2番には「もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」という言葉の裏にある本心が書かれている?

2人で出せなかった
答えは今度出会える
君の知らない誰かと
見つけてみせるから

本当に本当に
君が大好きだったから
もう恋なんてしないなんて
言わないよ絶対

出典: もう恋なんてしない/作詞:槇原敬之 作曲:槇原敬之

上にある2番の歌詞で、「本当に本当に君が大好きだったから」のあとに「もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」となっています。

ここへきて、とても前向きになって徐々に立ち直ってくる気配がしてきましたね。

そして、さらにその前の歌詞で「二人で出せなかった答えは今度であえる君の知らない誰かと見つけてみせるから」と別れたさみしさから立ち直り、次の恋へと気持ちを切り替えています

この2番の歌詞だけ見ると、「君が大好きだった。君との恋がとても素敵だったから、またこんな恋をしてみたい」、「今度はきっとうまくいくようにしたいな」という意味が込められているように感じます。

喪失感で落ち込んでいる1番の歌詞より、何だかとても前向きになった様子が感じ取れましたね。 

1番と2番の歌詞の間には実は、多少の時間経過がある?

もし君に1つだけ強がりを言えるのなら
もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対

出典: もう恋なんてしない/作詞:槇原敬之 作曲:槇原敬之

この曲の1番の歌詞では、「もし君に1つだけ強がりを言えるのなら」という君が去ってとてもつらいという歌詞があります。

その後、「もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」と別れた君へ向けられた未練や愛情が感じられる歌詞があります。

そして2番では、「本当に本当に君が大好きだったから」という相手への深い愛情があらわれているんですよね。

素敵な恋を今度は失敗しないように別の誰かとまたしたい ということで、1番から2番へは時間の経過と共に気持ちの変化も描かれています。

時間をかけて失恋から立ち直り、気持ちが整理されて前むきになったのだということが歌詞から読み取れます。

どれぐらいの時間経過かは具体的にはわかりませんが、1つの恋と真剣に向き合う様子に好感が持てますね。そして、きちんと別れた後も終わった恋を肯定的にとらえられています。

複雑だけれど文法は間違っていない!?

ここまで「もう恋なんてしない」の文法を中心にみてきましたが、普通の文章ではなく一風変わった文章の配置になっていたり、構成が他と違っているだけで、文法としてはおかしいところはなかったように感じました。

むしろ、この文法で普通とは違う文の配置だからこそ、伝わるものがあるのかもしれません。

ちょっとした言い回しや言葉の配置で、美しく聞こえたり気持ちが伝わりやすくなるなんて不思議ですよね。

まとめ

「もう恋なんてしない」の歌詞の文法を中心にここまでご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

多少ややこしい文法の説明などもありましたが、この歌詞にはこの文法だからこそ、効果的に槇原さんがこの歌詞に込めたかった気持ちがより深く伝わる効果があったように感じます。

そして、1番と2番の間には少し君への想いの変化があり、1番は失恋の喪失感から立ち直れていない、未練がある様子が描かれていて2番は立ち直り前向きになって次に進む様子が描かれています。

だからこそ、この曲は失恋から立ち直りたい人に聞いてもらいたい曲といえます。