【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年06月12日更新

「WELCOME TO DREAM」(わーすた)が配信決定!!パステルカラーの衣装が可愛いMVも公開

ルックス満点!のアイドルグループ・わーすたのシングル「WELCOME TO DREAM」が、配信限定で発売されました! アニメ『アイドルタイムプリパラ』のEDにも使われたこの曲の魅力を多角的に紹介します!

“世界標準”を目指す新時代のアイドルグループ「わーすた」

その名も「The World Standard (世界標準)」→わーすた!

「The World Standard (世界標準)」から「わーすた」というグループ名がつけられたことからもわかるように、わーすたは世界に照準を合わせて活動しているアイドルグループです。


そのためメンバーのSNSに力を入れたり、撮影OKの公演を行ってその画像・動画を一般の人にも拡散してもらうという試みを行っています。


音楽プロデューサーは17歳から作曲家として活躍している鈴木まなかさんで、わーすたの曲の作詞も主に鈴木さんが担当。


2000年前後生まれで全員未成年(2018年6月現在)の女の子たち5人が、世界にKAWAIIジャパンアイドルカルチャーを­発信するために頑張っています!


メンバーは以下。

坂元 葉月(さかもと はづき) 1998年9月9日生まれ

廣川 奈々聖(ひろかわ ななせ) 1999年5月12日生まれ

松田 美里(まつだ みり) 1999年8月2日生まれ

小玉 梨々華(こだま りりか) 2000年10月1日生まれ

三品 瑠香(みしな るか) 2001年3月17日生まれ

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/わーすた

現在の活動は公演中心で、ファンのコールや独特の熱気なども相まって、地下アイドル的です。


しかし一方で配信限定楽曲をリリースするなど、それこそ世界中にわーすたを知らしめることができるようなプロモーションもなされています。

配信限定曲「WELCOME TO DREAM」について

わーすたのメジャーでは初となる配信限定シングル

わーすたはインディーズの頃から、配信限定で曲をリリースしていました。この「WELCOME TO DREAM」は、メジャーデビュー後初の配信限定シングルとなります。


配信には、イベント会場などで購入できる「ミューカ」という特殊なカードを読み取り、リンク先からダウンロードするという形態がとられました。これからはこの形態も一般的になるかもしれませんね。


またMVは配信に先駆けてYouTube上で公開されています。


表題曲「WELCOME TO DREAM」は、ハイテンポでコミカルな曲の多いわーすたにはやや珍しく、歌詞の意味に重きを置いたメッセージ性の高い曲となっています。

WELCOME TO DREAM
Posted with Amakuri at 2018.6.7
わーすた
iDOL Street

アニメ『アイドルタイムプリパラ』の集大成的EDテーマ

アニメ『アイドルタイムプリパラ』のラストを飾るED主題歌となった「WELCOME TO DREAM」。


その内容は、これまでにわーすたが担当してきた2曲の主題歌の集大成だと言われています。


『アイドルタイムプリパラ』のテーマは、「夢と時間」。そして「努力」についても丁寧に描写されてきました。


誰でも努力次第で素敵なアイドルになれるテーマパークで、ライブを楽しむ少女たちにとって、それらの意味とはなんなのか。


それを考えつつ、歌詞を読み解いていこうと思います!

アイドルタイムプリパラ☆ミュージックコレクション DX(CD2枚組+DVD)
Posted with Amakuri at 2018.6.7
V.A.
エイベックス・ピクチャーズ株式会社(Music)

「WELCOME TO DREAM」の歌詞&MVを解説!

パステルカラーの衣装はわーすたの“ゆめかわ”なイメージ

歌詞の前にまずMV! わーすたのかわいさをこれでもかというほどフィーチャーしていますね!


表情や動きもかわいいですが、次々変わるファッションも彼女たちの可愛さを引き立てている大事な要素です。


白を基調に原色とパステルカラーが使用されていますが、やはりわーすたといえばメンバーそれぞれのイメージカラーともなっているパステルカラー


またダンスパートの衣装は、ネコ耳がたまりません!


このMVで初めてわーすたを見たという人は、わーすたといえばパステルカラーとネコ耳だと覚えておきましょう!

“風船”と“雲”が表すもの

ぴゅるぴゅるるん おっきな想い乗せて
ぷわぷわわ 風船 飛ばそう
叶うかって迷ったって I believe my self
夢が始まる

出典: WELCOME TO DREAM/作詞:鈴木まなか・渡邉シェフ 作曲:安藤啓希・須藤隼太

歌の中で何度も繰り返されるフレーズです。この“風船”は、想いを乗せるのですから夢、あるいは夢のパワーだと考えられます。


だから叶うかどうか迷うわけですね。


しかし迷うという割には、まったくマイナスのイメージを感じさせないところもポイント。


つまり夢とは風船のように、ただただ上へ上へと昇っていくだけのものだというのがこの歌の考え方なのです。


そしてラスト近くでは同じフレーズに、

雲に届くまでが 意味になる
夢あれば
はぴはぴ 努力すら楽しく
ちくたくるん 秒針 弾けて

出典: WELCOME TO DREAM/作詞:鈴木まなか・渡邉シェフ 作曲:安藤啓希・須藤隼太

と続きます。


風船が届く先は、“雲”。つまり夢に見た理想ですね。


夢のパワーがあればつらくなんてない、努力だって楽しい気持ちだけで毎日続けられる


となると秒針が弾けるというのは、「時間なんて関係ないくらい楽しい!」、「時間や数値で計れない価値がある!」ということになりそうです。


努力という一般的に苦しいとされるものを、楽しくてしかたのない夢までの過程としてとらえています。

道のりが一番大事な理由とは

努力=夢までの楽しい過程ととらえていますが、次の部分ではまた別の意味が加わります。

小さくても 大きくてもいいよ
夢までの道のりが何より大事

出典: WELCOME TO DREAM/作詞:鈴木まなか・渡邉シェフ 作曲:安藤啓希・須藤隼太

道のり、すなわち過程が大事というのはよく言われることですが、この歌ではその理由は何なのでしょうか。


その答えは、ラストのサビにありました。

キミのただ一つのストーリー
平凡でも泪の雨でも
振り返ったときはいとおしくなる
夢あれば
きらきら 自分らしさ武器に
わくわくるん 今を生きようよ
叶えたいと思うから Why don't we start
夢が始まる

出典: WELCOME TO DREAM/作詞:鈴木まなか・渡邉シェフ 作曲:安藤啓希・須藤隼太

『アイドルタイムプリパラ』を観た人ならわかると思いますが、アニメの世界では何より「自分らしさ」の輝きを大事にしています。


そしてどんなちっぽけな夢でも、何かを望みそれに向かってパワーを発揮することを、すべて肯定するのです。


その考え方に則れば、1人1人が夢に向かって進んだ軌跡は、それぞれがどれほど美しく輝いていることでしょうか


そういう意味で、この歌では過程を何より大事だと言っているのです。


もっと自分を好きになれ! 自信を持て! という強い応援メッセージを感じますね!

『アイドルタイムプリパラ』のテーマ「夢と時間」の答え

一貫して努力の大事さを説いていながら、前作『プリパラ』に比べてふわふわとしていて“ゆめかわ”感の強かった『アイドルタイムプリパラ』。


そのテーマである「夢と時間」について、作中でははっきりとした答えは語られませんでした。


しかしアニメの内容を考察し、その集大成とされる「WELCOME TO DREAM」の歌詞を読み解いてみるに、どうやらこういうことではないでしょうか。


夢の力は無限大! どこまでも昇っていけるパワー! 夢を叶えるまでの過程はそのパワーの軌跡であり、それぞれの魅力で輝いている最も大事なもの!


その夢と努力と輝きは、時間なんてものさしでは測れない!


そう思えるほどのパワーを持つことは難しいですが、夢を抱いて努力する少年少女たちがそうであれば本当に素敵だと思います。

わーすたの「夢と時間」は??

「夢と時間」の関係について、1つの答えを出した名曲「WELCOME TO DREAM」


夢のパワーとそれぞれの輝きの素敵さを語るこの曲を、これからまだまだ成長が期待できるわーすたが歌ったことで、多くの人の心にそのメッセージは届いたのではないでしょうか。


現に1曲1曲で成長を見せつけているわーすた。


彼女たちの輝く軌跡を確かめたいなら、まずは「WELCOME TO DREAM」で完結する『アイドルタイムプリパラ』のテーマ曲3曲を聴いてみることをおすすめします。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索