「元気が出る曲」の定番

ロックの王道サウンド

【HOUND DOG/ff(フォルティシモ )】歌詞解釈!愛がすべてさ!と言い切る強さが胸を打つ!!の画像

HOUND DOGの10thシングル「ff(フォルティシモ)」

1985年にリリースされたこの曲は、HOUND DOGを一躍トップアーティストに押し上げました。

高らかに響くイントロのシンセブラスは、ヴァン・ヘイレンの「JUMP」を彷彿とさせるアレンジ。

まさしく、音楽の演奏記号である「フォルティシモ(最も強く)」そのものです。

HOUND DOGを代表するのはもちろん、世代を超えて親しまれているこの曲。

「元気が出る曲」の定番に挙げられる、パワフルなロックナンバーとして知られています。

イントロから拳を突き上げたくなるようなサウンドは、まさにロックの王道を感じさせるもの。

Aメロ、Bメロ、サビと進むにつれて盛り上がる、堂々としたメロディー。

ストレートな歌詞に込められた熱いメッセージも、聴く人の心を高揚させます。

そして、何よりも心に響くのは、大友康平の個性的なロックボーカル。

バラードを歌わせても一流の資質を持ち合わせています。

たくましさの中に、温かさを感じさせる歌い回しが「元気」を与えてくれるのです。

1988年の日本武道館のステージ。MCの終わりとともに始まる「ff(フォルティシモ)」のイントロは鳥肌モノ。ユーモアあふれるMCの面白さも、大友康平の魅力です。

ほとばしる情熱

夢をあきらめるな

おまえの涙も
俺を止められない
いまさら失う
ものなど何も無い

言葉にならない
熱い胸のたぎり
拳を固めろ
叩きのめされても

激しくたかぶる
夢をあきらめるな
あふれる思いを
あきらめはしない

出典: ff(フォルティシモ)/作詞: 松尾由記夫 作曲:蓑輪単志

「夢をあきらめるな」という熱いメッセージが込められた歌詞

しかし、大友康平が書いた当初の歌詞は、全く違ったものだったといいます。

本人によると、その内容は別れた女性にもう一度アタックするというストーリー。

シングル化に当たり、事務所が求めたのは、さらに強いインパクトの歌詞でした。

売れっ子作詞家の松尾由記夫の手で、改めて書き上げられた曲が「ff(フォルティシモ)」。

Aメロ、Bメロでは、夢をあきらめられない「俺」の衝動がつづられています。

それは、愛する女性の涙でさえも止められないほどの強さ。

追いかける夢と引き換えに、大切に育んできた愛さえも振り払う。

そんな切なさ、痛みも感じ取れる歌詞です。

消えていなかった思い

遠くに離れて
いてもわかりあえる
わずかなぬくもり
わかちあったように

おまえの涙を
ふりかえりはしない
すべての祈りが
かなえられるまで

出典: ff(フォルティシモ)/作詞:松尾由記夫 作曲:蓑輪単志

2番へと移った歌詞は、新たなストーリーを展開します。

離れ離れになった2人。

夢をかなえようと決めた「俺」は、どこか遠くに旅立ってしまったのでしょう。

一方、「わかりあえる」という現在形の言葉から、愛する女性を思う気持ちは消えていないことも分かります。

彼女が流した涙を、決して振り返ったりはしない。

しかし、それは夢をかなえるまでのこと。

つまり、彼女への愛は消えていない、という含みを持つ歌詞です。

愛する人のために

もう1つのメッセージ

愛がすべてさ
いまこそ誓うよ
愛をこめて
強く強く

出典: ff(フォルティシモ)/作詞:松尾由記夫 作曲:蓑輪単志

そして、サビの歌詞には、有名な「愛がすべてさ」というフレーズが。

夢をかなえようと奮い立つ目的、原動力。

歌詞に書かれているのは、地位のためでも名声のためでもありません。

愛する人への強い思いだったのです。

まさに、ロックで歌うにふさわしい骨太なラブソング

例えば、進学や就職。

サラリーマンにとっては、家族を残しての単身赴任も当てはまるでしょう。

夢をかなえるため、愛する人と離れ離れにならざるを得ない局面は、身近なところにあるものです。

この曲に込められているのは、「夢をあきらめるな」というメッセージだけではありません。

もう1つの大切なメッセージ。

それは「愛がすべてさ」という、簡潔にして要を得た言葉に凝縮されています。

夢をかなえるために必要なのは愛。

愛を貫くために必要なのは夢。

すべては愛する人のため。

「愛がすべてさ」と言い切る強さは、そんな大切なことを教えてくれるのです。

誰もが秘めている強さ