NEWS「恋祭り」

NEWS「恋祭り」コンサートライブはタオル必須??ファンおすすめ歌詞まとめの画像

2013年にリリースしたアルバム「NEWS」に収録

「恋祭り」は2013年7月17日にリリースされた5thアルバムNEWSの6曲目に収録されています。

夏にぴったりのこの楽曲は、サビに向かってどんどんとテンションが上がってみんなで一緒に盛り上がることが出来るんですよね。

そのため、コンサートライブには必ずと言っていいほどセットリストに組み込まれています。

このアルバムは、オリコン週間ランキング1位を獲得し、発売初週には、10万枚を売り上げを記録しました。

シングル曲からは「チャンカパーナ」や「WORLD QUEST」「ポンポコペコーリャ」、タイアップ曲としてはKireiの「さら肌ブラ」CM曲「渚のお姉サマー」なども収録されています。

4人で出した最初のアルバム

この「NEWS」というアルバム山下智久、錦戸亮が脱退して以降、小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久、手越祐也の4人で出した初のオリジナルアルバムとなりました。

新生NEWSとして、これからは「僕たち4人がNEWS」だという名刺代わりになったアルバムですね。

他のジャニーズグループよりも、より深く楽曲にかかわることで知られているNEWSは、楽曲やアルバム、コンサートに対しても強いこだわりを見せます。

そのため、リリーステンポは遅いものの、一つ一つをパーフェクトな状態で毎回発表し、そのポテンシャルの高さを見せつけていますよね。

NEWSのライブにはタオルが必須?

NEWS「恋祭り」コンサートライブはタオル必須??ファンおすすめ歌詞まとめの画像

NEWSの「恋祭り」にはタオルで一緒に盛り上がろう

NEWSのコンサートライブでの「恋祭り」は、楽曲の持つノリノリ感を楽しむために、みんなでタオルをまわすという演出があるんですね。

そのため、観客はもちろんのこと、NEWSのメンバーもタオルをもって一緒に回すんです。

ぐるぐる、ぶんぶん回すだけなので、初めての人でも気楽に参加できますよ!

もちろん、参加しないという手もありますが、「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損!」なんて言葉もあるように、楽しんだもの勝ちなので、ぜひタオルを振り回しましょう。

どんなタオルでもいいの?

コンサートライブでは、メンバーが考えたツアーグッズの中にタオルも販売していますので、みんなでおそろいのタオルを振り回すのも楽しいですよ。

でも、絶対にそれじゃなきゃいけないというわけではありません。

もしも予算が足りないとか、グッズを替えなかったとしても、家からタオルを持って行っちゃえばいいのです。

タオルの場合、白であれば暗闇の中でも映えます。また、タオルの裏面は白っぽくなっていることが多いので、違和感もなく使えますよ。

また、1曲すべてタオルを回すのは意外に体力がいるんですよね。

初心者であれば、あまり重くないものの方がまわしやすいんです。

この注意点を守って、ぜひ全力で最後まで、楽しんでくださいね。

ファンがお勧めする「恋祭り」の歌詞まとめ

NEWS「恋祭り」コンサートライブはタオル必須??ファンおすすめ歌詞まとめの画像

夏祭りで起きた青春の1ページに胸キュン♪

君のすがた探してた 花火を一緒にみたくて
やけに胸が騒いでた あの夏
走った 走った 夏祭り

出典: 恋祭り/作詞:ko-ta,Hacchin' Maya,Naoki-T,清水啓介 作曲:ko-ta,Hacchin' Maya,Naoki-T,清水啓介

最初におすすめする歌詞は、曲の始まりです。

「君と花火を一緒に見たい」。その思いだけで、夏祭りの会場をあっちこっちに走り回る主人公。

曲の入り方も日本的な曲調が印象的ですよね。

ガラッと変わる曲調が、これから盛り上がっていくんだという気持ちにさせてくれるところが魅力的です。

テンションマックス!

ドンドンドンあがれ 打ち上げ花火よ
ドンドン燃えあがれ ふたりの恋心

君が好き! 好きです! 好きなんだ!

出典: 恋祭り/作詞:ko-ta,Hacchin' Maya,Naoki-T,清水啓介 作曲:ko-ta,Hacchin' Maya,Naoki-T,清水啓介

空に打ちあがっていく花火を見て、もっともっと打ち上れと願う主人公。そして、この花火の様に君との恋が燃え上がってほしいと願います。

自分の心にある好きという気持ちも、花火の様に打ちあがり、思わず叫んでしまう姿が、なんとも可愛らしいですよね。

コンサートでNEWSのメンバーに向けて、想いを込めて歌うと更にテンションが上がりますよ!