ギターアルペジオって?

「アルペジオ」とはギターの奏法の一つで、複数の音からなる和音(コード)を一音ずつバラして弾く方法になります。また、「分散和音」や「ブロークン・コード」とも呼ばれることがあります。

和音(コード)をジャカジャカ弾く「コード奏法」とは異なり、アルペジオではギターの弦を一本一本弾くため、バラードなどしっとりとしたメロディーにぴったりの演奏方法と言えます。

アルペジオでの演奏には、指で弾くことはもちろんのこと、ピックで弾くこともあります。

アルペジオで弾く、そのパターンとは?

もし、あなたがギターを既に弾きこなしている方にアルペジオ奏法について尋ねたなら、「曲の雰囲気に合わせて弦を弾けばいい」と言われるかもしれません。

そこで、実際にギターを手に取ってみたけれど、曲の雰囲気に合わせてと言われても、結局のところ、どの指をどう動かしていいのか悩んでしまうかもしれません。そんなギター初心者が、アルペジオを始めるのに役立つ方法の一つが「パターン化」です。

アルペジオで指の「配置」をパターン化

まずは、一般的な4本の指を使った4フィンガー・アルペジオ奏法について覚えるといいでしょう。

右手の親指をベース音(4~6弦)に、人差し指は3弦に、中指は2弦、そして薬指は1弦に、というように、それぞれの指ごとに弦に対する配置をパターン化します。このようにパターン化した上でアルペジオの練習を重ねると、指が迷うことなく滑らかに動いてくれます。

アルペジオで指の「動き」をパターン化

アルペジオで弾く指の配置が決まったら、つぎに考えたいのはそれらの指をどの順番で動かすか、というポイントですね。

もちろん、アルペジオ奏法で分解した和音(コード)をどの順番で弾いていくかに決まりはありません。そこが「曲の雰囲気の合わせて」ということなのですが、基本的な考え方としてポイントをいくつか取り上げてみましょう。

まず、ベース音から弾き始めてみましょう。 ベース音とはコード表の一番低い音のことですが、コード別に見てみると、Eコード・Fコード・Gコードでは6弦、Cコード・Aコード・Bコードでは5弦、そしてDコードでは4弦から弾くことになります。

また、和音(コード)の中で1番の高音にあたる音を2拍裏や3拍目の頭に持ってきます。 イメージとしては、ベース音~3弦~2弦~3弦~1弦となります。 加えて、注意したいのが同じ音を連続で弾かないことと、決めたパターンを繰り返すということです。

こうしたポイントを押さえたパターンを弦ごとに数字だけで表わすと、「63231323」、「53231323」、「43231323」となります。これらは、王道パターンとして取り上げられることが多いアルペジオです。

まずは、こういったパターンに慣れていくといいでしょう。ですが、アルペジオで固定パターンはありませんから、慣れていく中で自分が綺麗に聞こえる弾き方やリズムを考えるのも楽しみの一つになるでしょう。

アルペジオだけでギターが弾ける曲って?

ここまでで、ギターアルペジオの基本ポイントについて見てきました。 では、ここではアルペジオの雰囲気を楽しむことのできる曲をいくつかご紹介していきましょう。

福山雅治・桜坂

ギターアルペジオの初心者にも人気の曲の一つが、福山雅治の「桜坂」になります。 この曲では、同じ和音(コード)が続いているのが特徴で、コードチェンジが少ない分、しっかりと練習すればしっとりとしたバラードの曲の雰囲気を楽しむことができます。

尾崎豊・I LOVE YOU

バラード名曲として今でも人気なのが、尾崎豊の「I LOVE YOU」です。 この曲も複雑なコード運びではないため、アルペジオ奏法だけでなくストローク奏法での練習にもおすすめできます。

miwa・ヒカリヘ

ドラマ「リッチマン・プアウーマン」の主題歌としても話題になった、miwaの「ヒカリへ」もギター弾き語りに人気の曲と言えます。 ギターアルペジオの初心者にとっても、取り組みやすい曲としておすすめできます。