【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年05月16日更新

【Wake Up!/東京スカパラダイスオーケストラ】アジカンとのコラボ曲!歌詞を徹底解釈!MVも!

多くのアーティストとのコラボも注目されているスカバンド、東京スカパラダイスオーケストラ。今回は、アジカンとのコラボ曲「Wake Up!」の歌詞を、MVとともに徹底的に解釈していきます!

世界中を魅了し続けるスカバンド、「東京スカパラダイスオーケストラ」とは?

日本のスカバンドといったら、真っ先に名前が出てくるスカバンド東京スカパラダイスオーケストラ(通称スカパラ)。


彼らの奏でる音色でスカバンドを知り、その音色を聴くだけで「スカパラの曲だ」と自然と把握することが出来る方も当然多いことでしょう♪

メンバーが多くてもそれぞれの個性が光っている!!

スカパラは、過去にメンバーが変わることがあったものの、現在も9人という大所帯でバンド活動をし続けています。


メンバー(楽器)の数が多いこともあり、厚みのあるハーモニーが素晴らしく、スカバンド特有のアグレッシブなサウンドもカッコよく決まっていますよね!


なお、大所帯バンドでありながら、メンバー全員が実力派揃いだからこそ、それぞれの個性が埋もれることなく輝いているため、私たちもより惹きつけられてしまうのでしょう♪

NARGO(トランペット)
北原雅彦(トロンボーン)
GAMO(テナーサックス・ソプラノサックス)
谷中敦(バリトンサックス)
沖祐市(キーボード)
川上つよし(ベース)
加藤隆志(ギター)
大森はじめ(パーカッション)
茂木欣一(ドラムス・ボーカル)

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/東京スカパラダイスオーケストラ

海外での活躍ぶりからも目が離せない!!

国内での様々なフェスイベントにも、積極的に参加し続けている彼らですが、その活躍の場はアジアをはじめ、アメリカや南米・ヨーロッパと幅広く、世界中から注目されています。


こちらの動画はメキシコでのライブ映像ですが、会場の熱烈な盛り上がりぶりには、日本のファンにとってもたまらないですよね!

アジカンとのコラボ曲「Wake Up!」はどんな曲?

今回紹介していく楽曲「Wake Up!」は、スカパラが25周年を迎えた際に行われたスペシャルプロジェクト、バンドコラボの第3弾としてリリースされました。


また、アジカンことASIAN KUNG-FU GENERATIONとのコラボということもあり、幅広い世代から注目されたのも納得です。

後藤正文 (ボーカル・ギター)
喜多建介 (ギター・ボーカル)
山田貴洋 (ベース・ボーカル)
伊地知潔 (ドラムス)

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/ASIAN_KUNG-FU_GENERATION

「Wake Up!」の歌詞を詳しく見ていこう!

「Wake Up!」の歌詞は、スカパラの谷中敦とアジカンの後藤正文の2人で作詞されています。


では、2人によって生み出された歌詞がどんなものなのか、早速見ていきましょう!

個性の光るワードセンスが孤独感を引き出している!!

今まで見えていた光が消えても
しばらく気づかずに歩いてた
ほの暗い町中で無数の人々が
うつろに手元を光らせている

出典: Wake Up!/作詞:谷中敦・後藤正文 作曲:加藤隆志

最初の歌詞では、「光」が1つのポイントになっています。


この光とは、目標や希望、もしくは信じていた誰かなのか、その点も想像力を膨らませてくれるでしょう。


自分目線で考えていくと、より心をえぐられているような感覚になってくるような…。


うーん。


後半は、現代のスマホ依存度の高さを象徴したような歌詞にも思えますよね。


そして、町中で無数の人がスマホをいじっている状況から、孤立している自分の存在を振り返ると、より孤独感が強く感じられ、その秀逸な歌詞にドキッとしてしまいませんか?

水のない海 さまよい続けている
誰も知らない 真昼の遊泳

出典: Wake Up!/作詞:谷中敦・後藤正文 作曲:加藤隆志

十分孤独な歌詞の世界に入り込んだところで出てくる、「水のない海」というフレーズ。


この言葉によって、海に対するイメージもガラリと変わってきそうですね。


驚きのワードセンスだと思いませんか?


では、続きの歌詞も見ていきましょう!

うつらうつら まだ眠る
うつらうつら まどろみの果て
目を覚ませ
悪い夢見てるぜ

出典: Wake Up!/作詞:谷中敦・後藤正文 作曲:加藤隆志

ほほう!


水のない海を遊泳している自分は、睡眠中だったのですね。


眠り続けていた自分…その果てに聞こえてきた声。


「目を覚ませ」・「悪い夢見てるぜ」って…なんだかアニメとかに出てきそうな、すっごくカッコいい物語に思えてきませんか?

男らしく熱いメッセージ性のある「ウェイクアップ~」もたまらない!!

ウェイクアップ 目覚めよう 蛹を 今日 這い出して
ウェイクアップ 目覚めよう ぬかるみを 今 這い出して
ウェイクアップ 目覚めよう 蛹を 今日 這い出して
ウェイクアップ 目覚めよう さあ君よ 目覚めろ

出典: Wake Up!/作詞:谷中敦・後藤正文 作曲:加藤隆志

「うつらうつら」といった、言葉のリズムも心地良いサビを抜けた先に出てくる「ウェイクアップ~」


ここからは、ひたすら目覚めを促していく歌詞へと切り替わっていきます。


蛹(さなぎ)のように殻をかぶったままでいる自分や、ぬかるみにはまったかのように、どう足掻いても無理だと諦めていた自分。


「頑張れ」などのような応援メッセージは出てきませんが、「さあ目覚めろ!」という、いかにも男らしい熱いメッセージにより、自分を奮い立たせることが出来るでしょう!!

ゴージャス感がスゴイ!「Wake Up!」のMVも要チェック♪

スカパラとアジカンのコラボというだけでもワクワクしてしまいますが、実際のMVはどんな仕上がりになっているのでしょうか?


楽曲と同様に、そのゴージャス感に圧倒されるMVも、ここでぜひご覧ください♪

コロコロ変わっていく場面から目が離せない!!

孤独感の強い歌詞とは打って変わって、ポップな曲調で進んでいくこの曲。


スカパラとアジカンのメンバー全員が集まると、それだけで画面に伝わる圧迫感もすごいですよね!


そして、ベッドルームや座敷、牢獄や教会など、とにかく場面がコロコロ変わっていきます。


展開が気になる中、時々出てくる黒板に書かれた歌詞が何とも印象的だなぁと感じ、最後には教室で居眠りから目覚めるメンバーにクスクスしてしまうでしょう。

まとめ

ここまで、東京スカパラダイスオーケストラとアジカンとのコラボ曲「Wake Up!」の歌詞を、MVとともに徹底的に解釈してきましたが、本当にカッコいいですよね!


長年活躍し続けている彼らだけあって、その実力&ライブパフォーマンスは、世界中から愛されているのも納得です。


「Wake Up!」の曲に関しても、歌詞の持つ世界観が曲にどの様に反映されていくのかとワクワクしちゃうものの、期待を遥かに超えていくところがまたイイんです♪


スカパラ&アジカンの「自分たちの演奏なら、この歌詞はさらに羽ばたけるぜ!」っていう思いも、ガッツリと詰め込まれているような演奏に、グッと胸をつかまれることでしょう。


今度はどんなアーティストとのコラボ曲が聴けるのかも気になりますが、まずは2018年4月14日から始まる彼らのツアーからも目が離せませんね!!

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

音楽に限らず、その時自分が「キュン!」と感じたものにのめり込んでいく、本能型ライターのおからです。

最近はイケメンに飢えてるので、イケメンに癒されたい願望が強く、イケメン+メンテナンスで「イケメンテナンス」(行け!メンテナンス)を実行しようと、近所のイケメン歯科に予約しようか悩み中…
虫歯あるから早く行け!と誰か背中を強く押してやってください(涙)

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索