MVの魅力

【意識高い乙女のジレンマ】はYouTubeの公式チャンネルよりMVが公開されています。

MVでは、つばきファクトリーメンバーそれぞれが終始切ない表情をしているのが印象的です。

歌詞の中で、勉強と恋愛のどちらを優先すべきか迷う主人公の気持ちを表情で表しているのでしょう。

心ここにあらずといった様子で、まるで自分の人生の選択に後悔をしているようです。

しかし、最後のシーンでは全員が笑顔になります。

これは、自分の選択が間違いではなかったという未来を予見させているのかもしれません。

歌詞の内容と重ね合わせて見ることで、さらにMVを楽しめるかと思います。

ぜひ、楽曲と合わせてチェックしてみてください。

まとめ

つばきファクトリー【意識高い乙女のジレンマ】歌詞の意味を徹底解説!なぜ選べないのか?その後に迫る!の画像

今回はつばきファクトリーの【意識高い乙女のジレンマ】の歌詞を解説させていただきました。

学生時代を経験した方ならば共感できる部分も多くあったのではないでしょうか。

年齢問わず、切なくなる楽曲だと思います。

この記事を通して、歌詞への理解を深めていただけたら嬉しいです。

最後に、関連のあるOTOKAKE内の記事を紹介させていただきます。

まず紹介する記事は、つばきファクトリーの【抱きしめられてみたい】の歌詞解釈を紹介した記事です。

こちらの楽曲の歌詞も、【意識高い乙女のジレンマ】のような切ない乙女心が綴られています。

素直になれない主人公の気持ちに共感してしまうこと間違いなしです。

ぜひ、チェックしてみてください。

つばきファクトリーの「抱きしめられてみたい」は、少女の切ない想いと迷いを歌った冬の恋歌です。その乙女心を綴った歌詞を考察します。

次に紹介するのは、【ふわり、恋時計】という楽曲の歌詞解説記事です。

こちらは春の片思いをテーマに作られた楽曲になります。

つばきファクトリーの共感性の高い歌詞の良さが前面に出ているので、合わせてチェックしてみてください。

つばきファクトリーの「ふわり、恋時計」は、前向きに恋愛しようとしている女性を描いた片思いソング。過去の恋愛で傷を受けた女性が心の葛藤を抱えながら、それでも恋を成就させようとしている姿はとっても美しくて感動的です!

無料で音楽聴き放題サービスに入会しよう!

今なら話題の音楽聴き放題サービスが無料で体験可能、ぜひ入会してみてね