長谷川慎のプロフィールを一挙公開!

あだ名はまこっちゃん

長谷川慎/THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの出身地は?プロフィールを公開!の画像

長谷川慎はTHE RAMPAGEのパフォーマーです。

まずは基本的なプロフィールを確認していきましょう。

  • 長谷川 慎(はせがわ まこと)
  • 1998年7月29日生まれ
  • 神奈川県出身
  • EXPG出身

あだ名はまこっちゃん、もしくはまこつと呼ばれています。

色白で大人っぽい雰囲気がありますが、グループの中でも一番年下組に入ります。

クールで無表情なときが多いからか、他の年上組よりも上に見られることもあり、見た目と年齢のギャップがあるメンバーです。

RAMPAGE結成当初はクールなキャラでとおしていましたが、今ではやんちゃな一面を見ることも。

年相応な表情が見られることもあり、舞台裏の動画やオフショットに人気があります。

ダンサーじゃなかったら将来の夢は美容師だった?

過去に行われたインタビュー動画の中で、アーティストでなければ美容師をしていたとコメントしています。

その理由は、父親が美容師をしているからだそう。

RAMPAGEのメンバーは髪型がコロコロ変わることが多いのですが、長谷川慎もよく髪色が変わることがあります。

もしRAMPAGEに入っていなければ、イケメン美容師になっていたのでしょうね。

アーティストに他の夢を聴くと、両親の仕事を手伝っていたという人が多いですが、身近で見ていると余計にそう思うのかもしれません。

ファッションが大好き

長谷川慎/THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの出身地は?プロフィールを公開!の画像

グループの中でもファッションが大好きな長谷川慎。

派手で蛍光色のパーカーを着たり、公式のTwitterでもオシャレな私服を公開したりしています。

ストリート系が好きらしく、スポーツ系ブランドや、有名ブランドのスニーカーをはいていたりと、ダンサーらしい服装が特徴です。

特にキャップが好きで、深くキャップを被っている写真が公開されることが多々あります。

GENERATIONSのサポートダンサーだった!?

GENERATIONS初期のサポートダンサーを経験

A post shared by Y (@s.lovermpg) on


先輩グループであるGENERATIONSが、武者修行をしているときに後ろで踊っていたサポートダンサー。

そのサポートダンサーに長谷川慎は選ばれていたのです。

元々メンバーの佐野玲於や小森隼と仲が良かったため、サポートダンサー時代から有名でした。

結局GENERATIONSには入ることにはなりませんでしたが、サポートダンサー期間を通して、パフォーマーとしての力を付けました。

ちなみに同じRAMPAGEの岩谷翔吾・藤原樹・浦川翔平も、GENERATIONSのサポートダンサーをしています。

また、GENERATIONSだけでなくEXILEのサポートダンサーとしてもライブに出演していたこともあります。

幼い頃からEXPGに通っていた

長谷川慎はEXPG東京校の出身で、幼い頃からEXILEMVなどにキッズダンサーとして参加しています。

明確な時期はわかりませんが、小学生には確実にMVに参加していました。

当時の写真やオフショットの中に、長谷川慎の写真が残っていたことでわかったことです。

ちなみにEXPG東京校の卒業生の欄にも、長谷川慎の名前が載っています。

通常EXILEやアーティストのMVなどに参加するには、特待生でなければいけません。

どのタイミングかはわかりませんが、特待生に上がってMVなどに参加し、GENERATIONSのサポートダンサーに選ばれた流れなのでしょう。

GLOBAL JAPAN CHALLENGE出身者

avexとの合同オーディション

A post shared by Yurina (@__ldh495) on


幼い頃からEXPGでパフォーマンスに磨きをかけていた長谷川慎が、RAMPAGEの候補生に選ばれることになったのは、avexとLDHの合同プロジェクト『GLOBAL JAPAN CHALLENGE』に参加したことがきっかけです。

このプロジェクトは、世界基準で活躍できるアーティストを発掘するために行われたオーディションで、惜しくも合格には至りませんでした。

しかし、実力が評価され、その後RAMPAGEの候補生として残されることが決定しました。

ちなみにRAMPAGEには『GLOBAL JAPAN CHALLENGE』出身者が多く、龍・後藤拓磨・鈴木昂秀も同様に、合格には至らず候補生として残った人物です。

GENERATIONSのサポートダンサーやオーディションの時点で、すでに多くのメンバーと関わりを持っていたんですね。