【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年03月13日更新

【BABY BABY/銀杏BOYZ】「月面のブランコは揺れる」ってどういうこと!?歌詞の意味を解釈!

圧倒的な熱量で愛を歌った、銀杏BOYZの「BABY BABY」を紹介します。「恋は永遠」でも歌われた”月面のブランコは揺れる”とはどういう意味なのでしょうか?

銀杏BOYZ

銀杏BOYZは2003年から活動しているロックバンドです。


2003年にGOING STEADYというバンドが解散し、峯田和伸さんがソロで音楽活動をしていましたが、GOING STEADYメンバー3人をメンバーに迎え、活動することになりました。


2015年には峯田和伸さん以外のメンバーが全員脱退し、バンドメンバーは1人になりました。


ですが、ソロ名義ではなく銀杏BOYZというバンド名義で活動を続けています。


2010年でシングルのリリースが止まっていたものの、2016年から再びシングルのリリースを再開しています。

圧倒的熱量!

銀杏BOYZの魅力といえば、その圧倒的熱量でしょう!


峯田和伸さんほど感情を前面に出し、アツい音楽を届ける人は他にいないかもしれません。


1つのライブ期間中に3度の骨折、ライブで全裸になり書類送検、ライブ中に3度の感電、酸欠でメンバーが倒れ、救急車を呼ばれるも最後まで演奏を続けるなど、多くのエピソードがあります。


ライブで全裸になったのは一度では無いそうで、表現者として歌を届けるというアツい思いによるものなのでしょう。

実は森高千里さんの大ファン!

音楽番組「Love Music」に出演した際、MCを務める森高千里さんへの25年来の愛を熱く語っていました。


小学校6年生からのファンで、全シングルを買い集め、友達と森高千里さんの話で盛り上がる毎日。


峯田和伸さんにとって森高千里さんは、生きる希望を与えてくれたし、森高千里さんになれないという絶望も教わった存在だったと語っています。


番組で対面した時には涙を流し、音楽とは少し違ったアツい一面も見せてくれました。


峯田和伸さんの、学生の頃から何も変わっていないようなまっすぐさは、きっと音楽にも影響しているのでしょう。

銀杏BOYZ「BABY BABY」

GOING STEADY時代の楽曲

銀杏BOYZの「BABY BABY」について紹介します。


この曲は元々GOING STEADY時代の楽曲で、GOING STEADYの2ndシングル「星に願いを」のカップリングとして収録された楽曲でした。


ですがこの曲には多くのファンがおり、愛され続けて銀杏BOYZになってからも歌い継がれています。


銀杏BOYZとしては1stアルバム「君と僕の第三次世界大戦恋愛革命」に収録されました。

多くの著名人に愛される曲

福士蒼汰さんが主演を演じたドラマ「恋仲」で「BABY BABY」がイヤホン越しに流れていました。


福士蒼汰さんからの提案だったのかは分かりませんが、福士蒼汰さんは銀杏BOYZのファンであることを公言しています。


まだ菅田将暉さんは「情熱大陸」に出演した時にライブスタジオで「BABY BABY」を演奏していました。


他にも野球選手の柳田悠岐選手が登場曲として利用したりと、様々なところで「BABY BABY」を耳にします。


場所を選ばず、年代を選ばす今も色褪せることなく流れているこの曲はまさに名曲といえるでしょう。 

歌詞解説

街はイルミネーション 君はイリュージョン
天使のような微笑み
君を思い出せば 胸が苦しくて
消えて失くなりそうだ

出典: BABY BABY/作詞:峯田和伸 作曲:峯田和伸

君がどのような存在なのか、どんな風景なのかを同じような言葉で伝えています。


イルミネーションといえば12月で、イリュージョンは幻。この2つだけで、クリスマス時期に叶わない人を思って歌っているんだろうと分かります。


叶わないからこそ思い出してしまうし、叶わないからこそ苦しくなる。


君に対する意識が強くなりすぎで、自分のことが疎かになってしまう、自分が遠くなってしまうような感覚に陥っています。

月面のブランコが揺れる?

甘いシュークリーム 君はシュープリーム
月面のブランコは揺れる
夢の中で僕等 手をつないで飛んでた
目が醒めて僕は泣いた

出典: BABY BABY/作詞:峯田和伸 作曲:峯田和伸

”月面のブランコが揺れる”という難しい歌詞が出てきます。この言葉には様々な解釈があるでしょう。


2017年にリリースされた「恋は永遠」の歌詞にも同じフレーズが登場します。


すぐ後の歌詞が夢の中なので、夢なのか現実なのか分かりませんが、筆者は現実だと解釈しました。


・涙ぐんでいる中で月を眺め、ブランコが揺れているように見えた。


・月のように遠い君という存在がブランコのように揺れている。


峯田和伸さんがどんな思いで書いたのかは分かりませんが、筆者はこのように解釈しました。


なので、夢から覚めて泣いたのは”月面のブランコが揺れる”よりも前の話だったのでしょう。

永遠に生きられるだろうか
永遠に君のために

BABY BABY
君を抱きしめていたい
何もかもが輝いて 手を振って
BABY BABY
抱きしめてくれ
かけがえのない愛しいひとよ

出典: BABY BABY/作詞:峯田和伸 作曲:峯田和伸

”永遠に君のために生きられるだろうか”と歌っていますが、この曲の中では最後の最後まで一貫して君のことばかりです。


ずっと思い続ける”かけがえのない愛しきひと”とは、森高千里さんのことではないでしょうか。


確証は全くありませんが、峯田和伸さんがずっと好きだったのが森高千里さんなので、その愛を歌にしても全くおかしくありません。


”月面のブランコが揺れる”という歌詞の解釈もある程度筋が通っているように思えます。

You don't know how many times I missed out could hold you.
You don't know how many times I missed out could mold you.
If you someone could chase me as much as cherish you.

出典: BABY BABY/作詞:峯田和伸 作曲:峯田和伸

〈和訳〉


僕が君の事を何度抱きしめたかったか、君は知らないだろう


僕が君の事を何度形作りたかったか、君は知らないだろう


もし僕が君を思う気持ちと同じくらい、君が誰かを思っていたとしても

終わりに

Yui Yamadaさん(@cozu_yui)がシェアした投稿 -

銀杏BOYZの「BABY BABY」について紹介させて頂きました。


曲のアウトロで英語の語りがあります。歌詞カードには掲載されていないようですが、ファンサイトに載っていたので掲載させて頂きました。


どこまでもまっすぐで、忘れかけた青春を思い出させてくれる素晴らしい歌だと思います。


最近では、峯田和伸名義で東京スカパラダイスオーケストラとのコラボも果たしました。


このまま勢い止まることなく、精力的な活動を続けてもらいたいですね。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索