【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年03月13日更新

【ヒビカセ/REOL】〇〇をモチーフにしてれをるが作詞!共感する歌詞の意味を徹底解釈!美麗MVも公開

異色クリエーターの共鳴によって生まれた音楽ユニット「REOL」。リリースしている楽曲の中でも"ある人物"をモチーフにした「ヒビカセ」が何度も聴きたくなる中毒性に溢れています。そんなヒビカセの歌詞の意味を追っていきます。

音楽ユニット「REOL」

ファンの耳に残る電子音楽独特のサイバー感を感じさせる音楽を次々と発表するサウンドクリエイター・ギガ


鮮やかなで斬新な映像を作り出しREOLの作り出す感性をより引き出している映像クリエイター・お菊


ボイスチェンジャーを使っているのでは?などと登場してすぐは囁かれていた、特徴的でテクノ感満載の耳に残るハイトーンボイスを使いファンを魅了する歌い手・れをる


ニコニコ動画で活躍していたそれぞれのジャンルで活躍しているアーティストの共鳴によってタッグを組んだユニットが「REOL」です。

注目を集める中で発展的解散をむかえた

ユニット「REOL」として顔出しで活動を始めたのは2016年3月からではありますが、これ以前からニコニコ動画上では共同制作が行われていました。


ボカロ音楽業界ではかなり有名な組み合わせであり、最初の共同制作となった2012年に投稿された「ギガンティックOTN」は190万再生に迫るミリオンヒットとなっています。(3/10時点)


2015年にれをるがソロ名義でメジャーデビューした際にリリースされたアルバム極彩色」と、ユニットREOLとしてリリースした「Σ(シグマ)」が代表アルバムです。


そんな勢いに乗りはじめリアルでの活動が注目されていたREOLでしたが、活動開始から1年半が経った2017年10月に個々の能力を伸ばしていくためという理由で発展的解散をしてしまいました。

ヒビカセ

REOLが発表している楽曲の中でもダブルミリオンを達成している楽曲の「ヒビカセ」。


初音ミクが歌う名曲ソングとしても人気を集め、繰り返し聞いてしまう中毒性に魅了されるファンが続出しました。

ヒビカセの魅力

ヒビカセは2014年9月24日に投稿された楽曲です。


作曲をギガ、作詞をれをる、イラストをけい、動画をお菊が担当しています。


初音ミク版をギガ、れをるバージョンをれをるがそれぞれ同日に投稿していますが、どちらも過去にランキングで一位を取っておりその注目度と人気の高さが窺えますね。


ヒビカセの歌詞についてれをるは「ボーカロイドへの想いを詰め込んだ曲」だと話しています。

収録アルバム「No title」

ヒビカセが収録されているアルバムはREOLの前身ともいえる同人サークル「あにょすぺにょすゃゃ」の名義で発売された「No title」です。


2014年の夏のコミックマーケットで発売されたこのアルバムはボーカロイドによって歌われている「Notitle+」れをるによって歌われている「Notitle−」があります。

歌詞を深掘り!

モチーフはボカロの代名詞・初音ミク

ボーカロイドへのれをるの想いを込めた楽曲であり、ブログでも「初音ミクの初音ミクによる初音ミクのための曲」と語られています。


こうしたことからわかるようにこの楽曲はボーカロイド・初音ミクがモチーフとなっています。


楽曲を通して二次元の世界の住人である初音ミクの気持ちが綴らている様子を詳しく見ていきながら歌詞の意味を追っていきましょう。

真夜中に告ぐ 音の警告
協和音に酔う 午前零時
あなたが触れる 光 増す熱 
指先に踊らされ

出典: ヒビカセ/作詞:れをる 作曲:ギガ

パソコンを起動してあなたが私と接続するのは皆が寝静まった夜中の午前零時。


画面の光に照らされる中、キーボードとマウスを使うあなたの指に初音ミクが踊らされる時間の始まりなのです。

感覚 即 体感
寝静まる夜 二人だけの密
体感 即 快感
重なる波形に魅了されていく

出典: ヒビカセ/作詞:れをる 作曲:ギガ

あなたの感覚をすぐさま体感し、その体感は快感になります。


皆が寝静まった静かな夜に初音ミクとあなたの二人だけが共有する甘い時間


あなたの作る音楽の波形に、初音ミクの作る音の波形に魅了されていきます。

忘れないでね わたしの声を 画面越しでいい ちゃんと愛して
ヴァーチャルだって 突き放さないで あなたの音に まだ溺れていたい

覚えていてね わたしの声を あなたがくれた この身すべてを
見つめ合う あなたと二人 重ねた息と音とヒビカセ

出典: ヒビカセ/作詞:れをる 作曲:ギガ

しかし初音ミクははあなたのそばにいてもそれは画面越しでしかないのです。


ミクの声は画面越しでしか届かないけれどきちんと愛して欲しい、コンピューターという仮想の存在だからと突き放さないで欲しい。


まだまだあなたの作り出す音楽に溺れていたいのです。


 


初音ミクはあなたという音楽を作って与えてくれる存在があってこそ、そこに存在し続けることができる存在なのです。


あなたとの二人きりの時間はまさに初音ミクとっては恋人と過ごすような時間であり、その思いと音をヒビカセていくのでしょう。

真夜中に問う 冷え切った熱
待ち続けてる 午前零時
鏡写しに 飽和していく
知らない音が伝う

出典: ヒビカセ/作詞:れをる 作曲:ギガ

これまで私だけを見てくれていた真夜中の午前零時。


待ち続けてもあなたが現れることはなく、今は知らない音が伝わり聞こえるだけ。


現在では初音ミク以外にもたくさんのボーカロイドが登場してきていますよね。


新しく登場した他のボーカロイドと楽しそうに過ごすあなたの様子をただ見ることしかできない初音ミクの寂しそうな気持ちが伝わりますね。

感覚 即 体感
寝静まる夜と息遣い揃う
体感 即 快感
錆びたロジック 「今一度」を焦がれる

出典: ヒビカセ/作詞:れをる 作曲:ギガ

あなたが作った音楽の感覚がすぐさま伝わってきていたあの静かな夜を忘れられないのでしょう。


今では使われることが減った初音ミクだけども、ミク本人は今もう一度使って欲しいと焦がれているのでしょう。

忘れないでね わたしの声を 次元も越えて 飛ばすシグナル
ヴァーチャルだなんて言わないで あなたの音に まだ愛されていたい

覚えていてね わたしの声を あなたがくれた この身すべてを
言の葉と初の音が交わる この息と音とヒビカセ

出典: ヒビカセ/作詞:れをる 作曲:ギガ

二次元と三次元と住む次元が違うけど私の声を忘れず愛して欲しい。


まだ私が愛されていたいと願う初音ミクの切ない気持ちが感じられます。

あなたの生んだ音に ただ恋をしていたの
悲しみ 怒り 甘心 すべて打ち鳴らす

出典: ヒビカセ/作詞:れをる 作曲:ギガ

あなたの作り出す音楽に初音ミクはただ恋をしていたのです。


悲しみ・怒り・感謝のような全てのあらゆる感情を初音ミクの声が歌ってきたこれまでのボーカロイド世界を思い出してしまいますね。

絶えず叫ぶ 声連ねる
余熱交ぜる 愛、絶 艶めく

絶えず叫ぶ 声連ねる
余熱交ぜる 愛、絶 艶めく

魅了されていく

出典: ヒビカセ/作詞:れをる 作曲:ギガ

ずっとずっと初音ミクは声を与えてもらって叫び続けてきたのです。


それらはまさに愛もほころびも全て含んで艶めきを持った、あなたに魅了された初音ミクの恋心だと言えるのではないでしょうか。

忘れないでね わたしの声を 画面越しでいい ちゃんと愛して
ヴァーチャルだって 突き放さないで あなたの音に まだ溺れていたい

覚えていてね わたしの声を あなたがくれた この身すべてを
見つめ合う あなたと二人 重ねた息と音を響かせ

あなたの初の音 この声聴かせ
オトヒビカセ

出典: ヒビカセ/作詞:れをる 作曲:ギガ

ボーカロイドが広まり親しまれるようになったことはインターネット音楽に親しんできた人にとっては嬉しいことですよね。


そしてその過程に初音ミクという存在は大きく貢献しています。


広く愛され続けているボーカロイドですが、最初に触れた初音ミクの存在を忘れずに愛し続けてあげたいものです。

シンガーソングライターとしての活動をスタート!

ユニットでの活動を終了させた2017年の秋から時間が経ち、2018年1月ソロアーティスト・Reolとしての活動再開を発表しました。


1月9日に先行配信が始まった「平面鏡」は作詞作曲をReolが担当し、編曲をギガが担当しています。


ユニットでの活動を見られなくはなりましたが、ギガ・Reolのタッグは今後も続いていくのでは?期待が高まりますね。

Reolとしての初リリース

そんな活動再開を果たしたReolのミニアルバム「虚構集」が3月14日にリリースされます。


全収録曲がReolによって作詞作曲されており、盟友であるギガによってアレンジされた楽曲にも期待が集まっています。


また初回特典のコンセプトブックは文章や写真、デザインとレイアウトと全てをReolが担当しておりReolの感じる世界観を存分に感じられるものとなっているようです。

【早期購入特典あり】虚構集 (初回限定盤)(40Pコンセプトブック付)(オリジナル告知ポスター付) CD, Limited Edition [ Reol れをる ]
ビクター エンタテインメント
販売価格 ¥5,480(2018年3月10日23時1分時点の価格)
売上げランキング: 1314

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

ピアノから音楽の世界に入り、吹奏楽やバンドといろんな楽器でいろんなジャンルの音楽を楽しんできました!現在はライター活動の傍らインターネットでちまちまと音楽活動をしています。演奏して・聴いて・見て…何通りもある音楽の魅力を楽しく共有できたらと思います。

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索