浜崎あゆみが初めて作曲した「M」

2000年12月13日にリリースした浜崎あゆみ19thシングル。

この「M」という曲は前作の「AUDIENCE」から1か月ほどでリリースされました。

発売されるや否や2週連続でオリコン週間シングルチャートの首位を獲得し、累計で131万枚以上を売り上げる大ヒット曲です。

これまでもオリジナル楽曲の作詞はすべて浜崎あゆみが担当していましたが、この曲は作詞作曲全てを手がけた初楽曲になり、本人にとっても思い入れのある曲ではないでしょうか。

数々のアルバムに収録されている楽曲

浜崎 あゆみ「M」が話題!?歌詞詳細が知りたい!の画像

浜崎あゆみの代表作ともいえる「M」は、シングルリリース後も色褪せることなくベスト盤には必ずと言っていいほど収録されています。

また、2002年元旦にリリースされた浜崎あゆみの4thアルバム「I am...」の11曲目にも収録されています。

「I am...」はほぼすべての作詞作曲を浜崎あゆみが手掛けたアルバムです。

ウェディングドレス姿が印象的な「M」のMV

1人2役で魅せる曲の世界

MVでは浜崎あゆみが「聖母マリア」と「祈りを捧げる人」の2役を演じています。黒のパンツルックと白のドレスが対照的で2人の存在が離れていることが分かりますね。

黒い服を着た浜崎あゆみは(マリアに祈るときに使う道具)ロザリオを首から下げおり、サビの部分ではマリアに対し訴えるように歌われているのも印象的です。

またこのMVは平塚にあるサン・ライフガーデンにあるグランドヴィクトリア湘南という教会で撮影されました。歴史ある教会で行っているからこそ厳格な雰囲気も出ている映像ですね。

「MARIA」と叫ぶときの力強さがかっこいいですね。

「M」の意味

浜崎 あゆみ「M」が話題!?歌詞詳細が知りたい!の画像

「M」のタイトルは歌詞の中にも出てくる「MARIA(マリア)」の「M」だと思います。

聖書では「マリア」はイエス・キリストの母親であり、大きく優しい愛をもって私たちを守ってくれる存在であり、不幸感の苦しみを幸福に変えてくれる幸福の女神ともいわれています。

英語では「聖母マリア=Virgin Mary」となり「マリア=Mary」と言います。

わざとローマ字表記の「MARIA」にしたのは日本人の私たちにイメージしやすいよう心遣いかもしれませんね。

「M」の歌詞

浜崎 あゆみ「M」が話題!?歌詞詳細が知りたい!の画像

キズついた人々の声が聞こえますか?

'MARIA' 愛すべき人がいて
キズを負った全ての者達…

出典: M/作詞:ayumi hamasaki 作曲:CREA

’MARIA'というのは、聖母マリアに向けての言葉のように聞こえますね。

この祈りを捧げているのが、愛するべき大切な人との生活の中で悲しみや苦しみを感じている人のことでしょう。

「全ての者」と括ることで、壮大なスケールで曲が作られていることが伝わりますね。

浜崎 あゆみ「M」が話題!?歌詞詳細が知りたい!の画像

流れるように過行く季節の中で、ふと立ち止まる