第2位|ギター/ベース用シールド S-S 型プラグ 1.5m

ベースシールドおすすめ人気ランキング12選!臨機応変に使える長さは5m♪音質の特徴も比較して紹介の画像

こちらも安さだけにこだわる場合はオススメの商品。

1.5mという長さも自宅、自室での練習には扱いやすく最適な長さといえます。

プラグ部分で樹脂を使っており、持ちやすく使い安さにも貢献しています。

それなりにノイズ対策などにも考慮されているので、自宅練習用にはピッタリのシールドです。

第1位|OTraki シールド S-Lタイプ 生地編み 黒と赤

ベースシールドおすすめ人気ランキング12選!臨機応変に使える長さは5m♪音質の特徴も比較して紹介の画像

ケーブル部分表面は生地網で柔軟性があるため使いやすく、さらには耐久性のある作りとなっています。

メーカーいわく、ノイズの発生率を限りなくゼロに近づけたとのことで、一度試してみるのも良いでしょう。

なんと2本セットでこのお値段

エフェクターを使う場合、INとOUTで同じシールドを使えるので2本セットはありがたいです。

OTraki シールド ギター ベース 3M 【2本セット】ストレート to L型 プラグ スピーカー ギターケーブル 静電容量低 高品質 銅線 ノイズ除去 生地編み 黒と赤 L字
OTraki
販売価格 ¥1,599(2018年9月27日9時33分時点の価格)

ベース用シールドの選び方|まとめ

ベースシールドおすすめ人気ランキング12選!臨機応変に使える長さは5m♪音質の特徴も比較して紹介の画像

ベース用シールドの選び方、参考になりましたでしょうか?

最後になりますが、こちらの記事も参考になりますのでぜひ目を通して下さい。

シールドって実はエレキベースの音質にとても影響力のある機材なんです。家電製品の電源コードみたいに、電気的につながりさえすれば何でもいいというわけではありません。この記事では、エレキベースにとってシールドの果たす役割や、選び方、メンテナンスの方法など、シールドに関して知っておきたい知識をお伝えします。

ベーシストのためにシールドを解説した記事です。

基本的な部分から解説していますので、ぜひ合わせてご参考ください。