また流麗な言葉遣いが認められたのか、国語の教科書にも掲載されているそうです。

この曲を理解出来れば行間を読む力が付くということを、教科書を作っている方々も分かっているのですね!

わずかな言葉で奥行のある世界を表現するのが詩ですから、この曲はピッタリだと思います!

震災の時にも歌い継がれた

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被災地を支援するため、本曲にちなんでユーミンとNHKは共同で「(みんなの)春よ、来い」プロジェクトを行っている。このプロジェクトでは、「春よ、来い」のコーラスを歌った動画を一般募集し、これらの動画を重ね合わせた新バージョンをインターネット配信し、その収益を被災地支援のために全額寄付するとしている。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/春よ、来い_(松任谷由実の曲)

東日本大震災の後に行われた上記のプロジェクトは好評となりました。

春を待ち望むこの曲が復興を待ち望む人々の姿と重なったのでしょう。

このアレンジでユーミンは紅白歌合戦に出場し、日本国民に復興支援を呼びかけました。

【春よ、来い/松任谷由実】教科書にも掲載される名曲!歌詞の意味を改めて解釈してみた!コード譜ありの画像

おわりに

「春よ、来い」のニュアンスや奥の深さがわかって頂けたら幸いです。

ユーミンの選ぶ言葉は、この世に生まれた瞬間からそこに収まることが決まっていたみたいに、ぴったりとはまります。

彼女は一流の歌手でありながら、一流の詩人でもあるのです。

これからも日本の歴史に残るような曲を書き続けて欲しいですね!それでは!