ドラムの叩き方は人それぞれ

身体の故障には注意

そもそもドラムの叩き方とは、 身体をどのように動かすか ということです。 叩き方によって音が変わったり身体の故障が減ったりし 自分にとってプラスな事が増えます。 ですが、姿勢やフォーム等、叩き方は人それぞれですので 今回は僕の意見を紹介していきます。

椅子は重要

椅子の座る位置

まずは椅子に座りましょう。


その際、よく浅く座れだとか深く座れだとか色々言われていますが


自分の体重を支えることができる、身体の軸に重心がしっかり乗っている事が絶対条件です。


椅子に座った状態で足を上げて、前に落ちそうなときは


身体の軸に重心がしっかり乗っていない状態ですので試してみてください。

椅子の高さ

次に椅子の高さをみてください。 こちらも高い方がいいや低い方がいいだの色々言われていますが あまり高すぎるとリズムが前のめりになってしまい いわゆる走るという現象が起きてしまいます。 また腰に負担がかかってしまい痛める危険性が出ます。 逆に低すぎるとリズムが後ろになってしまい もたる元となってしまいます。 またバスドラが踏みにくく足に無駄な力が入ってしまいます。 大体は画像のように90度くらいになるか、膝にかけて斜めになるくらいが丁度良い高さです。

椅子の高さが決まるとスネアの高さが決まります。


まずスネアの中心にスティックのチップを置き、


スティックのショルダーからスネアのリムとの間が


大体3cmくらいになるような高さが良いとされています。


リムショットがしやすくなりますし、自然な叩き方ができるからです。

ドラムを叩く姿勢

背筋を伸ばして叩く人や猫背で叩く人がいます。


世間では一般的に背筋を伸ばした方がいいと言われていますが


私はその逆で猫背で叩く方がいいと思っております。


ですが普通の猫背ではなく画像のように


骨盤を前に出した状態の猫背です。

背筋を伸ばした状態のままドラムを叩くと


背筋を伸ばすために、いらない力が入ってしまいますし


腰のクッション性がなくなってしまい


腰に負担がかかり壊してしまうケースがが多くなります。

逆に猫背では腰のクッション性を活かしつつ


身体に無駄な力が入らないので


よりグルービーに演奏できます。

私も背筋を伸ばして叩いていたときは腰を痛めていました。


こういった点で猫背で叩いた方が良いでしょう。

ドラムの叩き方