あいみょんが作詞した歌詞

ボーカルの阿部サダヲと吉岡里帆。

そして映画の内容。

『体の芯からまだ燃えているんだ』は注目ポイントがてんこ盛りです。

あいみょんのファンだけでなく、阿部サダヲや吉岡里帆のファンも要チェックすべき曲と言えます。

もちろん映画を観た人も要チェック!

改めて曲だけ聴いてみると、映画では気付かなかった新しい発見があるかもしれません。

あいみょんのおすすめ曲

『体の芯からまだ燃えているんだ』の歌詞が好きな人は、ぜひあいみょん楽曲を聴いてみてください。

聴く人に強烈なインパクトを残す。そんな曲があいみょんの楽曲にはたくさんあります。

特におすすめなのは、『ふたりの世界』と『生きていたんだよな』。

どちらもあいみょんの代表曲と呼べる有名な曲です。

特に『生きていたんだよな』は、あいみょんの記念すべきメジャーデビューシングル

ドラマ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』のOPテーマに起用され、話題を集めました。

歌詞だけでなく、あいみょんが自撮りをして制作したMVにも注目です。

同世代を中心に熱烈な支持を集める素直すぎるシンガーソングライター「あいみょん」。そんな彼女の複雑な女の子の気持ちが描かれた人気の曲が「ふたりの世界」です。歌詞の解説をはじめ、収録アルバム・MV・ワンマンツアーの情報など徹底紹介します。

ドラマ主題歌でありながら、あいみょんの「生きていたんだよな」の歌詞の意味があまりに衝撃的で、賛否両論の多くの意見が飛び交いました。今回はそんな歌詞を、MV、ドラマ主題歌としてなど様々な観点から徹底解釈します。そこから見えて来た前向きな歌詞の意味とは...?