平井堅のノンフィクション、歌詞が意味深すぎる。。。

2018年01月19日更新

【良いDJ/キュウソネコカミ】流行りの音楽かけてほしい!!CMでも話題の歌詞の意味を解釈!MVあり

最近、「流行りの音楽かけてほしい!!」とTVから聞こえてくるけど一体どんな曲なのか気になっている方もいるはず!今回は、そんな気になる歌を歌っている「キュウソネコカミ」と「良いDJ」という歌詞についてご説明します。

「流行りの音楽かけてほしい!!」って誰が歌ってるの?

2017年の年末あたりからTVでよく「流行りの音楽かけてほしい!!」とフレーズが聞こえてきましたよね!

実は、この曲は若者の間で流行っているロックバンドキュウソネコカミ」というバンドの曲なのです。その曲の名前は「良いDJ」!


今回は、「キュウソネコカミ」と「良いDJ」についてご紹介いたします。

「キュウソネコカミ」とは?

キュウソネコカミは、5人組男性ロックバンドで、5人とも関西出身!歌詞ライブ中のトークや演出も面白く、若者の間で流行っています。キュウソネコカミを略して「キュウソ」と呼ばれています。

メンバーは誰?

さて、キュウソネコカミはどんなメンバーがいるのでしょうか?


メンバーは、ボーカルとギターヤマサキセイヤさん、ボーカルとキーボードのヨコタシンノスケさん、ギターオカザワカズマさん、ベースのカワクボタクロウさん、ドラムのソゴウタイスケさんです。


5人とも関西学院大学の軽音楽部だったのがバンド結成の始まりなんだそう。


2009年に、就職活動をあきらめたメンバーが集まって、「キュウソネコカミ」としてバンド活動を始めます。関西学院大学出身とは、頭がいいバンドなんですね!


キュウソネコカミの曲のほとんどはボーカルとギター担当のヤマサキサイヤさんが歌詞を書いています。

若者の気持ちや不満が分かる歌詞が多い!

セイヤさんが書く歌詞は、若者の気持ちや世の中に対する不満や愚痴、イライラしていることなどを表しています。


その歌詞に「その気持ちわかる!」「私の気持ちを表してくれた!」などの共感を得る方が多く、一度きいたらキュウソネコカミにハマってしまいます!


「最近、若者の気持ちがよくわからない・・・」と思っている人は、一度キュウソネコカミを聞いてみるのもオススメです。

インディーズ時代から人気があるバンド!

キュウソネコカミは、もともとインディーズバンドでした。インディーズ時代の曲も若者の気持ちをがっしりつかんでいました


「サブカル女子」という曲では「ブスでもないけどかわいくない」という歌詞を「ファントムヴァイブレーション」という曲では「スマホはもはや俺の臓器!」という歌詞を書いています。


ロックバンドが好きな方なら一度は聞いたことがある歌詞なのではないでしょうか?

2015年にメジャーデビュー!

インディーズ時代には「ウィーアーインディーズバンド!!」という曲でインディーズバンドの苦労を訴えていたキュウソネコカミ。


なんと2015年にビクターエンタテインメントからメジャーデビューを発表します。


キュウソネコカミがメジャーデビューをした時には、ファンの間には「インディーズ時代のような世間に毒を吐くような曲はもう出ないんじゃないのか」と心配する声もあったようです。


ですが、メジャーデビューをしてからも、キュウソネコカミはインディーズ時代のようにたくさんの世間に毒を吐いたり、若者の気持ちをおもしろく表現しています!


 今では、大型フェスには必ず出演しているといっても過言ではないバンド、キュウソネコカミ!「知らなかった」という人は要チェックしてみましょう!

「良いDJ」の歌詞を紹介します!

2017年の年末ごろにTVから聞こえてきた「流行りの音楽かけてほしい!」というフレーズ。これは、キュウソネコカミがインディーズ時代に発表した「良いDJ」の曲の一部です。


フェスイベントやライブなどでよく見かけるDJを表現しています。「良いDJ」を聞くと「あー!こいうDJ、いるよね!!」と共感することもできます。


では、「良いDJ」の一部をご紹介いたします!

調子があがっているDJの気持ちを表現している!?

流行の音楽かけてほしい!!
踊れる音楽かけてほしい!!
客盛り上がればハイセイいぇー!
俺がお前らをぶち上げる!!

出典: 良いDJ/作詞:ヤマサキセイヤ 作曲:キュウソネコカミ

GoogleHOMEのCMで使われていたフレーズの部分です。「流行の音楽かけてほしい!」が「良いDJ」の出だしだったんです!


DJをしている人がどんどん調子が上がっている状況がイメージできますよね。

DJイベントに行きたくなる!!

人を踊らせる事で
喜び得れる感じのアレ
曲と曲のつなぎを違和感なく
そつなくこなす

出典: 良いDJ/作詞:ヤマサキセイヤ 作曲:キュウソネコカミ

DJが流している曲を聴きながら、楽しく踊っている人の気持ちが伝わってきますよね。


良いDJ」は聞いていると、DJイベントやライブとガンガンと音楽がなっている場所に行きたくなってしまいます!

DJも客も盛り上がる!!

円盤選んでかけてOh Yeah!!
「ディスクジョッキー!」
「ディスクジョッキー!」

切り貼り自由にかけてOh Yeah!!
「ディスクジョッキー!」
「ディスクジョッキー!」

客盛り上がればそれでオッケー
「ディスクジョッキー!」
「ディスクジョッキー!」

我が物顔で回せばOh Yeah!!
「ディスクジョッキー!」
「ディスクジョッキー!」

出典: 良いDJ/作詞:ヤマサキセイヤ 作曲:キュウソネコカミ

「良いDJ」のサビ部分です。キュウソネコカミのライブでは盛り上がる部分でもあります。


ぜひ、キュウソネコカミのライブに行く機会があれば「ディスクジョッキー!」のところでキュウソネコカミと一緒に叫びながら盛り上がりましょう!

調子があがったDJは天狗になっている・・・!?

見つけてきました新バンド
あなたのお耳に届けたい
ラジオの向こうでハイセイいぇー!
ドヤこのバンドイケてるだろ

出典: 良いDJ/作詞:ヤマサキセイヤ 作曲:キュウソネコカミ

テンションがあがるDJは「ドヤこのバンドいけてるだろ」と天狗になっているぐらい、調子にのっています。


自分が誰よりも早く見つけた新バンドは、自慢したいという人も多いですよね!

そして今までのDJに対する気持ちが爆発します

チャラいだけで無能な
あのくそDJしばきたい
ミュージシャン気取りで調子こく
あのDJを黙らせたい
黙らせたい!!
黙らせたい!!
黙らせたい!!
黙らせたい!!

出典: 良いDJ/作詞:ヤマサキセイヤ 作曲:キュウソネコカミ

「良いDJ」の最後の部分の歌詞です。


調子にのってるDJに対して、キュウソネコカミらしくディスります。確かに流行りの音楽と踊りやすい音楽をかけているだけのチャラいDJでいますよね!


「良いDJは、そんなDJに対して、イラつく気持ちを表現している歌なんです。

「良いDJ」のMVはあるの?

「良いDJ」のMVは、公式でYouTubeでみることができます。


投稿者がビクターエンタテインメントではなく「exxentricrecords」になっていますが、「exxentricrecords」はキュウソネコカミのインディーズ時代のレーベルですので安心してください。

「良いDJ」を聞いてテンションをあげよう!

「キュウソネコカミ」と「良いDJ」について、ご説明いたしました!


TVで「流行りの音楽かけてほしい!」と歌っている一瞬うつるバンドはどこのバンド?と気になってた人は、スッキリしたのではないでしょうか?


ちなみに、「良いDJ」は、「ウィーアーインディーズバンド!!」という、キュウソネコカミがインディーズ時代に発売されたアルバムの中に収録されています。

ぜひ、「良いDJ」のMVや楽曲をきいて、テンションをあげてみてくださいね!

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

音楽がないと生きていけないアラサーです。ロックフェスやインディーズバンドのライブによく足を運んでます。

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索