いいねして最新情報を受け取ろう!

2016年12月08日更新

【歌い手機材編】歌ってみたに必要なマイクと機材を徹底解説

「歌ってみた」を始めるにあたり、主に2種類のマイクの特性と初心者にはどちらがお勧めか。 「歌」に焦点を当てた場合にお勧めなDAWソフトなど歌い手になりたい人にお勧めしたい記事です。 これを読めば歌い手入門は完璧です。

「歌ってみた」を始めたい歌い手初心者の人に告ぐ

少し前までは歌うのでなんか感想ちょうだいよ、的なノリでしたが今ではかなりの歌唱力のある方が現れたり、とんでもない再生回数をたたきだしたり、一つのライブステージ、表現の場として、多くの業界人問わず動画も目にし、チャンスが転がっています。


再生回数が予想を上回って、趣味で始めたつもりが知らない間に校内でちょっとした有名に・・・なんて夢物語もあるかもしれません。ケーブルの向こう側の能性を探しに「歌ってみたを」いざ、始めてみよう!!

で、、、、歌の練習以外に何をすればいいの・・・・そんな疑問に答えます。

まず、最低限必要なものは
 *PC(当然ですね)
 *マイクとその関連小物機材

この二つがあればとりあえずは歌って動画にして、投稿することは可能です。


しかし、完成レベルの高くなった今、これだけでの機材で投稿するのは・・・ちょっと気が引けてしまう、そう思ってしまう方々に、少しでも音質を上げるためにはやはりオーディオインターフェイスとDAWソフトは必要かなと感じます。

しかし、DAWソフトは複雑で、種類もあって、かつ、値段も高いものから安いものまで・・・・もうわかりません・・・挫折・・・そうならないようにソフトについても触れたいと思います。

歌ってみたを投稿したいならマイク選びはもちろん重要なポイント

どのマイクを使うの?みな一緒じゃない、高いけど何か違うの?いざ始めると何を買えばわからない、これは最初の大きな壁ですね。

マイクにはおおまかに2種類あります。

ダイナミックマイク

ダイナミックマイク 
  何それ?
  カラオケ店や音楽練習スタジオにあるキノコ型のマイクです。
  有名なマイクはこちら

SHURE ダイナミック マイクロフォン SM58SE


皆さんご存知の定番のマイクですね。


きっと最初のマイク購入でこのマイクを視野に入れている方は多いとおもいます。

ダイナミックマイクの特徴

特徴として
 ①単一指向性
 ②電源が必要ない
 ③録音の音量が低い
 ④頑丈
 単一志向性とは目の前の音だけをひろいます。歌を録音するには常に一定方向から向かって、かつマイクに近づいて、歌うことが基本必要になります。録音の音量も割と低く、録ったものを聴くと???なんか小さいな、こもった感じもするな、って事も初めて録音した方には感じる事もあるかもしれません。まずはマイク自体の勉強が必要となるのではないでしょうか。


SM58SEを実際に使った筆者個人の感想として、最初にこれを使うには難しいのではという印象。


録音レベルが低いので、ある程度の声量も必要になります、楽器と異なりボリュームレベルのつまみみたいなものはすべて自身の体のコントロールにゆだねられます。(当然なんですけど、実は難しい)大きな声で歌わなければはっきり録音されないことを意識しすぎて、張りすぎてバランス悪い感じて録音されてしまったりなど失敗もございます。


思い出してみてください。カラオケで歌の上手い人を観察したとき、マイクを微妙にずらしたり、離したり、なんてしている方をよく見ると思います。


これは自身のコントロールとマイクの特性をよく理解している方だと思います。おそらくここではこんな風だろうというのが身について、無意識に行っているのでしょう。


これは曲を練習していくうえでわかってくる、経験の積み重ねによるものです。


すぐにできるものではありません。歌の練習とはマイクの使い方も含めて、「歌の練習」であると感じます。


ダイナミックマイクはライブなどで使います。録るだけで終わらずライブするにはこのマイクの特性や曲にあった使い方の練習が絶対必要になると思います。

もう少し低価格帯で音質のいいダイナミックマイク

業界基準のマイクSM58と似た音!BEHRINGER XM8500


上記で紹介したSM58と同じような音で録れるという噂なマイクがこちら。

歌ってみたやりたいけどお金はあまり出したくない。


という学生などにオススメするマイクです。


もちろんSM58とは若干音が違いますが、性能が似ているので、高望みしなければこちらのマイクでも十分です。

コンデンサーマイク

次にコンデンサーマイク
 四角のマイクです。よく芸人の漫才とかで真ん中にたってるあのマイクです。
 有名なマイクはこちら

歌い手界の定番コンデンサーマイク「RODE ロード   NT1A コンデンサーマイク」


今や歌い手界の低価格帯のコンデンサーマイクの中で定番となっているこのマイク。


みたことある方も多いのではないかと思います。


最初に導入するマイクとしては申し分のないコスパを発揮するマイクです。


歌い手活動されてる方で一番使われているマイクはこちらですね。

皆さんが憧れてる有名歌い手さんも多く愛用されてると思います。

NT1-Aには、マイク台・ポップガード・ケーブルが付属しているので他で買うものはマイクスタンドのみでOKというのも嬉しいですね。

コンデンサーマイクの特徴

特徴として
 ①無指向性
 ②電源が必要
 ③録音の音量が大きい
 ④取扱シビア
 
無指向性とはマイクの中心から360度の音を拾います。イメージとしてダイナミックマイクは近づいてきた音を捕まえる、コンデンサーマイクは一定領域にあるものを拾うといったところでしょうか。


少しくらい離れていても音を拾います。そして音が非常にクリアーです。そこらへんの安いカラオケマイクを使って自分の声を録ったとき、「あれなんかこもって聞こえないか?」

なんて経験ある方もいると思います。


コンデンサーマイクならば、はっきりとクリアーに録ってくれます。
録ったものを聴きこんで、自分の歌の癖や改善点なども見つけるにも最適なマイクであると考えております。



そして録音の入力レベルも高いので、録音した歌が小さく入力レベル上げすぎてノイズがひどくなり、音質が劣化してしまったなんて心配もありません。 

歌い手におすすめの低価格帯で高音質なコンデンサーマイク

コンデンサーマイクが欲しいけどお金がない、けど高音質を求めるという我がままな方におすすめのマイクたちです。

オーディオテクニカ サイドアドレスマイクロフォン AT2020


低価格帯で高音質と言ったらまず上記のRODEとこのマイクが浮かんできますね。


音楽に詳しくない方も一度は聞いたことのあるだろう「オーディオテクニカ」。


比較的声質を選ばず使えるのは、AUDIO TECHNICAのマイクに共通する特徴だと思います。


ボーカルだけでなくアコースティックギターなどにも合うので弾き語りをする人にもおすすめできるマイクです。

BEHRINGER B-2PRO


コストパフォーマンスモデルを多くリリースするBEHRINGERからの1本。


低価格ながらほんのちょっとの空気の揺らぎまでも集音してしまう「コンデンサーマイク」の特性・繊細なレコーディングをするマイクです。

3段階、無指向/単一/双指向性


と指向性を変えられるのも用途が広がるのでおすすめです。

ワンランク上の中級コンデンサーマイク

ワンランク上の音質・扱いやすさ・クオリティを求める歌い手におすすめしたいマイク

女性歌い手にもってこい!コンデンサーマイク

BlueMicrophones Baby Bottle コンデンサーマイク (ブルーマイクロフォン)


見た目からかなり変わったマイクで個性的ですが、個性的なのは見た目だけではないです。

スペックを見た感じ低中音をガッツリ強調し、高音も強調と確かに凄い個性的なマイクです。

印象としては、人は選ぶけどボーカルに限ってはこの個性的過ぎる特徴が合う人は本当に合うマイクです。


*ボーカルの芯が太く録れる
*音質も良く歌が前に出てきて存在感がでる
*高音がキンキンしない。

おすすめしたい歌い手としては
声の線が細めな女性ボーカルや、しっとり系のボーカル、ハイトーンを持つボーカルですね。

レコーディング・スタジオでもよく見かけるAKGの定番のコンデンサーマイクを単一指向性専用にしたモデル

AKG アカゲ コンデンサーマイク C214


ボーカルやアコースティック・ギターの録音だけでなく、『C214』は、さまざまな楽器に使用することができる万能マイク。

持っておけば重宝できるタイプですね。


3万円前後で万能的にワンランクを図るならこのマイクをおすすめしたいです。


宅録での定番コンデンサーマイクとも言える立ち位置にあるマイクでしょう。

やっぱり誰もが憧れるノイマンのマイク

NEUMANN TLM 102 スタジオマイクロホン (ノイマン)


プロ御用達のマイクメーカーNEUMANNのコスパ最強のコンデンサーマイクです。


歌い手やDTM入門用のコンデンサーマイクとしては、やや高めになってしまうのですが音は間違いありません。


使用している歌い手も多くいます。

むしろ、このマイクを購入してしまえば、他のコンデンサーマイクに浮気することはなくなると思います。


長い目で見ると安いマイクを数本取り換えで使うよりも、このマイクを使い続ける方がコスパが高かったりするでしょう。


同社の他の製品と同様にとにかくノイズが少ないのがポイントです。間違いなくスペック以上だと思います。

忠実性に長けており、イメージ通りの音を確実に録音することができます。


快適にマイク録音をするなら、間違いなくこのマイクがおすすめですね。

プロも定番のコンデンサーマイク

audio-technica サイドアドレスマイクロフォン AT4040


プロの現場でも使用されており、音のクセがあまりなく「フラット」な音が特徴のこのマイク。


味付けがないといったらないですが、EQなどのMIXでキャラクターを変えられるのでMIXが得意な人はこのマイクの音はかなり好まれると思います。



音質はもちろん、ナチュラルに録音することが可能なので


ボーカルやアコースティックギターをレコーディングする際に重宝するコンデンサーマイクです。


持っていて損はしない評価の高いマイクです。

コンデンサーマイクのデメリット

ではここまでコンデンサーマイクをいろいろ紹介してきましたが、


コンデンサーマイクを取扱う際に気をつけなくてはいけないことや、デメリットなどをご紹介します。

まずは音に敏感すぎるということです。

360度、あらゆる音を拾っていますので、いざ録って歌ているときに、誰かきて、ペットの犬が吠えて、犬の声が遠くで一緒に録音も・・・なんて残念なことも無きにしも非ず。


そして電源の供給が必要になり、また、もろいのが特徴です。


衝撃や湿気にも弱いです。買って落として・・・


「え?音が出ない」なんてこともしばしば。


まるでスマホ画面・・・・なんてことも・・・は言いすぎですが、そのくらい大事に扱うべき品物であると感じております。


総括すると、コンデンサーマイクを使用するなら「マイク管理」と「防音環境」もある程度は整えておく必要があります。

歌ってみたをやるのに最低限の防音環境を整えるには?

歌ってみたをはじめたいと思っている歌い手さんもいきなり本格的な防音環境を整えるのはかなり困難でしょう。


かといって、騒音や雑音などが自分の歌った歌に入るのは最悪ですし。。。


やっぱり少しでも音質をあげたい!

でも予算がない!


という方にお勧めの防音道具があります。

リフレクションフィルター

部屋の形状がもたらす有害な反射音や、マイクに飛び込んでくる様々な ノイズはレコーディングの大きな悩みのひとつですよね。


リフレクションフィルターはそれを解消するためのものです。


コンデンサーマイクを使用したい、もしくは現に使用しているなら1つは持っておきたいですね(予算に余裕があれば)。

sE Electronics マイクアクセサリー Reflexion Filter Pro




こちらは少々値段は張りますが、しっかりと反射音を抑えてくれる優れものです。


レコーディングのレベルを間違いなく上げてくれます。

もうちょい値段を下げて防音環境を整えたい人はこちらがおすすめ


iSK RF-1 リフレクションフィルター


見た目から音をしっかりと吸音してくれる外観ですね。


こちらの方がまだ財布に寛容ですね。


ひとつきになるのが少し重いところです。


思ったより重量があるので取り扱いには気をつけたいところです。

もう少ししっかりした防音環境を目指すなら

簡易ボーカルブースみたいなものが欲しいという方も少なくはないと思います。


ニコニコ生放送やツイキャスなどで歌を歌う・録音で大きな声を出す歌い手などは


やはり周りの環境を気にしますし、夜などにはもちろん歌えない。


そんな問題を解決する防音道具があります。

歌い手御用達の新定番防音室 「だんぼっち」


ダンボールで出来てますがれっきとした防音室です。


何十万もする防音室の相場からしてもかなりお手軽なのもいいですね。

ダンボールで防音できるの!?


そう思ってしまうのも無理はありませんが、しっかりと防音してくれるんです。


実際のモニター動画や、どれくらい音を遮音しているかもメーカーのサイトに行けばわかりますので一度確認してみてください。


お金がない学生の歌い手などにはのハイパフォーマンスを発揮してくれそうです。


実際に歌い手やゲーム実況者に使っている人がかなり多いのもポイントです。


これ1つあればかなり録音環境にも変化がでるので検討する余地はあるでしょう。

コンデンサーマイクとダイナミックマイクどちらを買うべき?

「歌ってみた」をまずは始めてみたいと方にはやはりコンデンサーマイクでしょうか。


ダイナミックマイクだけでも歌を録ることが可能ですが、入力レベルが低くオーディーインターフェイスにつなげ音量を底上げすることがおそらく必要になります。


こうなりますとDAWソフトをある程度使いこなすことが必須になりミックダウンの知識が少し必要になります。

歌ってみだけをやりたいのに、そんなこともまで・・・・ミックスダウンの前に自信がダウンします・・・


ただし、コンデンサーマイクでもオーディオインターフェイスは必須までとはいきませんが、DAWソフトと一緒にある方が良いです。


コンデンサーマイクでは歌いたいWAVファイルに歌を載せればそれなりの音質、全体的な音量バランスはキープできます。


さほどDAWソフトの難しい操作や知識はいらず、最初は歌に集中できるのではないかという点を込めて、まずはコンデンサーマイクを買ってみてはどうでしょうか。

オーディオインターフェースって何!?

コンデンサーマイクを使用するならオーディオインターフェースはやはり必須機材になってきます。


でも実際よくわからないなんて人も多いのではないでしょうか??


そんな人のために下のリンクにオーディオインターフェースについて解説した記事があるのでそちらを一読していただけたらと思います。


歌ってみた・DTMをより理解できると思います。

これだけあれば歌ってみたはできる!「歌い手機材セット2選」

実はコンデンサーマイク高い・・・高いのにもろい・・・スマホですか・・・


しかし世の中とは都合がよく、ワンセットになった、歌ってみたのためにあるようなものが存在します。



これだけあれば安心して歌ってみたやもちろん作曲、mixもすることができるお得すぎるパッケージです。


・高音質なオーディオインターフェイス
・音楽ソフトDAWが付属
・高音質に録音できるコンデンサーマイク
・モニターヘッドホン
・XLRケーブルやUSBケーブル等必要なものが同封

これだけセットになっています。

Focusrite DTMセット Scarlett Studio USBオーディオインターフェイス / コンデンサーマイク / モニターヘッドフォン レコーディングパッケージ


Scarlett 2i2(オーディオインターフェイス)
Cubase LE7(音声編集ソフト=DAW)
Scarlett CM25 コンデンサーマイク
Scarlett HP60 モニターヘッドホン
XLRケーブル
USBケーブル
Scarlett pulg in suite(エフェクトソフトウェア)

がセットになっているお買い得セットです。

世界中から定評のあるFocusrite社のパッケージです。

マイクプリのISAなどで有名なメーカーですよね。

これだけのセットで値段もお手頃です。
DAWソフト、Cubase LEがついてきます。
LEというのは機能がある程度制限させたものです。ですが、歌をとるだけに焦点当てれば十分すぎる程です。


ボカロPの中ではCubaseはとても人気なDAWです。


これにボーカロイドソフトを購入すればボカロPデビューもできてしまいますね。

PreSonus プリソーナス DTMセット AudioBox iTwo STUDIO


AudioBox iTwo(オーディオインターフェイス)
Studio One Artist 2(音声編集ソフト=DAW)
M7 コンデンサーマイク
HD7 モニターヘッドホン
XLRケーブル
USBケーブル

が全てセットのお買い得セット。


上記と価格帯はあまり変わらないですのでメーカーのHPを参考に選んで貰えばいいと思います。

単体で購入するよりも遥かに安上がりであり、性能もとても良いのでスターターセットとして申し分ないです。


歌ってみたから徐々に作曲やミックスにも挑戦したい人にも長い間使える機材です。

DAWソフトについて

最後に先ほどからちょくちょく筆者が出している単語、DAWソフト。


これ何?Digital Audio Workstationの略です。


簡単に言えば音楽ソフト、これに音を入れて、同時に再生して、ふたたび他の音入れて、一つの音楽にするといったイメージです。


なぜあった方が良いのか、まず加工ができます。特にリヴァーブ、いわゆるエコー、ライブ会場やホール、スタジオ、などを再現できます。また、歌い方によっては音量がなんとなく一定していなくて気持ち悪いな、なんてこも解消できます。その他ピッチやリズムの細かな修正なども可能です。(もちろん限界はあります)


またコンデンサーマイクで拾ってしまった生活音ノイズもある程度対処できます。(後から除去します)


お勧めしたいのがAudacityというソフト

こちらはフリーソフトになります。使い方は非常にシンプルで、歌の入っていない音楽データー(WAVファイル)をこのソフトに読み込ませ、あとはマイクにオーディオインタフェイスにつないで読み込ませたものを再生して合わせてカラオケのように歌うだけで完成です。


歌い手の多くの方は一度はこのソフトを使っているのではないでしょうか。

フリーで高性能なDAWをもっと知りたい人はこれ

Audacityというソフトでももちろん録音はできますが、


もっと質の高い無料ソフトが存在します。


後々有料になるものがあるので、


まず無料版で幾つかDAWを試してから自分に一番合ったソフトを使用するのが一番です。


下記にお勧めのDAWフリーソフトをまとめておきましたのでご覧になってください。

その他必要なものは


ポップブロガーネット これは丸い網のようなものです。何故必要なのかと、コンデンサーマイクは音をよく拾います。なのでブレス(息継ぎ)の音もよく拾ってしまうのがこのマイクです。


人間らしさがあって、最新のボカロではこれまで再現できますが、そのようなレベルではなく、かなり気になるレベルでこれがなければ録音されてしまいます。


後はマイクスタンドとオーディオインターフェースやミキサーなどにつなぐマイクケーブル、自分の声をモニターするためのモニターヘッドフォンですね。

歌ってみたのクオリティーを上げるためのキーは「モニターヘッドホン」にあり。

歌ってみたに「モニターヘッドホン」が必要な理由

DAWとマイク、オーディオインターフェースを用意していざ録音する準備が整った時に自分の声を何でモニターしますか??


自分のいつも使っているイヤホンでも自分の声をモニターできますが、音を正確に聴くという意味では適していません。


なので、「モニターヘッドホン」を用意することを強くおすすめします。


プロのスタジオの録音風景でもボーカリストは必ずヘッドホンをつけていますよね?


それが「モニターヘッドホン」です。


音の出口になるヘッドホンの事を知っているか否かで後々の作品クオリティを左右すると考えていいでしょう。

「モニターヘッドホン」について詳しく知りたい場合はこちらへ

おすすめのモニターヘッドホン

audio-technica ATH-SX1a

オーディオテクニカからのおすすめです。


イヤパッドとヘッドバンドはレザー製で装着感が大変良く、イヤパッドも厚めで長時間の装着でも耳が痛くなりません。


録音が長引いてしまうとヘッドホンの装着が痛みを伴うので装着感は非常に重要です。


耳を覆うような構造になっているので遮音性が高いのも特徴です。



出力はステレオミニプラグとフォーンプラグの両方に対応しているのも大きなポイントです。

MDR-CD900ST

これは有名・定番なSONYのモニターヘッドホンです。


おそらくほとんどの人はこちらを使用しているのではないでしょうか??


レコーディングスタジオで使われていまして、


このヘッドホンが置いていないスタジオは無いと言っても良いほど、定番のもの担っています。



耐久性にも優れていますので、長く愛用できる製品だと思います。



モニターヘッドホンをどれにするか迷ったら取りあえずこれを選んでおけば間違いないでしょう。

他にもヘッドホンをみてみたい方はこちらをどうぞ

こちらにメーカーごとにヘッドホンをまとめましたので、お好みのヘッドホンが見つかるはずです。

おすすめのポップガード

低価格ポップガード

ポップガードは割と安価で手に入ります。


その中で多くの使用者がいる定番のポップガードを紹介します。

キクタニ ポップブロッカー ネット


とりあえずこれを揃えれば問題なくレコーディングは快適に行えます。

これをマイクの間に挟むだけでポップ音を除去してくれます。

価格も1000円前後なので揃えておくべきと判断します。

Dicon Audio DCP-2 メタルポップフィルター


金属製のポップガードはナイロン性のものよりも音除去能力があるのでクリアで力強い音になります。


金属製なので使用後に洗うこともできるので常に清潔に保つことができるのも大きなポイントです。


ここは予算に応じて購入するのが一番良しとします。

高価格ポップガード

STEDMAN PROSCREEN101 メタルポップガード


スクリーン部は特殊カットを施した金属製で高域が失われず、邪魔な風は下側に排気します。


金属製ですのでこちらも使用後に洗うことが可能です。


少々値は張りますが、使用者のとても評判が良く安心して使用できるポップガードですね。

おすすめのマイクスタンド

KC ストレートマイクスタンド ブラック MCS-4400/BK


ストレートスタンド型のマイクスタンドです。


価格もリーズナブルでしっかりしているのでこちらで問題はないです。

Koolertron マイクスタンド


こちらは折畳可能なブームタイプマイクスタンド。

コンパクトに畳めるので普段使わない時にも邪魔にならないですね。
弾き語りの際にはボーカルマイク用スタンドとして、アコギ集音マイク用スタンドとしてのどちらにも対応しているので


用途を求める場合はこちらのマイクスタンドを使うと良いです。

おすすめのマイクケーブル

マイクケーブルの選び方

マイクケーブルはマイクから取り込んだ声をパソコンまで伝達する重要なアイテムなのです。

マイクケーブルに関しての情報は他にもたくさん掲載されていると思いますが、

決して高価なケーブルは必要ありません。


選び方のポイントとしては、大手メーカーなどがが販売している定番ケーブルを選ぶことです。


音質的な面で言うとケーブルが「短い」ほど音質は向上するのでできるだけ短いものを購入しましょう。


宅録なら3m~5mのケーブルがおすすめです。

ケーブルは、自分が使用するマイクの端子に合ったものを選びましょう。


一般的に、録音に使うようなマイク(先ほど上記で紹介したマイクなど)はXLRケーブルでつなぐようにできています。


なのでケーブルの種類は、


マイク側 XLRメス▶︎XLRオス オーディオI/F側


のように、両方ともXLRで繋ぐタイプのケーブルを購入しましょう。

オススメのコンデンサーマイク用XLRケーブル

コンデンサーマイクをお使いの方はこちらのXLRケーブルがおすすめです。

GOTHAM(ゴッサム) GAC-3 コンデンサー用マイクケーブル


GOTHAM(ゴッサム) GAC-3は現在手に入る最も高性能なマイクロフォンケーブルと呼ばています。


このケーブルがあれば文句なしなので、予算がある方は検討してみてはいかがでしょう。

BELDEN 8423 ファンタム電源用マイクケーブル


音的にはフラットを感じる自然さがあります。


こちらも3mなので特に支障がなければ上記の2つのどちらかがおすすめです。


もう少し安いケーブルもありますが、値段がさがるとノイズが乗ってしますためおすすめできません。


ケーブルは何回も取り替えるものではないので、良いものを長く使うスタイルがいいでしょう。

オススメのダイナミックマイク用XLRケーブル

BELDEN XLRケーブル(3m) EC-8412-B-03


マイクケーブルとしては定番のBELDENからダイナミック向けのケーブルです。


まだマイクケーブルを持っていない方はこちらを揃えておけば快適に録音できます。

CANARE ( カナレ ) / EC10B BLACK


上記より少し安いケーブルですと下のケーブルになります。


このあたりを揃えておけば録音の際は全く問題ないと思います。

まとめ

ここまで多岐にわたり歌ってみたに関する情報を書きましたが


マイクに関して、大切なことは自分で歌って、先ずは録ってみて、自分の歌唱の特性とマイクの特性を知り、その上で使いやすい、自分に合ったマイクを見つけていくことではないでしょうか。



「歌ってみた」やってみたいけどなんだか複雑そうだなと思って戸惑っている方、決してそんなことはありません。実はすごくシンプルです。



練習してきた積みかさねと、適切な機材の使い方次第で、高額の物を使わなくても良いものができると信じております。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索