安室奈美恵さんの「TSUKI」が映画『抱きしめたい-真実の物語-』主題歌に決定

(特典ポスターなし) TSUKI (CD+DVD)
安室奈美恵
Dimension Point

映画のために書き下ろされたバラード曲

安室奈美恵さんの41枚目のシングル「TSUKI」が2014年2月1日に全国の東宝系で公開された映画『抱きしめたい-真実の物語-』の主題歌となりました。

この映画のために書き下ろされた曲は、切なく美しいメロディーと安室さんの優しい歌声が、夜空に浮かぶ月を連想させてくれます。大切な人の人生を月のようにさりげなく見守る思いを歌った、安室さんを代表するバラードです。

北海道に実在する男女の奇跡を描いた映画

女優の北川景子さんと俳優の錦戸亮さんが初共演

『抱きしめたい-真実の物語-』は、北海道の網走市に実在する男女の奇跡的な実話を基にしたラブストーリーです。

若くして交通事故にあってしまい、記憶障害の後遺症と車椅子生活を送りながらも、人生を前向きに楽しむ女性”つかさ”と、ごく普通のタクシードライバーの男性”雅己”の恋愛物語です。

周囲の反対を押し切り、結婚をして幸せな家庭を作るために奮闘する様子や、子供を授かった二人を待ち受けていた過酷な運命に立ち向かう様子など、あたたかくも切ないストーリーになっています。

主演の北川景子さん、錦戸亮さんの他にも、上地雄輔さん、平山あやさん、佐藤江梨子さんなど豪華なメンバーが集結しています。

「TSUKI」の歌詞を紐解く

Ballada (AL+DVD) (特典ポスターなし)
安室奈美恵
Dimension Point

サビは離れている恋人を優しく強く思う気持ちを表現

どんなに離れてても
抱きしめられなくても
その胸に光ともしたい
変わらぬ愛をくれた
果てしない優しさを
今日もそっとそっと照らすから

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-140122-292

サビでは、離れ離れになってしまった恋人同士がお互いを思いやるやさしさが表現されています。

「変わらぬ愛をくれた果てしない優しさを」とは、後遺症で苦しむ自分を丸ごと受け入れた”雅己”に対する”つかさ”の気持ちが歌われているようで、映画の主人公たちの気持ちが見事に歌い上げられています。

映画の最後に”つかさ”は天国に行ってしまいますが、この歌詞はまるで、空の上から”雅己”と子供を優しく見守っている”つかさ”のセリフのようです。

「今日もそっとそっと照らすから」とは好きな人が悩んだり立ち止まったりして暗闇にいる時にそっと道を照らし出すような優しさが歌われていると感じます。

見上げた空の上に 流れる風の中に
いつも幸せあふれるよう
変わらぬ愛をくれた
果てしない優しさを
今日もそっとそっと照らすから

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-140122-292

2番のサビでも「空の上」「風の中」など普段の生活すべての中で「いつも幸せあふれるよう」に願う”つかさ”の気持ちが歌われています。

いつでも見守っているよ、というメッセージにも聞こえますよね。

Aメロでは離れている恋人に優しく話しかけるような歌詞

どこかでこの月を見上げてるの?
少しさみしそうな顔で
ささいな出来事にふと胸が痛んでも
あなたらしく笑っていて

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-140122-292

「どこかでこの月を見上げているの?」とはまるで”つかさ”が”雅己”に話しかけているようにも感じますね。

離れていたとしても、毎日同じ月を眺めていたい、月を眺めている同じ時間を共有したいという切ない思いが歌われています。

今夜もこの月を見上げてるの?
あたたかくて静かな目で
出来れば大切と思えるような人と
あなたらしく笑っていて

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-140122-292

2番のAメロでも、”つかさ”が話しかけるような歌詞です。

「出来れば大切な人と笑っていて」とは、もう自分は一緒にいれないけれど、幸せに暮らしてほしいという、愛情が込められていますよね。