実は知らない?Mr.Childrenのプロフィール

【Mr.Children】カラオケにおすすめ♪絶対ノレる曲ランキングTOP10!練習用解説付き♦の画像

Mr.Childrenおすすめカラオケ曲を紹介する前に、プロフィールを紹介しますね。

日本を代表するバンドですから、名前を知らない人や、曲を聴いたことがないという人はほとんどいないでしょう。

多くの人からミスチルという呼び方で親しまれています。メンバーは4人。

Mr.Childrenがメジャーデビューをしたのは、1992年です。2017年には25周年を迎えています

そのすごさとは?

25周年を迎えて、今もなお第一線で活躍しているということももちろんすごいです。

それに加えて、これまで数々の賞を受賞しCDシングルアルバムのトータル売り上げ枚数や、ミリオンセラー獲得数など歴代トップクラスです。

ちなみに、2017年時点で売り上げ枚数は5000万枚を突破しています。

そんな長年の活躍もあって、老若男女問わず知れ渡っているバンドといえるでしょうね。

カラオケランキングTOP10

【Mr.Children】カラオケにおすすめ♪絶対ノレる曲ランキングTOP10!練習用解説付き♦の画像

カラオケではジェネレーションギャップを考慮した歌を歌う必要があります。

また、マイナーな歌を歌うと場がしらけてしまったりと気を使うことが多いですよね。

しかし、日本を代表するアーティストであるミスチル楽曲ならばカラオケに行く人ならばほとんど知っているでしょう。

そこで、ランキング形式でおすすめ10曲を紹介します。

10位 「終わりなき旅」

10位で紹介するのは、Mr.Childrenが1998年にリリースした15枚目のシングル「終わりなき旅」です。

ライブでの人気も高い曲ですが、カラオケで歌うには曲の長さが7分を超えるため歌いどころは難しいでしょう。

とはいってもいい曲には間違いがないです。

9位 「innocent world」

 続いて紹介するのは、「innocent world」です。日本語で「無垢の世界」という意味です。

1994年に発表された楽曲で思い入れも強いようです。

カラオケなどでは英語表記ではなくカタカナで「イノセントワールド」と表記されていることが多いです。

時折入る高音部分が難しいと思われる人が多い楽曲です。

また、メロディーに乗せるというよりも、歌詞をかみしめるような歌い方が特徴のため、うまく歌いにくいという声もあります。

8位 「シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~ 」

8位で紹介するのは1995年にリリースされた「シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~」です。

こちらはノンタイアップソングとして歴代1位の売り上げを記録しました。

コンセプトとしてライブで盛り上がる曲という思いがあったようです。そのためカラオケでも盛り上がる曲でしょう。

掛け声も入っているため、この曲を知っている人は乗ってきてくれるでしょう。

7位 「365日」

7位で紹介するのは、NTT東日本・NTT西日本CMソングにもなった「365日」です。

カラオケで盛り上がるタイプの曲ではありません。

しかし思いを伝えるときや、異性に対して歌うのであればおすすめです。

特に、下記の部分をうまく歌えるとかっこいいですし。きまりますよ。