いいねして最新情報を受け取ろう!

2016年12月31日更新

Mr.Children「終わりなき旅」の元気をもらえる歌詞の意味を解釈

1992年のメジャーデビュー以来、現在も人気を保ち続けているMr.Children。1998年リリースのこの曲は、応援歌であると同時に、彼ら自身の決意を感じる一曲です。

夢に向かって進む人が元気をもらえるような歌

Mr.Childrenは1997年、突然活動休止をします。

活動休止中に、シングルが一枚発売されていますが、彼らが本格的に再始動するのは、1998年の10月。

つまり、この「終わりなき旅」のリリースとともに、活動が再開されたのでした。

20年近く前の曲ですが、いまだに人気のある曲です。

さっそく歌詞を見ていきましょう。

息を切らしてさ 駆け抜けた道を 振り返りはしないのさ
ただ未来だけを見据えながら 放つ願い
カンナみたいにね 命を削ってさ 情熱を灯しては
また光と影を連れて 進むんだ

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65107

Aメロです。

どうやらのんびりと生きてきたわけじゃ無さそうです。

「息を切らして駆け抜ける」とか、「命を削る」という表現を考えてみましょう。

どちらかというと生き急いでいるような印象すら受けませんか。

(この曲は、若くして闘病生活をしいられた知人の人生にインスピレーションを得たという噂もあります。)

そして、過去は振り返らず、夢を持って未来に進んでいく。

そこには「光と影」、つまり良いことも悪いこともあるけれど、と歌われています。

「情熱」の火が「光と影」を生む、という表現もいいですね。

閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
きっと きっとって 僕を動かしてる
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしたい
もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65107

Bメロを飛ばして、サビを見てみましょう。

夢は簡単に叶うものでもありません。

先が見えず不安なこともあるでしょうし、上手くいかないこともあるでしょう。

でも、未来にはきっと、自分を成長させてくれるようなことが待っているんだと信じて、頑張ることが大切です。

そして、人生について、夢を追い続け成長し続けていく、終わりなき旅のようなものだと例えています。

難しく考え出すと 結局全てが嫌になって
そっと そっと 逃げ出したくなるけど
高ければ高い壁の方が 登った時気持ちいいもんな
まだ限界だなんて認めちゃいないさ

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65107

続いて、2番のサビを見てみましょう。

「終わりなき旅」というくらいですから、もしかしたら探している答えも永久に見つからないのかもしれません。

山積みの問題に頭を抱えることもあるかもしれません。

そういうときは、逃げてしまいたくなることもあるでしょう。

しかし、夢へ向かう途中に立ちふさがる障害物は、難しいものであればあるほどいいんだと言っています。

なぜなら、乗り越えたときに、その分、自分の成長になるからだと教えてくれています。

しかも、それを重苦しい文体で書かれていないのも、ミスチルらしいのかもしれません。

「もっと気楽に行こう」というような楽観主義的な口調で歌われることにも、元気づけられますね。

そして、限界というものは、他人が決めることじゃなくて、自分自身が認めるかどうかで決まる。

そういう力強い言葉にも、再び元気をもらえます。

時代は混乱し続け その代償を探す
人はつじつまを合わす様に 型にはまってく
誰の真似もすんな 君は君でいい
生きる為のレシピなんてない ないさ

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65107

ここの歌詞は抽象的でわかりにくいようにも思えます。

例えば、将来が不安だから、とりあえず大学に行って、いい会社に就職して・・・

というようなマニュアル型の人生を批判していると捉えることもできるでしょう。

夢を叶えるための説明書なんてものは無いのだから、自分らしく自分の道を進めというメッセージが込められています。

息を切らしてさ 駆け抜けた道を
振り返りはしないのさ
ただ未来へと夢を乗せて

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65107

閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
きっと きっとって 君を動かしてる
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしよう
もっと素晴らしいはずの自分を探して

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65107

胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に変わるように
いつも今日だって僕らは動いてる
嫌な事ばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう
もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65107

少し変更はありますが、Aメロ(落ちサビ)~サビが繰り返され、曲は終了します。

この曲は、転調が多いことでも有名ですが、この最後の部分でも、その効果が感じられますね。

Mr.Children再出発の歌

冒頭に、ミスチル自身の決意を感じると書きましたが、それはどういうことでしょう。

活動休止と活動再開という、二つの大きな事件のはざまにある曲ですから、彼ら自身も思い入れがあるはずです。

あくまで、私の個人的な考えですが、桜井さん自身のミュージシャンとしての夢が描かれているようにも思えます。

それを踏まえたうえで、飛ばした部分も補いつつ、もう一度1番の歌詞を振り返ってみましょう。

1番の歌詞

Aメロでは、活動休止いたるまでの、彼らの苦悩が感じられます。

いい音楽を作るために、精神をすり減らしていたのかもしれません。

そして「放つ願い」と言葉は、彼らの音楽や歌詞のことなのかもしれませんね。

大きな声で 声をからして
愛されたいと歌っているんだよ
「ガキじゃあるまいし」自分に言い聞かすけど
また答え探してしまう

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65107

Bメロです。

この歌詞は、桜井さん自身の独白的なものではないでしょうか。

「愛されたい」という感情が、常に自分の中に渦巻いていたのかもしれません。

ですがそれは、自分本位に愛されたいというものではないでしょう。

誰かを愛し、そして誰かに愛されたいというような意味だと思います。

もしかしたら、ミュージシャンとして、もっと多くの人に曲を聴いてもらいたいという気持ちも含まれているかもしれませんね。

しかし、答えは見つからなかったようです。

終わりなき旅ですからね。

そして、サビについても、「いい音楽を作りたい!」という思いがにじみ出ているようではありませんか?

今よりもっといい曲を作りたい、そして多くの人に届けたいという思いが私には感じられます。

その思いが彼らの原動力になっているのかもしれません。

2番の歌詞

誰と話しても 誰かと過ごしても 寂しさは募るけど
どこかに自分を必要としてる人がいる

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65107

Aメロです。

一般人である私たちでも理解できる歌詞です。

「自分を必要としてる人」というのは、家族だったり、恋人だったり、もしくは仕事のパートナーだったり。

人それぞれでしょう。

しかし、ミュージシャンがこのセリフを言うとしたらどうでしょうか。

それは、わたしたちリスナーやファンの人のことでしょう。

ここにも、活動休止~再開への心情が伺えます。

もしかしたら、彼ら自身も、ファンの声援や応援に元気をもらっていたのかもしれませんね。

憂鬱な恋に 胸が痛んで 愛されたいと泣いていたんだろう
心配ないぜ 時は無情な程に 全てを洗い流してくれる

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65107

Bメロでは、恋に悩む人を元気づけるための慰めや応援です。

時間が解決してくれるということなのでしょう。

ですが、再び、ミュージシャンとリスナーという関係で考え直してみましょう。

1番では、ミスチル自身が「愛されたい」と言っていました。

2番では、リスナーが「愛されたい」と言って泣いているのです。

同じ感情が、そこにはあり、共有されています。

そして、続くサビでも、1番と同じように、ミスチル自身の決意や思いを歌詞にしていると考えると、また違った見方ができます。

ファンの人たちはミスチルの歌に元気をもらい、ミスチルはファンの一人一人の小さな声援に元気をもらっているのかもしれません。

そして、今もなお人気を保ち続けているのは、終わりなき旅を続けて、成長し続けているからなのかもしれませんね。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

よろしくお願いします!

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索