【春よ、来い/松任谷由実】教科書にも掲載される名曲!歌詞の意味を改めて解釈してみた!コード譜ありの画像

一番と真逆の歌詞

  G♭M7    A♭/G♭
それは それは 明日を越えて
  G♭M7 D♭/F E♭m6 E♭m7/A♭ D♭M7 D♭7
いつか いつか きっと届く

G♭6 A♭ B♭m G♭6 A♭ B♭m
春よ まだ見ぬ春 迷い立ち止まるとき
G♭6 A♭ B♭m G♭6 A♭ B♭m
夢をくれし君の 眼差しが肩を抱く

出典: 春よ、来い/作詞:松任谷由実 作曲:松任谷由実

「遠き春」は「まだ見ぬ春」へと変わりました。

春は別れの季節であり、出会いの季節です。

君と再開し愛の日々を取り戻すことを「春の訪れ」に例えています。

1番で春が来て欲しくなかった主人公は、春を待ち望んでいるのです。

「君」がくれた夢とは「君と共にいること」なのでしょう。一途に「君」を思い続けているのです。

私を見つけて

G♭6 A♭ B♭m G♭6 A♭ B♭m
夢よ 浅き夢よ 私はここにいます
G♭6 A♭ B♭m G♭6 A♭ B♭m
君を想いながら ひとり歩いています
G♭6 A♭ B♭m G♭6 A♭ B♭m
流るる雨のごとく 流るる花のごとく

出典: 春よ、来い/作詞:松任谷由実 作曲:松任谷由実

孤独な自分の姿がクローズアップされます。

主人公の夢そのものである「君」は、世間をさ迷う「私」を見つけてくれません。

【春よ、来い/松任谷由実】教科書にも掲載される名曲!歌詞の意味を改めて解釈してみた!コード譜ありの画像

最後に歌われる童謡「春よ来い」

G♭6 A♭ B♭m G♭6 A♭ B♭m
春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに
G♭6 A♭ B♭m G♭6 A♭ B♭m
愛をくれし君の なつかしき声がする

G♭6 A♭ B♭m G♭6 A♭ B♭m
春よ まだ見ぬ春 迷い立ち止まるとき
G♭6 A♭ B♭m G♭6 A♭ B♭m
夢をくれし君の 眼差しが肩を抱く

出典: 春よ、来い/作詞:松任谷由実 作曲:松任谷由実

この曲は「君」への想いを抱えたまま、出会えずに終わっていく物語です。

ラストに童謡「春よ来い」が重ねられています。

「春よ来い」というフレーズは「君」を想う気持ちそのものなのです。

また再び出会い君と愛を育む春を、夢見ているのです。

タイトルのニュアンスについて

タイトルは童謡「春よ来い」に工夫が加えられています。

「春よ、来い」という言葉の「、」の部分で、「私」の頭には様々な想いが駆け巡っているのでしょう。

君との若き日々や、再開などに強い気持ちを込めて「来い」と強く願っていることがわかります。

シンプルな中に奥深さのあるタイトルではありませんか?

【春よ、来い/松任谷由実】教科書にも掲載される名曲!歌詞の意味を改めて解釈してみた!コード譜ありの画像

CMタイアップ

ハウステンボス「チューリップ祭」CMソング、読売新聞「メガ文字キャンペーン」CMソング、サントリー「BOSSレインボーマウンテンブレンド」CMソング、全日本空輸「夢見るヒコーキ 故郷篇」CMソング。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/春よ、来い_(松任谷由実の曲)

有名企業がこぞってこの曲をCMに採用しています。

それだけ耳に残るメロディーと歌詞を書けていることがわかりますね。

音楽の教科書に掲載されている

ユーミンはこの曲で日本文化とポップスと童謡の融合を実現しました。

そして日本国民に語り継ぐべき曲となった「春よ、来い」は音楽の教科書に掲載されることとなりました。

音楽教科書のほか、詩として光村図書出版刊の中学2年国語教科書にも掲載された。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/春よ、来い_(松任谷由実の曲)