「Official髭男dism」について

彼らは2012年に結成されたピアノポップバンドです。ファンからは「ヒゲダン(髭男)」の名で親しまれています。メンバー島根大学と松江高専の卒業生で構成された“島根男児”の集まり!

風変わりな名前ですが、「髭の似合う年齢になってもこのメンバーで音楽を作っていきたい」という願いが込められています。

なんとも素敵な由来…。名前だけ聞くと「オジサンの集まり?」と思ってしまいますが、メンバーは20代半ば~20代後半のイケメン揃い!

ちなみにメンバーの中にはまだ髭を生やした人はいません。これからどんな変貌を遂げて行くのか楽しみですね(笑)。

「Official髭男dism」のメンバー紹介!突然のメジャーデビューで話題のグループの素顔に迫る!の画像

2018年メジャーデビュー!

結成から3年後の2015年に1stミニアルバム「ラブとピースは君の中」を発表しインディーズデビュー!

このアルバム「タワレコメン・ニッポン放送4月度優秀新人」に選ばれるほどで、髭男の名を世間に知らしめました。

なお、ノーダウトは月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用された(インディーズバンドとしては初)ので、これを機にドンドン知名度が上がっていきそうですね。

そして今年の4月に「ノーダウト」をリリース(シングルカット)して、ポニーキャニオンからメジャー入り!

まだまだ売り出し中の身で、メディア露出もそれほど多いとは言えませんが、頑張ってる人にエールを送ってくれるようなポップでキャッチーな楽曲で注目を集めています。

「Official髭男dism」のメンバー紹介!突然のメジャーデビューで話題のグループの素顔に迫る!の画像

今年4月10日Official髭男dismスペシャルフリーライブで行われた、衝撃のメジャー宣言から約一カ月。

“インディーズ”での1stフルアルバム「エスカパレード」のリリースを控え、フリーライブを開催した後のメジャー化&シングル・アルバム同時リリースという電撃発表。

彼らの電撃的で挑戦的なアプローチには本当に度肝を抜かれました(笑)。

まぁ…メジャーデビューとは言っても、幅広い層に支持されるくらいとっつきやすい今までの音楽性や、心に沁みる歌のメッセージ性は変わらないと思うのでご安心を。

メンバープロフィール紹介

全員が島根出身者で、本格的なバンド活動のため2016年に東京に拠点を移した髭男。

aiko秦基博も認めるその演奏スキルの高さで、インディーズ時代から音楽ファンに熱烈な支持を受けてきました。

そんな髭男メンバー達のプロフィールを簡単に振り返っていきましょう。

藤原 聡(ふじはら さとし)

1991年8月生まれ。バンド内ではボーカルやピアノ・キーボード。作詞作曲まで担当しています。

元々は高校でメタルやブラックミュージックのコピーバンドをしていて、ドラムを叩いていたガッチガチのドラマーでしたが、髭男結成以降はボーカリストへ。

島根大学軽音部に所属し、卒業後は地元の企業で二年間営業マンとして勤務した経験を持っています。

小笹 大輔(おざさ だいすけ)

1995年1月生まれでメンバー最年少、髭男のギター担当です。メロコアやパンク系の音楽が好み。松江高専時代は「電子情報システム工学学科に在籍。カオス理論について勉強していたそうです。

Hi-STANDARD」をコピーしたことがギターを始めるきっかけらしく、卓越した指さばきはその経験があったからでしょうね。

他のメンバーが島根大学軽音部出身に対し、唯一彼は学外からのバンド加入者です。

楢崎 誠(ならざき まこと)

1989年3月生まれ。ベース・サックス担当にしてメンバー最年長。

髭男ではベースをメインに演奏していますが、父親がジャズミュージシャンの家庭で育ち、自身も警察音楽隊でサックスを吹いた経験があるほどのサックスの実力者でもあります。

松浦 匡希(まつうら まさき)

1993年1月生まれ。ドラム・コーラス担当です。学生時代は剣道部に所属していて、剣道部の部長や大会で主将を務めるほどの実力を持っています!

テンポ抜群のドラムサウンドで、髭男の音楽性をポップかつクールなものに仕上げています。