平井堅のノンフィクション、歌詞が意味深すぎる。。。

2017年09月30日更新

椎名林檎のライブ「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」が熱かった!詳細は?

「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」は2015年10月から12月にかけて開催された彼女自身2003年ぶりのホールワンマンツアーです。今回はこの「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」の熱かった詳細をまとめてみました。

ツアータイトル「百鬼夜行」とはなにか?

ツアータイトルにある「百鬼夜行」とは椎名林檎が2015年に発売したシングル「長く短い夏/神様、仏様」に端を発したコンセプトです。


本人は「児玉監督(神様、仏様のMVを担当した監督)が撮ったMVの終盤で自分が東京タワーから飛び降りたのは「結局何が一番怖いって此の娑婆世界の人間様よ」というメッセージを伝えたかったから」と語っています。


それをよりツアーでは辛辣に表現したいという椎名林檎の願いから、「百鬼夜行」というライブタイトルが付けられてのだとか。


「百鬼夜行」のMVを一本見るだけでも表現者「椎名林檎」の世界観に引き込まれてしまいますよ。

ツアータイトル「彼奴等」とは誰のことか?

同じくツアータイトルに「彼奴等」とありますね。


この「彼奴等」とは誰のことを指すのでしょう?少し調べてみました。


ある雑誌に、椎名林檎のインタビューとして「彼奴等とはツアーメンバー(主にバンドメンバーのこと)だ」と語っています。バックバンドとはいえ、そのメンバーの本職は全員、演出家で、玉田豊夢、鳥越啓介、ヒイズミマサユ機、浮雲、名越由貴夫、村田陽一、西村浩二、山本拓夫の8人が結成している「MANGARAMA」(マンガラマ)の事。


2015年の台湾ツアーにも同行しています。

ツアー「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」のセットリストは?

ツアー「百鬼夜行」の基本的なセットリストは下記の通りです。



  1. 凡才肌

  2. やさしい哲学

  3. いろはにほへと

  4. 尖った手□

  5. 労働者

  6. 走れゎナンバー

  7. 神様、仏様

  8. 現実に於て

  9. 現実を嗤う

  10. SG〜Superficial Gossip〜

  11. 熱愛発覚中

  12. 至上の人生

  13. ブラックアウト

  14. 迷彩

  15. 罪と罰

  16. 夢の途中

  17. Σ

  18. 警告

  19. マヤカシ優男

  20. 名うての泥棒猫

  21. 真夜中は純潔

  22. とりこし苦労

  23. きらきら武士

  24. 華麗なる逆襲

  25. 御祭騒ぎ

  26. 長く短い祭

  27. 群青日和

  28. NIPPON


(アンコール)
・虚言癖


所々に東京事変の楽曲やまだ椎名林檎が10代だった頃の楽曲、他のアーティストに提供した楽曲もありますね。


基本的にはアルバム「日出処」から構成されていますが、多様なセットリストになっています。

ツアー「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」のMVがすごい!

椎名林檎は自身のYouTubeオフィシャルチャンネルでこの「百鬼夜行」のMVを公開しています。


ショートバージョンばかりですが、見ごたえのあるMVばかり。


ちょっと見てみましょう。

自身のDVDリリースについて語っています…

椎名林檎がリリースした「百鬼夜行」のDVDについて語っています。


最近はTVやラジオに出演しなくなった椎名林檎、貴重なインタビュー音源としてYouTubeで公開されています。


椎名林檎を知らない人でも、人となりがわかるPR動画です。

「罪と罰from百鬼夜行」

10代の頃の椎名林檎の楽曲です。キャミソール一枚のセクシーな格好で唄ってます。


非常に知名度の高い楽曲なのですが、加齢による声のカスレ具合、熟練とともに成熟しつつある立ち振舞が新鮮です。


フルバンドでジャズ調に歌っているあたりは、とても聴きごたえがあります。

「熱愛発覚中from百鬼夜行」

彼女自身がナース服のコスプレで唄う一曲。


Perfumeを思わせるテンポがまた、椎名林檎らしくない世界観を見せてくれます。


しかしコスプレパフォーマンスと後半の展開は圧巻そのもの。


Perfumeが霞んでいきます。

「神様、仏様from百鬼夜行」

このライブのタイトルを決めた「神様、仏様」のライブMVをも公開されています。


公式でライブパフォーマンスの様子を公開している点は素敵ですね。


椎名林檎を知らない人でもお試しで聴くことができるので、椎名林檎を知らない人にもぜひ進めてみて下さい!

「長く短い夏from百鬼夜行」

2015年にコカ・コーラのCMに採用された楽曲のライブバージョンです。


テクノ調と言ってしまえば簡単かもしれません。


しかし簡単に声を加工して聴かせるパフォーマンスとは違い、あくまでも椎名林檎の声があってこそのパフォーマンスです。


途中のピアノソロは必見!

「群青日和」

東京事変の名曲「群青日和」もMVとして公開されています。


紹介するMVは百鬼夜行のものではありませんが、椎名林檎はこの曲が気に入っているのか、ライブの度に唄っています。

椎名林檎のライブパフォーマンスは秀逸だ!

「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」の気になる詳細をまとめてみました。いかがだったでしょうか?


椎名林檎と言えば、2016年、リオデジャネイロオリンピック閉会式・同パラリンピック閉会式における、2020年東京オリンピック・同パラリンピックへの「フラッグハンドオーバーセレモニー」検討メンバー(プランニング担当)に就任して、リオオリンピックの閉会式で行われた東京オリンピックのパフォーマンスに大きく関わりを持ちました。


今後、東京オリンピックが近づくにあたり開閉会式のパフォーマンスディレクターを任されるのでは?と噂されています。


ライブや音楽活動も楽しみですが、世界的なイベントで彼女がどう日本を表現するか大変楽しみですね!

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

メジャーアーティストからインディースアーティストまで自分が「これだ!:と思った音を追いかけているフリーライターです。聴くジャンルも幅広くジャズからロックまで気に入った曲なら聴き惚れて聴いています。

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索