Elixir

【ベーシスト必見】オススメのベース弦と弦の選び方を教えます!の画像

弾きやすく錆びにくいベース弦

とても弾きやすく、錆びにくい弦といえば「Elixir」です。

Elixir(エリクサー)は、弦の表面が特殊コーティングされているので、錆びにくく、長期間良い音を維持できます。また、コーティングされたことによって、滑りが良いのでスライドをした時にスムーズに行え、弾きやすい弦です。

ただ、値段が高めなので、頻繁に弦を張り替える人にとっては、マイナスな感じがします。しかし、長期間使うことができることを考えると、少し値段が高くても良い気もしますよね。ただ、弦は切れることもあるので、予想より早く替えることになり、予想外の出費となることもあるので、気を付けてください。

弦としてはとても良いものなので、お金に余裕がある時には、一度試してみましょう。

弦の張り替え時期についてなのですが、これも人それぞれ違い、1か月、3か月、半年で替える人、長いと1年以上替えない人もいます。ベースを頻繁に使っている人は、その分、弦の消耗も激しいので、早いペースで替えることになります。筆者は、先に述べたように、替えた時のパキパキ感がするのが嫌なので、だいたい半年~1年で替えるようにしています。消耗してきたなと感じるのは、音が細い感じになってきた時です。それが、買い替えのサインです。音が変わるまで使っていると良くないので、その前に替えるようにすると良いですよ。

商品の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。 弦を選ぶ時に重視するのは人それぞれ違いますが、この記事を読んで、どれを重視しようかイメージが湧いてきていたら嬉しいです。 安いだけでは良い音は求められず、かといって高ければ良いといったことでもないです。

たしかにElixirの様に良いものもありますが、その感じ方もそれぞれだと思います。 この記事をもとに、ご自身で色々試してみて、気に入った弦を見つけてくださいね。

【ベーシスト必見】オススメのベース弦と弦の選び方を教えます!の画像