いいねして最新情報を受け取ろう!
引退前に絶対に聞きたい!安室奈美恵の曲ランキング

2017年10月12日更新

チューリップ45周年メモリアルコンサート情報詳細!財津和夫の体調は?

チューリップのコンサート「TULIP 45th Memorial Tour“it remembers”」に関する情報と、心配される財津和夫の現在の状況について整理しました。

チューリップとは

1971年に結成。幾度かのメンバーチェンジを行っていますが、当初のメンバーは、財津和夫(ボーカル、ギター、キーボード)、姫野達也(ボーカル、ギター、キーボード)、安部俊幸(ギター)、上田雅利(ドラムス)、吉田彰(ベース)の5人で構成されていました。日本ライト・ミュージック・コンテスト(フォーク部門)に出場、地元福岡でのライブ人気を博し、1972年に上京しました。

「心の旅」でヒットを記録

シングルアルバム「魔法の黄色い靴」でデビューし、3作目のシングル「心の旅」がオリコンチャート1位を獲得するヒットを記録。「銀の指輪」「青春の影」「サボテンの花」「虹とスニーカーの頃」など、数々のヒット作を連発しました。それまでのフォークや歌謡曲、ロックとも違う「和製ポップス」「ニューミュージック」と呼ばれる音楽ジャンルを確立した立役者としても知られています。

1989年にいったん解散

デビューから18年の間に発表した日本のポップスの歴史に残るアルバム35枚、シングル34枚、そして「ライブ・アクト」と呼ばれる伝説的な4回の野外ライブを含む1244回におよぶコンサートを行っています。その後グループはいったん解散し、財津和夫はソロ活動に入りました。

ソロデビュー後の活動

財津和夫のソロ活動においては、1979年に発表した「Wake Up」がセイコーのCM曲として大ヒットし、オリコン週間ランキング3位を獲得。また松田聖子、木之内みどり、藤井フミヤなどへの楽曲提供でも活躍し、特に松田聖子の「チェリーブラッサム」「白いパラソル」はオリコンチャート1位となって松田聖子の人気を決定づける大きな原動力となりました。

1997年に期間限定で再結成

デビュー25周年にあたる1997年に再結成。彼らはビートルズへの敬意からあえて武道館での公演は行ってこなかったのですが、この時にはマジカル・ミステリー・ツアーにちなんだ「Magical History Tour」と銘打った初の武道館公演も敢行しました。メンバーは財津和夫、姫野達也、安部俊幸、上田雅利、宮城伸一郎の5人。その後、2000年、2002年、2005年、2007年、2012年にも全国ツアーを行い、往年のファンから熱い支持を受けています。

2016年9月 TULIP 45th Memorial Tour "it remembers"がスタート

デビュー45周年にあたる2016年9月に全国ツアーを再開。ツアータイトルにもあるように、このツアーは2014年に亡くなったギタリスト安部俊幸への追悼の想いをこめたものでした。安部俊幸はギブソンのセミアコギター335を愛用していたことからメンバーからも「Mr.335」と呼ばれ、慕われていたそうです。当時はインドに居住しており、脳出血のため64歳で亡くなりました。

いつまでも色あせない楽曲の理由は?

チューリップのメンバーは、結成当初から「時代や流行に関係なく、メロディを大事にし、何年も聴いてもらえる曲を作ろう」と意思統一を図ったそうで、それが息の長い活動を続け、いつまでも古くさくならないフレッシュなサウンドを保ち続ける秘訣だといえそうです。

45周年メモリアルツアーは大成功

2016年9月10日の川口総合文化センター・リリア メインホールを皮切りに、9月17日オリンパスホール八王子、9月24日大阪フェスティバルホール、10月2日群馬県ベイシア文化ホール、10月8日栃木県総合文化センター、10月15日山梨県コラニー文化ホール、10月21日神奈川県民ホール、10月29日ロームシアター京都メインホール・・・と順調に全国ツアーをこなしていきました。

ファンからのコメント

ファンからは、「1曲増えたアンコール曲に泣きそう」「名曲はやっぱりいい。聴く度にいろんな思い出がよみがえる」「母の影響で幼い頃から聴いていて、今では好きな曲がありすぎて数えきれない」など賞賛の声が寄せられ、世代を越えて愛されるチューリップならではのサウンドに多くのファンが魅了されていることがわかります。

ラスト4公演が中止に

しかし、年が明けた2017年5月14日北海道のニトリ文化ホールを最後に以下の4公演が中止となりました。その理由は財津和夫の体調不良によるものです。

<公演中止のお知らせ>

6月25日(日)名古屋国際会議場センチュリーホール

6月28日(水)大阪・フェスティバルホール

7月 7日(金)東京・Bunkamuraオーチャードホール

7月22日(土)福岡サンパレス ホテル&ホール

出典: http://www.zaitsukazuo.com/tulip45/index.html

公式ページの発表によればメンバーの財津和夫が体調不良を訴え、当初「腸閉塞」との診断を受けたのですが、精密検査の結果、「大腸癌(下行結腸癌)」ということがわかったようです。これでは公演の中止もやむをえませんね。

現在の財津和夫の体調は?

手術を終えた財津和夫は順調に回復しているようで、2017年6月2日付で、ファンに向けて公式ページよりメッセージを発表しています。

まとめ

和製ポップスの先駆者であり、親子2世代にわたってファンを魅了し続けるチューリップ。2017年のコンサートは残念ながら途中で中止となりましたが、また来年以降のツアー発表のニュースを楽しみに待ちましょう。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

ギター好きのアマチュアミュージシャンです。ジャズ、ボサノバ、ロック、POPsなどについてご紹介します。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索