SMAPの「らいおんハート」はどんな曲?

らいおんハート SMAP

ドラマ『フードファイト』主題歌

「らいおんハート」は、2000年8月30日にビクターエンタテインメントから発売されたSMAPの32枚目のシングルです。

SMAPメンバーでもある、草彅剛主演の日本テレビ系ドラマ『フードファイト』の主題歌になり、このドラマでは、草彅以外にも木村拓哉が声のみで出演していました。

作詞は野島伸司、作曲・編曲はコモリタミノルで製作されました。

A post shared by mika8570gogo (@mika8570gogo) on


ミリオンセラーを達成

この曲は、2000年9月11日付のオリコン週間シングルチャートにおいて初週41.6万枚を売り上げ、初登場で1位を獲得しました。

また、発売から5週目でミリオンセラーを達成し、累計売上は156.3万枚の大ヒット曲となりました。

このころのSMAPの勢いは、さすがにすごいですね。

ドラマ「フードファイト」はどんな番組?


『フードファイト』は、2000年7月1日から9月16日まで、日本テレビ系列の土曜ドラマ枠で放送されていた連続テレビドラマで、最高視聴率は21.5%を記録した人気番組です。

このドラマのあらすじは、以下の通りです。

孤児院『つくし園』で育った、SMAPの草彅剛が演じる井原満は、一流企業である宮園総合食品の清掃員です。

満にはもうひとつの顔があり、宮園総合食品の会社の地下で行われている会長が主催している、政財界の大物だけしか参加できない大食い賭博ゲーム『フードファイト』のファイターだったのです。

井原満は、フードファイトで勝つたびに獲得してきた賞金を、匿名でつくし園に寄付していました。

その思いから才能が開花して、フードファイトでは完全無敵のチャンピオンとして君臨しているというストーリーになっています。

井原満のここぞというときの決め台詞は、「俺の胃袋は宇宙だ!」です。

共演者に、田村麻奈美役の深田恭子、宮園冴香役の宮沢りえ、如月鋭一役の筧利夫、潮崎裕太役の秋場まなと、加賀見俊介役の田辺誠一、三好悠子役の八千草薫、宮園恭作役の佐野史郎、九太郎(声)役の木村拓哉と、豪華なキャストを揃えてで製作されました。

「らいおんハート」の歌詞の意味

それでは、この「らいおんハート」の歌詞を詳しく見ていきましょう。


君はいつも僕の薬箱

君はいつも僕の薬箱さ
どんな風に僕を癒してくれる

出典: http://www.kasi-time.com/item-334.html

歌い出しは、相手をいつも心の傷を癒してくれる薬箱に喩(たと)えているようです。

そんな便利な彼女がいたら、羨ましいですね。

悲しいときや、つまらない時に、そういう心を癒してくれる薬箱のような女の子は、理想の女性かもしれませんね。

A post shared by Emeral_ms (@emeral_ms) on


笑うそばから

笑うそばから ほら その笑顔
泣いたら やっぱりね 涙するんだね

出典: http://www.kasi-time.com/item-334.html

そして、今度は相手の笑った顔と泣いた顔を対比させています。

笑顔になったり、泣き顔になったりしているのでしょうか。

一体、何があったからそうなったのでしよう。

泣いたり、笑ったり、喜怒哀楽が激しい女の子なのかもしれませんね。