きるような、少なくとも夜よりか明るい気持ちになったことは誰しもあるはず。


そんな気持ちを歌っているようです。


辛いことがあっても
明るい気持ちになれるような曲です。


そして「君の声を聞かせて」とあるように、
自分にとって大切な人が
光にもなるんだということが伝わってきます。


辛くても光があるから大丈夫という、もしかすると星野源さん自身の体験からの思いが強く込められた曲なのかもしれません。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

音楽が好きな大学生です。
自身もベースをやっています。
色々な曲の素敵なところを自分なりに見つけて皆さんに発信し、知ってもらえれば幸いです。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

新着の特集

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索