いいねして最新情報を受け取ろう!

2017年05月07日更新

独特の音楽性と活動で話題のtricotのおすすめ曲6選

メジャーレーベルに所属しない自主性の強い活動スタイルを保ち、ポストロック・オルタナティブロックの色が強い鋭いサウンドや独特のリズムで多くの人を魅了するtricot。その音楽性は海外でも高く評価され、日本国外のイベントへの出演も多く果たしています。今回はそんな彼女たちの楽曲を見ていきます。

爆裂パニエさん

コメント

鋭い初期衝動が爆裂したロックナンバー

まだtricotが知る人ぞ知るマイナーバンドだった頃の曲です。


今と比べるとまだポストロックやマスロックなどの色味が薄く、邦楽ロック・歌謡ロック寄りの印象を受けます。そんな中でも複雑なリズムや絡み合うギターとベースなど、今のtricotに繋がる個性が光っています。


まだまだ荒削りな印象もありますが、初期衝動のような勢いも感じられる曲です。良い意味でインディーズらしい、シンプルでストレートなロックナンバーです。

G.N.S

コメント

怪しげな世界観が光る曲

ボーカルの中嶋イッキュウさんの怪しげで妖艶な歌い方が印象的な不思議なメロディの曲です。PVでのイッキュウさんの容姿もアイドルのように可愛いと一部で話題になりました。


そんなイッキュウさんですが、見た目だけではないと言わんばかりにギターをかき鳴らす姿や激情的に歌い上げるサビでの歌声は文句なしにかっこいいです。


バンド全体でも鋭く骨太なサウンドで聴き応えがあります。刃物のような切れ味の鋭いギターにガツンと芯のあるベース、一打一打が太く心地良く響くドラムの絡みはtricotの持ち味としてぶれることなく聴く人を楽しませてくれます。

POOL

コメント

進化・変化を歌った1stアルバム収録曲

1stアルバム「T H E」のリード曲となっている作品です。以前のtricotの音源と比べると一気にサウンドが洗練されたような印象を受けます。


人の目や評判など、「大衆」の時に身勝手な有様をぶった切り、進化を続けながら自分達の道を行く覚悟を歌うような歌詞です。大勢の人々にスマホのカメラを向けられるMVも、「数の力で都合よく振舞う第三者の群れ」を皮肉っているように見えます。


ギターの単音フレーズと変拍子の絡みが気持ちいい前半から一気に盛り上げて歌い上げるサビ、というtricotの良い意味でお馴染みの手法で聴いていてテンションが上がります。評判高いライブパフォーマンスをそのまま映したような演奏姿も相変わらずのかっこよさです。

E

コメント

バンドとしての危機を乗り越えてリリースした2ndアルバムのリードトラック

活動開始当初からバンドを支えていたドラマー、komaki♂の脱退という大きな出来事を乗り越えてリリースされた2ndアルバム「A N D」のリードトラックです。


3人体制になってMVにドラムセットを3台並べ、カット割りで交互にドラムを叩いている姿には様々な意図、メッセージが読み取れます。停滞と心の行き違い、そこからの前進を歌う歌詞も、メンバー脱退という危機を乗り越えたことと関係しているのでしょうか。


バンドのサウンドを底から支えるメンバーの脱退に当時ファンから行く末を心配する声もあがっていましたが、いざ新曲を発表するとこれまでと何も変わらないかっこよさを見せてくれた、そんな重要な作品です。

DeDeDe

コメント

堂々巡りの後悔を歌う3rdアルバム収録曲

3rdアルバム、その名も「3」の収録曲です。


これまでと同じようにtricotらしい鋭く勢いのあるサウンド・楽曲ですが、どこか大人びた色気や落ち着きのようなものも感じられます。不穏で、良い意味で絶妙な気持ち悪さのある音選びも不思議な魅力があって中毒になりそうです。


奇妙で少し不気味な騙し絵の世界が描かれるMVも、歌詞で歌われる過去の後悔を表しているようで面白いです。


ちなみにこのアルバムは透明な裸のCDケースにマジックで「3」と書いただけ、CD盤面も無地、という衝撃的な外観が話題となっています。このミニマルパッケージ盤と999枚限定のデラックス盤が同時リリースという聞いたことのないリリース体制です。大手レコード会社に所属しない自主レーベルだからこその面白い試みですね。

夢見がちな少女、舞い上がる、空へ

コメント

夢がある人や夢があった大人に刺さる初期の名曲

最後に紹介するのは2ndミニアルバム「小学生と宇宙」収録のこちらの曲です。


初めて聴いたときはタイトル、サウンド、メッセージ性の強い歌詞、全てに衝撃を受けました。


「夢はあくまで夢、いい加減現実を見ろ」、と分かったような顔で否定してくる大人たちを刺すような歌詞がポエトリーリーディングで語られます。「夢見がちな少女、舞い上がる、空へ」というタイトル通り、思春期の無鉄砲で純粋なパワーを体現したような力のある曲です。


ただ夢を諦めないことを称えているのではなく、無闇に純粋に夢を追うことの危うさや恥ずかしさも分かっている上でそれを後押しするようなメッセージを歌い上げているように見えます。だからこそ夢を追う少女の様を「舞い上がる」と表現して歌っているのではないでしょうか。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

音楽・映画が好きなライター。ボカロPをやっています。

僕の書く記事が誰かのお役に立てると嬉しいです。

twitter:@ashita_bassist

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

新着の特集

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索