平井堅のノンフィクション、歌詞が意味深すぎる。。。

2018年04月16日更新

くるり「東京」は聴く人の出身地によって解釈も変わってくる不思議な曲。気になる歌詞を徹底解剖!!

くるりの「東京」はあの天才プロデューサーが認めたギターロックのお手本の名曲。東京へ上京したら誰でも感じるあの感情を歌っています。あなたの出身地はどこですか?「東京」を聴いてみるとあなただけの感情が湧き上がってきますよ♪

くるりの「東京」ってどんな曲?

PVはこれ♪

くるり「東京」公式PV ショートバージョンなので最後まで聞けません。(涙)

くるりの「東京」は1998年10月21日に発売されました。このシングルはくるりにとって1枚目の記念すべきシングルです。ファーストアルバムの「さよならストレンジャー」の6曲目に入っています。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC_(%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%9B%B2)

このファーストアルバム楽曲は故佐久間正英さんによってプロデュースされた「くるり」の代表曲です。ファンによる投票でも絶対にTOP10に入る名曲中の名曲です。

ギターロックのお手本

センチメンタルなギターのイントロでぐっと心を鷲掴みにされ、その後ドラムベースが演奏に合わさってくると鳥肌が立ちます。今聞いても古くささは微塵もなく、色褪せない名曲ですね。心に沁みるということが実感できる楽曲


東京と言う名前が付く曲はたくさんありますがTOP10に入るレベルだと思います。シンプルなサウンドと歌。日本語のギターロックのお手本のような曲だと思います。懐かしさ・寂しさ・切なさ こんな感情が味わえる曲ですね。

天才プロデューサーが認めた曲

日本の名プロデューサーである故佐久間正英さんが自分自身で「東京」を「ベストワーク」と認めています。これがどれだけすごいのかわかりますか? 


佐久間正英さんは「THE BLUE HEARTS」「BOOWY」「エレファントカシマシ」「ラルクアンシエル」「GLAY」「JUDY AND MARY」「氷室京介」など日本を代表するアーティストをプロデュースしてきました。こんな天才プロデューサーが認めたプロデュース曲なら聞きたくなりますよね?

東京を書いた時の残高500円

くるりの「東京」って、所持金と口座の残高合わせて500円くらいの時に、足立区の綾瀬で書いた曲なんよ。遠く離れた恋人のことがどうでも良くなったような気持ちになって、すごく不安になったけど、なんだか東京の夜風がそよそよと心を吹き抜けて行ってくれた時、とてもいい気分になって書いた歌。

出典: https://twitter.com/Kishida_Qrl/status/473147524820119552

「東京」を作詞作曲したくるりの岸田繁さんはこの「東京」を作った時に所持金残高が500円だったようです(涙)その追い詰められた気持ちも曲の中に込められているのではないでしょうか。でも、ほんと全財産500円ってやばいですよね。

くるり「東京」 歌詞を徹底解剖!

実際の歌詞を見ていきましょう♪

とてもシンプルな歌詞ですがこころに沁み渡ります。

東京の街に出て来ました
あい変わらずわけの解らない事言ってます
恥ずかしい事ないように見えますか
駅でたまに昔の君が懐かしくなります

出典: 東京/作詞:岸田繁 作曲:岸田繁

地方から上京したのでしょうか。東京の街に初めてやってきました。周りから見ると地方出身者かどうかと言う事は分かりません。東京の地理がわからなかったり、電車の乗り方にも寄ったり、そういう恥ずかしいことがたくさんありました。


でも外見でぱっと見では分からないですよね。地方出身者の恥ずかしい気持ちが描かれているようです。


そして地方にいた時に付き合っていた彼女でしょうか。その地方での安心した思い出とともに彼女のことを思い出しているのではないでしょうか。東京に出てきたときの不安の気持ちが感じられますよね。

雨に降られて彼等は風邪をひきました
あい変わらず僕はなんとか大丈夫です
よく休んだらきっと良くなるでしょう
今夜ちょっと君に電話しようと思った

出典: 東京/作詞:岸田繁 作曲:岸田繁

この「彼ら」は誰なんでしょうか。この「彼ら」はいろいろ想像できますね。故郷の両親かも知れませんし、故郷の友達かも知れません。その彼らに比べては大丈夫と宣言しています。しかし、この大丈夫は少し強がっている気持ちも入っているのではないでしょうか。


「彼ら」の風邪を気にしつつ、それにつられて寂しくなった僕も君(故郷の遠距離恋愛の彼女)に電話しようと思ってしまうと言う歌詞ではないでしょうか。この切ない気持ちを、不安な気持ちを君の声で埋めようとしているのではないでしょうか。

君がいない事 君と上手く話せない事
君が素敵だった事 忘れてしまった事

出典: 東京/作詞:岸田繁 作曲:岸田繁

君(故郷の遠距離恋愛の彼女)が今ここにないことの不安と寂しさ。君とうまく話せなかった思い出が浮かんで来ているのではないでしょうか。


もしくは君に電話をかけたけど何か話が続かなくて気まずい雰囲気に切なさを感じたのかもしれません。君が素敵だったことを思い出しています。


今は離れてその思い出だけが僕を支えている。そして君から遠く離れてしまったことで忘れたこと。君の笑顔や君のしぐさや君のイントネーションや君の香り。


あの時は絶対に忘れないと実感していたのに離れてしまったら少しずつ記憶が薄れていく切なさ。こんな感情を歌っているのではないでしょうか。

話は変わって今年の夏は暑くなさそう
あい変わらず季節に敏感にいたい
早く急がなきゃ飲み物を買いにゆく
ついでにちょっと君にまた電話したくなった

出典: 東京/作詞:岸田繁 作曲:岸田繁

この「季節に敏感にいたい」と言う部分は出身地と東京の季節の違いを感じ、自分の生まれ故郷のことを忘れないようにしようと言う気持ちを込めているのではないでしょうか。


「早く急がなきゃ」と言う部分は東京で周りに流され満員電車の中でストレスを感じながらも懸命に生きている状況を表しているのではないでしょうか。


そんなストレスまみれの東京で傷ついて苦しくなって切なくなって、気分が落ちるとまた君に電話したくなる気持ちを表現しているのではないでしょうか。


君の声を聞くことでまた東京でがんばっていけるのです。

君がいるかな 君と上手く話せるかな
まぁいいか
でもすごくつらくなるんだろうな
君が素敵だった事 ちょっと思い出してみようかな

出典: 東京/作詞:岸田繁 作曲:岸田繁

この「君がいるかな」という部分は君が電話に出るかどうか不安の気持ちでしょうか。


話す前にうまく話せるかどうか心配なんですね。「まあいいか」と開き直ってみたものの、やっぱりうまく話せないと気持ちが辛くなるだろうなと再び不安に陥っています。この気持ちわかりますよね。


希望が湧き上がったり、不安に押しつぶされそうになったり、その2つの感情が出ては消え出ては消え。切ない気持ちを表現しているのかも知れません。


そして君の声を聞こうかどうか迷っているうちに電話をかけるのが怖くなって、君の姿を必死に思い浮かべて不安を打ち消そうとしているのではないでしょうか。切ないですね。

くるりの「東京」とは

東京での希望と不安を歌った名曲だと思います。


東京に出てきて、未来へ歩き出したワクワクする希望と、故郷から離れ自分が生まれ育った地元をだんだん忘れてゆく切なさ、この2つの気持ちの揺れを見事に具現化した曲ではないでしょうか。


希望と不安という2つの葛藤を描いていますね。

くるり「東京」は聞く人の出身地で解釈が変わる!?

東京への距離が違う

地方出身者といっても様々です。関東近辺なら東京へは2,3時間あれば到着してしまう近い距離です。


しかし東京から離れるにつれて距離が長くなり時間もかかります。東京から離れれば離れるほど、東京で過ごす生活に対して不安が大きくなるのではないでしょうか。


東京の隣の神奈川県の横浜だったら1時間ですぐに地元へ帰れまます。


しかし宮崎県だったらどうでしょうか。飛行機で飛べばすぐに着きますが、お金もたくさんかかりまし、飛行場からも地元の町へ帰るのに時間がかかることでしょう。


そうなると同じ「東京」と言う単語でも人それぞれの地方出身者によって感じ方が違うのが分かります。


希望や不安の度合いが全く違うのでくるりの「東京」の感じ方、解釈も全く違うものになってしまうんですね。

くるり 「東京」はミュージックステーション( mステ)で披露された!

テレビでくるり♪

2016年9月8日(金)ミュージックステーション(Mステ)で「くるり」は「東京」を演奏しました。


「くるり」はテレビにはなかなか出演しないのでツイッターでも話題になりました♪ 加えて、「くるり」のオリジナルメンバーが一夜限りで再結成されたのも注目を集めました。


「くるり」ってメンバーチェンジが激しいので有名です。

オールタイムベスト『くるりの20回転』

「くるり」入門はこれ♪

東京で心を刺された方は「くるり」のベスト盤がお勧めです。方向性の違うアルバムからピックアップされていてバラエティーに富んでいます♪ 


「ばらの花」「ロックンロール」「ワンダーフォーゲル」「Baby I Love You」「BIRTHDAY」「春風」「奇跡」


などのキラキラと永久に輝く名曲ぞろいです!ギターロックの枠にとらわれないバンドですのでどんな方も楽しめますよ♪ 切なさと温かさに共感したいなら「くるり」です。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

様々ジャンルの音楽が大好きですので、読者の方の「新しい音楽の世界」を広げられるような記事を書いていきたいと思います。演歌からポップスまでご紹介していきますので、ぜひ今まで聴いたことのない新しいジャンルに挑戦してくださいね。

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索