32作目のシングルはドラマ主題歌

「抱きしめてTONIGHT」は1988年に発売された田原俊彦さん(トシちゃん)の32枚目のシングルです。

今年2018年は、ちょうど発売30周年にあたります。

またこの曲は田原俊彦さんが主演したドラマ「教師びんびん物語」の主題歌にもなっていました。

「抱きしめてTONIGHT」(田原俊彦)はカラオケで盛り上がる名曲!歌詞・振り付けを徹底解説!の画像

世代も性別も関係なく愛されているアイドル

タイトルにもありますが、この曲をカラオケで歌えば盛り上がること間違いなしです。

今40代後半から50代前半あたりの年代にとってはトシちゃんは10代のころのスーパーアイドルです。

この曲は1988年発売ですが、デビュー曲の「哀愁でいと」は1980年発売でした。

「抱きしめてTONIGHT」(田原俊彦)はカラオケで盛り上がる名曲!歌詞・振り付けを徹底解説!の画像

そしてそのデビューからずっとアイドルです。

また、ダンスのかっこよさなどから、男子にも人気のあるアイドルでした。

2014年に「とんねるずのみなさんのおかげでした」で取り上げられたときには、若いファンも増えたようです。

そんな誰からも愛されるこの曲を、振り付けバッチリで歌うと、さらに盛り上がると思います。

インパクトのあるイントロダンス

「抱きしめてTONIGHT」(田原俊彦)はカラオケで盛り上がる名曲!歌詞・振り付けを徹底解説!の画像

テレビ番組「3年B組金八先生」にトシちゃんは出演していました。

そしてそこに出演していた近藤真彦さん野村義男さんと一緒に「たのきんトリオ」として、すぐに人気になりました。

それでも「抱きしめてTONIGHT」が発売されるころには、少しその人気が低迷しかかっていたと思います。

しかし、この曲のイントロ部分のダンスで、一気にその人気を挽回しました。

それくらい、このイントロのダンスはインパクトがあったのです。

イントロダンスを徹底解説

この曲のイントロは10小節あります。

それぞれ細かく見ていきましょう。

1,2小節は静止

先ほど紹介した動画では最初の2小節もポーズをつけているようです。

しかし後には3小節目から本格的にダンスをはじめるスタイルをとっているようです。

そこでカラオケなどで披露する場合も最初の2小節は、静止した方がいいかと思います。

残りの8小節がかっこよく見えるためにも、ここはじっとしましょう。

カラオケで歌う場合には、この2小節の間にさりげなく、踊れるスペースに移動するのもいいかもしれません。

3小節目は大きなアクションで

3小節目の1カウント目で、一気に両手を広げます。

2カウント目で手を戻し、3カウント目で右足を上にあげます。

ここでどれくらい垂直にピンと足を一気に上げられるかが、ポイントになります。

4カウント目で足をさっと下ろします。

4小節目は一気に

4小節目の1カウント目で時計回りにクルっと回ります。

そのときに右手を挙げて回るとさらにかっこいいかもしれません。

2カウント目で正面に戻ります。

3カウント目で両手を前でクロスします。

4カウント目でクロスした両手を戻します。

この3,4カウント目はアクションを大きくするよりも、力を込めている感じの方がかっこいいと思います。