「キミガイナイ」でなぜ渡辺梨加は担がれたか

欅坂46の「キミガイナイ」は2017年に発売された「サイレントマジョリティー」のカップリング曲の一つです。

通常版CDの3曲目に収録され、欅坂46をプロデュースする秋元康氏が作詞しました。

特に渡辺梨加さんが担がれて入場する姿は話題を呼び、その理由にも議論が重ねられています。

菅井友香さんのブログにヒント!

なぜ「キミガイナイ」で渡辺梨加さんが担がれていたのか、その理由は菅井友香さんのブログにヒントがあります。

長い夜は口を閉ざし
星も見えず 月は雲に隠れてる
誰が聞いているのだろう
マーラーの憂鬱な交響曲

出典: キミガイナイ/作詞:秋元康 作曲:SoichiroK・Nozomu.S

どうやらこのマーラーと言うのはワーグナーの「パルジファル」と思われます。

マーラーは28歳の時、ブダペスト王立歌劇場の芸術監督となり、ワーグナーの「ラインの黄金」および「ワルキューレ」の初演をしています。

この初演は模範的な演奏として高評価を得、マーラーの名を世に広めていきました。

「パルジファル」はワーグナーが1865年に作曲したオペラですが、王様が担がれるシーンがあるのです。

謎に包まれ続けるシーン

マーラーは交響曲の大家と呼ばれていた人物ですし、ワーグナーの曲の初演を任されるほどつながりのある人物でした。

ただこれだけで本当に渡辺梨加さんが担がれていた理由になるのかと言うと、難しすぎて分からないという人がいるのも実情です。

しかし菅井友香さんのブログを見る限り、「マーラーの憂鬱な行進曲」というのは的を得ているのかもしれません。

繰り返される孤独の意味

本当の
孤独は
誰もいないことじゃなく
誰かがいるはずなのに
一人にされてる
この状況

出典: キミガイナイ/作詞:秋元康 作曲:SoichiroK・Nozomu.S

このフレーズは2回出てくるのですが、最後の「キミガイナイ」へつながるフレーズです。

夜の闇の中で、音さえもない世界に気が付くことはなんと恐ろしいことでしょうか。

今 心は すべてが空っぽ
ただ 時間が過ぎてしまえばいい

出典: キミガイナイ/作詞:秋元康 作曲:SoichiroK・Nozomu.S

最初に記されるこの歌詞からも、一人でいることの孤独と静寂と寂しさへの問いが隠されているのかもしれません。

交響曲と歌曲の大家マーラー

幼少のころからピアノやアコーディオンに才能を見せており。9歳でイーグラウのギムナジウムに入学すると、10歳にはイーグラウ市立劇場の音楽会でピアノ演奏をしました。
さらに15歳でウイーン楽友協会音楽院に進むと、ピアノと和声楽、さらに対位法と作曲を学びます。
16歳でピアノ四重奏曲を作曲するとシューベルトのピアノ・ソナタ演奏によるピアノ部門一等賞に作曲部門一等賞と輝かしい功績を残していきました。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/グスタフ・マーラー

歌詞に出てくるマーラーとは、オーストリアで活躍した作曲、グスタフ・マーラーのことです。

グスタフという名前からドイツ系かと思いましたが、実はオーストリアなんですね。生家も今だ残っていますよ。

ちなみに生まれた土地は現在、チェコ共和国に位置します。幼少時から音楽の才能を発揮したマーラーは、音楽家としての教育を受けたそうです。

しかし生まれた環境や育った環境、兄弟の相次ぐ死などから、マーラーの曲は明るさと暗さが表裏一体しています。

20代半ばという若さで指揮者および作曲家として活躍しても、やはり生まれ育った環境による影響は大きかったのでしょう。

結婚しても子供が亡くなっていますから、家族運がないとしか言いようがありません。それでも交響曲、歌曲の大家として、今もなお語り継がれているのです。