Cubase Pro バージョン 8.5.20

たとえば、MediaBayラックにおいて、メディアが異なっていてもユーザープリセットを呼び出すことができるようになっています。

また、オーディオミックスダウンの書き出しに関して、古いサードパーティー製でもWaveファイルの書き出しが可能になっています。

Cubase Pro バージョン 8.5.30

書き出したMusicXMLファイルをDoricoで読み込む際の互換性を向上しています。

まとめ

cubase pro 8.5 アップデートのススメの画像

8.5へのアップデートによって、今まで可能だったことがもっとスピーディーに、もっと手軽にできることが垣間見れたのではないでしょうか?

これを機会に、Steinberg社がトップグレードのDAWソフトとして誇る「Cubase Pro」の、常に音楽シーンをリードする機能をぜひ取り入れてはいかがでしょうか?