松田聖子さんのファンクラブは5,200円 (入会金1,000円+年会費4,200円 税込) で入会できます。

コンサートチケットの先行予約特典の他にも、会員証・限定スペシャルプレゼント・ファンミーティング等イベント・会報誌の発行・メールマガジン配信などお得な特典が満載です。

出典: http://www.seikomatsuda.co.jp/fanclub/index.html

少しお金はかかってしまいますが、良い席を取れるのなら安いものですよね。

松田聖子オフィシャルサイト

チケットキャンプで探す

売り切れたチケットでもチケットキャンプで手に入れることができます。

チケットキャンプとは2013年にサービススタートしたチケット売買サービスです。

あんしん決済補償システムが導入されているので安心して取引できます。

365日専門スタッフがお取引をサポートしています。

少し割高になりますがどうしても行きたいコンサートのチケットが手に入るかもしれません。

チケットキャンプはCMで話題の国内No1チケット売買サイト。登録無料ですぐに取引OK!良席、定価以下のチケットが多数出品中!「あんしん決済」「補償システム」を導入し、365日専門スタッフがお取引をサポート!人気チケットはチケットキャンプにお任せ!

松田聖子のコンサートの魅力とは?

松田聖子のコンサートはデビューからのファン、

最近ファンになった人はもちろん、

そしてあまり聖子ちゃんに興味がない人でも

本当に楽しめるエンターテイメントコンサートです。

楽しめる理由1

聖子ちゃんの一番の魅力は歌がうまいこと。CDで聴くとうまいのに生で聴くとあれ?というような歌手もいますが、デビュー当時から生放送の音楽番組で鍛えられてきたので歌のレベルが違います。口パクやCDではなく、生の歌が歌手の本当の実力です。コンサートではごまかしようがありません

昭和50年代、聖子ちゃんは明菜ちゃん(中森明菜)と並んで1、2を争う位テクニカルなシンガーでした。明菜ちゃん派・聖子ちゃん派とファンは派閥が分かれましたが2人とも歌のうまさでも大人気でした。

聖子ちゃんの曲をあまり知らない人でも「あなたに逢いたくて」は有名です。

「赤いスイートピー」など他にも耳に残る曲は意外にたくさんあります。

知らない曲を初めて聞いても歌のうまさで聖子ちゃんの世界に引き込まれてしまいます。本当に歌の上手い人を生で聞くと心が震えるんですよね。

コンサートでは生バンドの演奏なので音のエネルギーがCDとはまったく違います。

音のエネルギーが直接に空気を伝わって全身が歌を感じるんです。

ですから、聖子ちゃんを特に好きじゃなくても絶対に楽しめるコンサートです。

歌の信じられないエネルギーを体感できる場所ですね。


楽しめる理由2

聖子ちゃんのコンサートの魅力はやっぱりそのパワー。人間のオーラがハンパないです。

郷ひろみとの破局や不倫のスキャンダルも物ともせず生き抜いてきました。

ぶりっ子と批判されてマスコミにバッシングも受けてきました。

しかし、それに絶対に負けないで第一線で30年以上活躍しています。

離婚を2回経験し、娘(神田沙也加)を出産し、最近ではコンサートで共演も果たしています。

母としても、女性として、歌手としても、力強く生きてきた姿に勇気づけられます。

これが松田聖子のパワー。コンサートでは同じ空気でオーラを感じることができます。

その証拠にディナーショーでは50,000円の席が売り切れてしまうのです。

日本でもトップクラスな高額なプラチナチケットなんですね。

  青春時代に聖子ちゃんを知った世代(40代・50代)のファンは特に熱狂的です。

コンサートで輝き続ける聖子ちゃんに憧れます。

コンサートに来ることでファンはエネルギーを補充できるんですね。

最近では母と娘の親子2代でコンサートに来る方もたくさん見られます。

それだけ世代を超えて愛される歌手なんですね。

 

往年の「青い珊瑚礁」「天使のキッス」「青いサンゴ礁」「渚のバルコニー」

などは名曲ぞろいのメドレーで感動しないわけがありません。

古き良き昭和のメロディーで心がワクワクしてしまいます。

昭和のあの頃の甘酸っぱくて、切ないメロディーに乾いた心がジュンワリと浸されます。

疲れた時には聖子ちゃんのコンサートへ行くと元気になれますよ。

最近ではX-JAPANのYOSHIKI作曲の「薔薇のように咲いて 桜のように散って」を発表しました。

懐メロにならずに、しっかりと今の松田聖子を表現しようとしているのも魅力ですね。

昔の曲だけを歌うのではなく、

今の曲を歌うことで、「今を懸命に生きる」というメッセージを送っているのかも知れません。

YOSHIKI作曲の「薔薇のように咲いて 桜のように散って」PV