いいねして最新情報を受け取ろう!

2017年01月30日更新

ONE OK ROCK 『Take want you want』の歌詞を紐解く

幾多の困難を越えて、 いまや世界規模の活躍を見せるONE OK ROCK(ワンオク)。 ここではONE OK ROCKの曲を良く聴き込み、 良く歌い込んでいる僕が、 その歌詞にフォーカスして書いていきたいと思っています。 最新アルバム Ambitions からの1曲です。

ONE 読 ROCK6 「Take what you want」

難しい謎解き?

先月11日にリリースした
大ヒット中のアルバム

「Ambitions」

から最後に入っているトラック

「Take what you want」

を検証してみました。
Takaの家庭のことを言っているような、
そうじゃない気もする。
難解な歌詞です。

その1「broken home=家庭崩壊の歌」なのか?

歌詞その1

Take what you want


Take what you want and go

出典: http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=k-170111-034

※和訳はTaka口調に近いよう
筆者が翻訳、
編集したものです。


欲しいものを持って行け


(欲しいものを)取って行けよ

過ぎ去った嵐のあとの静けさに


たたずんだ 隣に君はもういない

出典: http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=k-170111-034

考察その1

もしこの歌詞が
ONE OK ROCK

ボーカルのTakaの家庭で

起きた


「ハリケーン」


なら

凄まじい環境にいた
のだなと

驚愕します。

一番気になるのは

本当に
家庭に対する
歌詞であるなら

今でも

こういった感情を持っているのかな

ということです。


家族仲は戻り
過去に

「Nobady's Home」

という曲で
その気持ちを表現していますから、

今なぜ

この感情が

綴れるのか?


不思議に感じる部分ですが、

いったん
歌詞に戻ります。

その2 ちょっと違うような気がしてきた・・・今沸き出ている感情?

歌詞その2

I don't want anything in our broken home


Not the memories or the things we own


Not the picture of us on the wall


So take what you want



Can you hear me?


I'm trying to hear you


Silence strikes like a hurricane


Now I'm singing for you



You're screaming at me


It's hard to see your tears in the pouring rain

出典: http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=k-170111-034

(和訳)
崩壊のここにはもう求めない


思い出も、思い出のものもいらない


壁にかけられた僕らの写真もいらない


そう、だから欲しいものを持っていけよ



声が聞こえるかい?


あなたの声に耳を澄まそうとしてる


ハリケーンみたいに痛い沈黙


そんな中、僕はあなたに歌い続けてる



僕に叫ぶあなた


豪雨の中で、その涙もよく見えない

考察その2

この歌詞では
「You」

ボーカルTakaの父である

森進一氏

と仮定して、


の線も考えて
翻訳してみましたので、

ではなく

あなた

と翻訳しています。
(日本語部分は君のままです)

家庭崩壊の歌詞なら、
崩壊時の
会話のない雰囲気と
沈黙の苦痛さとも思えます。


だけど
どこかで
相手の痛みを知ろうとしている
言葉
も受け取れます。
しかしながら
豪雨(=家庭の荒れ模様)

にまみれて

痛みを受け入れる

余地もないよ



そんな叫びにも感じます。

ただ

どこかそことは

違う世界を歌っている気もしてきました。


もし

Takaがそこまで

過去に執着する人間だったなら

ONE OK ROCK

こんな世界に向けて

走るバンドではない

気がするからです。


だから
なぜ今この感情?
と違和感が残っていました。

もう少し読んで
進めていきます。
続きをどうぞ。

その3「出ていけ」ではなく「持って飛び出そう」

歌詞その3

Take what you want


Take what you want and go


Just go now just go, go, go



Still remember a time when you felt like home


You and me up against the great unknown


You were my life, now you're out of my life


Yeah I guess that's life



Can you hear me?


I'm trying to hear you


Silence strikes like a hurricane


Now I'm singing for you


You're screaming at me


It's hard to see your tears in the pouring rain

出典: http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=k-170111-034

欲しいものを取っていけ


そして飛び出すぞ


今行け、すぐに行け、飛び出すぞ



今もなお、


あなたがまだ家庭のように感じていた時のことを思い出せる


あなたと僕に未知の課題が挙がる


あなたは僕の人生そのものだった、


今あなたは僕の人生にはいない


わかっている、それが人生なんだ



声が聞こえるかい?


あなたの声に耳を澄まそうとしてる


ハリケーンみたいに痛い沈黙


そんな中、僕はあなたに歌い続けてる


僕に叫ぶあなた


豪雨の中で、その涙もよく見えない

(goの温度感を出すために
すべて違う言語にしてみました。)

考察その3

よくよく考えてみると、
歌い出しに

エフェクトがかかっていて

やや遠くから

聴こえてくる雰囲気

から
始まります
ので

遠い場所からの声

なのでしょうか?


Take what you want
Take what you want and go

が何回も歌われています。

筆者はやっと

結論に至りました。



この歌の

Home



家庭

ではなく

これまでの

ONE OK ROCK

であり


あらゆるハリケーンの中で

求めてるものを抱えて

変わろうとしている気持ちを

表しているようにも

感じてきました。

その4変わるための葛藤。

歌詞その4

Take it


No reason for me to hold on


(Look in my eyes I'm letting go)



Keep it


Don't need it, don't need it, don't need it!


Take what you want, take what you want and go

出典: http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=k-170111-034

持っていけよ


(今はもう)僕が持つ意味はない


(目を見てくれ、僕はもう行こうとしてる)

取っておけよ


僕には不要さ、いらない!いらないんだ!


欲しいものを持って、飛び出すぞ!


※()内は歌詞の全体像から
筆者が加えたワードです。

考察その4

主語がどっち
(Taka本人かもう一人のTakaか)は微妙ですが、
Taka側の

「拒絶」

の叫び

との葛藤
に感じます。

その5変わり続けるHome=ONE OK ROCK。

歌詞その5

Can you hear me?


I'm trying to hear you


Silence strikes like a hurricane


Now I'm singing for you


You're screaming at me


It's hard to see your tears in the pouring rain



Take what you want, take what you want and go



Can you hear me?

出典: http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=k-170111-034

考察その5

家庭崩壊の

歌詞だとしたら

壮絶な風景が浮かびます。



ただ
そうではなく

ONE OK ROCK

という

「家」から

望んでるサウンド=「Take want you want」

を持って

新しい世界に出ていく


歌詞と
自分の中で答えが出て、
この曲がまた好きになりました。


最後の

Can you hear me?


優しく囁くように

歌っていて、
まるで

どこかに戻るかのような

サウンドで

曲が終わります。


おわりに

~難しい謎解きだった~

筆者は
この歌詞の検証に
かなり苦戦しました。

直訳すると
家庭ですが、


今Takaが
歌うことではない気がしたから、
違和感を感じながら
読んでいたのです。


「Ambitions=野望」

と名のついた

アルバムの
最後を締める楽曲。

雑誌のインタビューを
読んだりもしまして、
やっと筆者なりの解答が出ました。

この曲も

アルバムも

またその先も

もっと楽しみになる歌詞でした。


それでは。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

ONE OK ROCKの歌詞をこよなく愛し
素晴らしさをお伝えするONE 読 ROCK
を掲載。
他にもipodには8000曲
入っていて、歌詞にも夢中な男子。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索