いいねして最新情報を受け取ろう!
ドロドロ不倫の歌特集【誰にも言えない禁断の恋】

2017年08月12日更新

関ジャニ「がむしゃら行進曲」PV動画が凄い!歌詞解釈とは?

元気の出る応援歌として人気の「がむしゃら行進曲」。話題となったPVの魅力や歌詞の内容についてまとめてみました。

「がむしゃら行進曲」とは?

「がむしゃら行進曲」は2014年12月3日に発売された、関ジャニ∞31作目にあたるシングルです。


メンバーの丸山隆平さんが主演したドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』の主題歌としても有名。


ドラマの人気に加えて、一度聴いたら忘れられない明るい曲調やPVも話題となり、関ジャニファンのみならず幅広い層の人気を獲得しました。


オリコンチャートでは週間1位・月間4位になるなど大ヒットを記録し、関ジャニの新たな代表曲に。ライブでもメンバーと観客が一体となり、一段と盛り上がるナンバーとして知られています。

ドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』の主題歌

『地獄先生ぬ〜べ〜』とは?

2014年10月クールに日本テレビ系土曜枠で放送されたテレビドラマ。このドラマで主人公の鵺野鳴介を演じたのが、関ジャニ∞の丸山隆平さんでした。


『地獄先生ぬ〜べ〜』はジャンプ連載の大人気漫画が原作で、過去にはアニメ化映画化、さらにゲームにもなったことがある作品です。


丸山さん演じたのは能力教師の「ぬ〜べ〜」こと鵺野鳴介。彼が自らの「鬼の手」で妖怪や悪霊といった邪悪な敵から生徒たちを守る学園アクションドラマは、スタート前から話題になりました。


コメディー要素もたっぷりで、原作を知る人も知らない人も、子供から大人まで楽しめる人気作品となりました。


ちなみに原作漫画では舞台が小学校でしたが、ドラマでは高校に変わっています。また生徒役で丸山さんと同じくジャニーズのHey!Say! JUMP知念 侑李さんも出演していました。

ドラマとの関連性

主題歌の「がむしゃら行進曲」は主人公鵺野先生のがむしゃらぶりに絶妙にマッチした雰囲気で、ドラマの放送開始時から人気が広がっていきました。


初回限定盤にはPVやメイキングが収録された特典DVDのほかに、“丸山先生の「がむしゃら行進曲」振り付け完全指導テキスト”と題し、話題となったPVの振り付けをマスターできる解説が付属しており、ドラマで先生役を演じた丸山さんをフィーチャーした内容となっています。

PVの振り付けが一躍話題に

「がむしゃら行進曲」はPVも大きな魅力の一つで、先生役に扮した5人の関ジャニメンバーたちが、生徒たちと歌い踊る姿が何とも楽しげで、画面いっぱいに躍動感あふれるカメラワークが特徴的なつくりになっています。


ラッキー池田さんによる振り付けも話題に。全員で踊るシーンのダンスは誰でも真似しやすくて思わずハマってしまう振り付けで、ダンスをコピーして動画投稿する人が続出し、ファンが広がっていきました。


また大いに盛り上がるカラオケ曲としても定着しました。聴いても観ても、そして踊っても元気になれるパワーソング、それが「がむしゃら行進曲」なんですね。

「がむしゃら行進曲」の歌詞について

美しいこの世界に 声を枯らし唄う
君たちが明日の“ヒカリ”だ 輝き続けてくれ

出典: http://j-lyric.net/artist/a04ab16/l033f63.html

一度聴いたら忘れられない、力強く印象的な歌い出しから始まります。


思わず耳を傾けるキャッチーなフレーズは、希望の光を感じさせてくれます。


また学校のチャイムのメロディが取り入れられていて、スクールシーンを連想させますね。

自分の殻を打ち破れない葛藤

No No 小さな事 気にして悩んでまた下向いて
No No 壊れるまで 石橋叩いてみてさぁ!!
衝動的な自分 抑えて隠してウソついたりで
本能さらけ出して 生きるのもまたいいんじゃない!?

出典: http://j-lyric.net/artist/a04ab16/l033f63.html

思うままにならない現実や将来の不安を抱えて立ち止まってしまう若者たち・・・。


本当の自分を押し殺してばかりでは大事なことは見えてこない。時として本能のままに行動することも必要なのだ、と言っているようです。


ためらう気持を奮い立たせて勇気をくれるフレーズが続きます。

何よりも大切なもの

様々な問題より 大好きな君の笑顔が
何よりも何よりも 誰よりも誰よりも
大事なんだ 守るから…
拳あげ!!

出典: http://j-lyric.net/artist/a04ab16/l033f63.html

どんな悩みを抱えようとも、行く手を遮られようとも、自分にとって大切なものが何なのか分かっているから前に進める。


家族だったり恋人だったり、守るべき存在があることがどれだけ人に力を与えるか・・・ストレートなメッセージが心に強く響く一節です。

背中を押してくれる力強さ

がむしゃらラララ進もう 答えはその先に…
みつからない事もあるさ それでも「一歩」先へ
へっちゃらラララ走るぞ そして見える景色
君たちが明日の“ヒカリ”だ 輝き続けてくれ

出典: http://j-lyric.net/artist/a04ab16/l033f63.html

もし先行きが見えなくても、とにかく一歩を踏み出さなければ始まらない。


ひたすら「がむしゃら」に突き進んでいれば、いつか道は開けると願っていよう。


何を言われても自分が信じて進む先には明るい未来が待っているのだ、と鼓舞されているようです。

最後に

以上、頑張ることの素晴らしさを明るく歌い上げた「がむしゃら行進曲」についての解説でした。


「がむしゃら行進曲」は関ジャニが得意とする元気全開のハチャメチャ系ソングに見えて、実はまとまりのあるユニゾンがとってもきれいで気持ちが良いんです。


メンバーのハモリもGOODで、誰の耳にも心地よく響くことも人気の秘密かもしれませんね。頭の中で「がむしゃらラララ~♪」、口ずさんでも「がむしゃらラララ~♪」と、いつの間にかクセになる1曲です。


ちなみにこの曲は高校野球をはじめ、運動会や文化祭など吹奏楽部の演奏曲としても大人気


はじけるようなパワーとエネルギーが魅力の「がむしゃら行進曲」は生き生きとした管楽器サウンドにぴったりで、青春を謳歌する若者の応援歌として多くの中高生たちに支持されています。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

新着の特集

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索