いいねして最新情報を受け取ろう!
ドロドロ不倫の歌特集【誰にも言えない禁断の恋】

2016年12月24日更新

ドラマーがおすすめする電子ドラムと選び方・注意点

家で練習する際に、『パッドだけでは物足りない』『ドラムセットで練習したい』『騒音も気にせず本格的にドラムを練習したい』という方におすすめの電子ドラム、電子ドラムを選ぶ際の注意点などを混ぜながら紹介していきます。

おすすめの電子ドラム

家で練習する際に、

『パッドだけでは物足りない』

『ドラムセットで練習したい』という方に

おすすめできる電子ドラムをメリット、デメリットなど

解説していきたいと思います。

電子ドラムについて

電子ドラムとは

電子的な処理を行うことで音を発生させる仕組みのドラムです。


叩いた振動をセンサーで受け、その信号により音源を鳴らしているものです。

電子ドラムのメーカーは

ローランド
ヤマハ
ALESIS
MEDERI

の四種類となっております。


この中で有名なのは上位二種の

ローランド
ヤマハ

です。

電子ドラムで練習するメリットとデメリット

まずはメリットからです。


音源が多彩にあるため様々な音色で楽しめます。


上位機種だとチューニングや細かい設定もできるのでかなり奥が深いです。


またコンパクトなモデルもありますので場所も取りません。


生ドラムの用に、叩いた際の音が小さいので騒音問題もありません。



逆にデメリットは

電子ドラムで練習しすぎると下手になると言われています。


あまり電子ドラムでしっかり叩き込みすぎると

音が簡単になるので生ドラムでたたいた際に迫力やグルーブが欠けます。


パットが小さいので、セッティングが小さくなりすぎてしまい

生ドラムの際に叩きにくくなります。


防音性は高いですが振動があるためかなり響きます。


メリットとデメリットを紹介しましたが

一長一短ですので予算とスペース等を考えて購入しましょう。

購入の際の注意点

先ほど紹介した通りローランドかヤマハの二択になります。


ローランドはV-Drums

ヤマハはDTXです。


消音効果があるのはメッシュパッドのV-Drumsです。


コストパフォーマンスが高いのはヤマハのDTXです。


個人的にはお高いですがローランドのV-Drumsシリーズをお勧めしたいです。

選ぶ際ですが、バスドラとハイハットのペダルが

このようなものはドラム本来でできていることができないですし

バスドラに至っては踏むだけで音が鳴るためまったく練習になりません。


絶対に選ばないでください。


ハイハットスタンドとペダルが独立している

こちらのようなモデルを購入してください。


また、スネアやタムなどの打面が黒くゴムの奴は、硬いので手首を痛めますし

消音性に欠けるのでこちらのようなメッシュパッドにしましょう。

グレードごとのおすすめの電子ドラム

下位モデル

Roland TD-1KV

非常にコンパクトで持ち運びが便利です。


セッティングも簡単で、試しに買ってみようかなという方にお勧めです。


Roland TD-1KPX-S

Roland TD-1KVと同様コンパクトで持ち運びが便利です。


こちらはすべてメッシュヘッド仕様ですので、低価格の中で一番お勧めのものとなっております。

YAMAHA DTX430KUPGS

入門者用に最適なキットで、非常にコンパクトで軽い。


打面はゴムなので強くたたきすぎないように注意しましょう。

中位モデル

Roland TD-11KV-S

V-DrumsではなくV-Compactシリーズですが

V-Drums SuperNATURALサウンド・エンジンを搭載しており、

上位モデルに引けを取りません。

Roland TD-25KV-S

こちらはかなり高いですがクオリティは高くなっております。


サウンド面や叩き心地など生ドラムに近くなっております。


YAMAHA DTX582KFS

モジュールのDTX502Dに内蔵された数々のドラムやパーカッションの音源によって

色々な演奏表現ができます。


YAMAHAの上位になってくると

メッシュパッドとは違いスポンジのような打面を採用しております。


個人的にはRolandより叩き心地はYAMAHAに軍配が上がります。


神保彰さんなども好んで使用されております。

上位モデル

Roland TD-30KV-S

細かいニュアンスやダイナミクスまですべて感知し

かなり生に近い仕上がりとなっています。

YAMAHA DTX920K

ハイクオリティな音源をなんと1,326も内蔵しています。


生に近い叩きやすさと高い静穏性を誇るDTX-PADを搭載していてストレスのないドラミングができます。


かなり高いですが一度お店で試打してみてください。

Roland TD-50KV with KD-A22

これを買ったらもう生ドラ何てはいりません。


Prismatic Sound Modelingを搭載していて

ヘッドやシェル、スネアのスナッピーなど細かいパーツや、

各々のパーツから発生する余韻といった要素を仮想的に合成して

ドラムサウンドを再現していますので、もう本物ですね。


このモデルは22インチのアコースティックバスドラムに取り付ける事が可能な

KD-A2222を使用したモデルです。

Roland TD-50KV

内面はRoland TD-50KV with KD-A22と全く変わりがありません。


KD-A22がなくなったモデルで代わりにKD-140-BCがついております。


少しだけwith KD-A22より安くなります。

まとめ

いかがだったでしょう。


様々な電子ドラムがありますがとりあえずはRolandとYAMAHAを押さえておけば問題はありません。


先ほど説明した通り、ハイハットとフットペダルは独立したものを選びましょう。


そうなると中位モデルからしかありませんが、ドラムを練習するための初期投資と考えたほうがよさそうです。


僕はちなみにRolandのTD-9というものを使っております。


後付けでいろいろパーツを変えてカスタマイズをして使っています。


都市の楽器店には電子ドラムを試打できる場所がありますので

気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

TakaShunと言う名で活動しております。
ドラムをやっているのでドラム中心のことでしたら大抵のことは分かります。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索