まずはメトロノームでテンポ60に設定し

それに合わせ、口でカウントをする。


(ワン・エン・ツー・エン・スリー・エン・フォー・エン)

そのカウントに合わせて、足踏み。


ワンで右足
ツーで両足
スリーで右足
フォーで両足

を繰り返してください。


エンで足をあげる形になります。


慣れて来たら徐々にテンポを上げていきましょう。


ここまではクリック以外先程と同じですね。

手の鍛錬

足の鍛錬と同じようにカウントに合わせて膝を叩く。


ワンで右手、エンで右手
ツーで両手、エンで右手
スリーで右手、エンで右手
フォーで両手、エンで右手

と言う手順で行いましょう。


慣れて来たら徐々テンポを上げてください。

手と足の鍛錬

先程の手の鍛錬と足の鍛錬を組み合わせましょう。


難しいかと思いますがゆっくり落ち着いてやれば出来ます。


ワンで右手足、エンで右手
ツーで全体、エンで右手
スリーで右手足、エンで右手
フォーで全体、エンで右手

と言う手順です。

出来ましたか?

これができれば次のステップに移りましょう。


出来ない方はもう一度ゆっくり落ち着いて挑戦しましょう。


今はできなくてもやっていくうちにコツがわかり始めます。

脱初心者ドラマーに向けての練習方法!

お待たせいたしました。


さぁいよいよ次のステップに移りましょう。


練習するにあたって基本知識を覚えましょう。

スティックの握り方

スティックにも握り方があります。


人それぞれですが基本は

マッチドグリップ…最もよく使われているのがこの持ち方。パワーが出しやすく初心者にもおすすめ。

レギュラーグリップ…マーチングバンドで見る持ち方。コントロールがしやすいのでジャズドラマーにも人気。

があります。レギュラーは滅多に使わないので

マッチドグリップは覚えましょう。


今回は練習方法ですので持ち方は深くは教えません。

ストローク

みなさんストロークというものはご存知でしょうか?

ストロークとは一般的にスティックを振る事を指します。


ドラムには

シングルストローク…基本のストローク。1回の振りで1度だけ叩く事。

ダブルストローク…1度の振りで2度叩くストローク。

が基本となり

次に叩く際に重要なストローク4種類