クリスマスは洋楽で決まり!人気&定番曲10選!

2017年08月16日更新

BUMP OF CHICKEN「ゼロ」の歌詞情報♪ゲーム【FINALFANTASY零式】に起用!

「ラフ・メイカー」「K」「ダンデライオン」など楽曲の中でも感動するストーリーを作り続けてきているカリスマロックバンドのBUMP OF CHICKEN。そんな彼らが壮大な世界観と胸打たれるストーリーで人気が高いゲーム「FINALFANTASY零式」の主題歌を担当しました。「ゼロ」の歌詞に注目です。

「FINALFANTASY零式」のテーマソングに起用

「FINALFANTASY零式」

ファイナルファンタジー零式 HD
PlayStation 4
スクウェア・エニックス

「FINALFANTASY零式」は、2011年10月27日に発売されたゲームです。1987年に発売された「FINALFANTASY」シリーズの一つで、シリーズ全体では1億本以上の売り上げを誇っている大人気ゲームですね。


今までのシリーズよりもアクション性が高く、高密度な作品として評価されました。


また2015年3月17日には、PSP版より美しく作り直された「FINALFANTASY零式 HD」も発売されています。

テーマを依頼された時はドッキリかもと疑った

もともとFINALFANTASYが大好きだったというBUMP OF CHICKENメンバー。「FFⅦアドベントチルドレン」の試写会に参加したそうです。


その時に、「FFⅦ」のストーリーやキャラクターデザインを担当しているクリエイティブプロデューサーの野村哲也と知り合ったそうです。


「一緒に仕事できたらいいね」と言われたけれど、現実のものになるとは思っていなかったメンバー


テーマソングの話が来たときにも、ドッキリだと困るからすぐに信じるのはやめようと言い聞かせていたと語っています。

「ゼロ」の制作秘話

イラストのイメージから作り上げられた世界

最初に、スクウェア・エニックスから主人公達のキャラクターイラストの入った企画書をもらったという藤原基央。


ストーリーを詳細に教えてもらったわけではなく、「戦争もの」というぐらいにしか聞いていなかったそうですが、イラストとともに描いてあった戦火をイメージさせる背景からも紡ぎ出した楽曲は見事に切ない世界観を描いていますね。


「ゼロ」は、コードからメロディーを紡いでいったパターンで作成し、AマイナーからDコードの流れは深い切なさを表現していますね。

BUMP OF CHIKEN「ゼロ」

2011年10月19日に発売された21thシングル

ゼロ(通常盤)
トイズファクトリー

「ゼロ」は、2011年に21thシングルとして発売されたこの曲は、ゲーム中に楽曲が流れるシーンと曲がぴったり合うように作り替えられたほどFFスタッフからも「この曲を無くしては本作は完成しない」と評価されました。


通常盤と2012年1月末までの期間限定盤の2種類があり、期間限定盤には「ゼロ」の「FINALFANTASY零式オープニングバージョン」や、特別編集のMVが収録されたDVDがついています。


週間ランキング2位、2011年10月度月間ランキング3位、さらには2011年度年間ランキング24位を記録し、累計25万枚を売り上げる大ヒットになりました。


もともといたBUMP OF CHIKENのファンに加え、FINALFANTASYをプレイした人も虜にした楽曲です。

通算7th(メジャー5th)アルバム「RAY」にも収録

RAY(初回限定盤)(予約特典ステッカー無し)
BUMP OF CHICKEN
トイズファクトリー

「ゼロ」は2014年3月12日に発売したアルバム「RAY」の7曲目にも収録されています。


初回限定盤と通常盤の2種類があり、初回限定盤には「ゼロ」のMVが収録されています。他にも2013年に開催されたライブの映像特典が入っているなど、かなりボリューミーな内容になっています。

「ゼロ」の歌詞

迷子の足音消えた
代わり祈りの唄を
そこで炎になるのだろう
続く者の灯火に

出典: https://twitter.com/hooooosu7/status/882216167351345152

「迷子」とはいったい誰のことなのでしょうか。


曲の初めから出てきますが、藤原基央はこれまでも「ロストマン」や「arrows」でも「迷子」という言葉を使っています。


それらの楽曲も含めてみると、言葉通り道に迷っているのではなく、「人生に迷っている人」のことではないでしょうか。


そしてその足音が消えたということは、進むことが出来なくなってしまったということ。たぶんそこで亡くなってしまったのでしょう。


足音がならない代わりに、祈りの歌を歌い、その思いは炎として熱く燃え上がります。そして、同じ道を行く人たちを導く光になると歌います。


静かな始まりですが、命の終わりから始まる壮大な物語が語られていますね。

瞳の色は夜の色 透明な空と同じ黒
確かさに置いていかれて 探して見つめすぎたから

出典: https://twitter.com/IMdffac/status/830776002657652736

この瞳は誰のものでしょうか。


もしかしたら、亡くなった迷子の瞳ではないでしょうか。


夜は、太陽のような光がなく、暗く冷たい絶望の色であり、透明な空と同じというのは、まだ澄んだ瞳をもつ若い人を連想させます。


FINALFANTASY零式の登場人物たちは7歳や8歳くらいの幼い年齢で施設に引き取られ厳しい訓練を受けていきます。


そういった過酷な現実に心は置いていかれ、闇を抱える黒い瞳になってしまったように思えます。

配られた地図がとても正しく 何処かへ身体を運んでいく
はやすぎる世界ではぐれないように
聞かせてただ一つのその名前を

出典: https://twitter.com/IMdffac/status/830776002657652736

配られた地図というのは、大人が引いたレールのことではないでしょうか。


自分で正しいかどうかを考える暇もなく、ただ運ばれるように時間を過ごしてしまっているようです。


そんな自己主張のない世界で、たった一つだけ自分をつなぎとめているものがあります。それがこの曲で大切なポイントとなってくるのが「名前」です。

終わりまであなたといたい
それ以外確かな思いが無い
ここでしか息が出来ない
何と引き換えても 守り抜かなきゃ
架かる虹の麓にいこう
いつかきっと 他に誰も
いない場所へ

出典: https://twitter.com/BUMP_wordsbot/status/895895459964755969

主人公にとって、絶望が広がる世界で「あなた」と一緒にいることが全てであり、生きる目的となっています。


ここでしか息ができないというのは、自分が生きていることを実感できるのがあなたの隣にしかないことを伝えています。


そして、その場所を失ってしまえば、生きている意味がないとまで思い詰めています。


架かる虹の麓は「希望の場所」。この縛られた生活から抜け出して、管理する者のいない自由な世界を目指していることが分かりますね。

心に翼をあげて どこへでも逃げろと言った
心は涙を拭いて どこへも逃げないでと言った

出典: https://twitter.com/akutootuka/status/878966935999795203

身体は自分の意志とは関係なく運ばれていくという歌詞がありましたよね。


だから、主人公は体と心を切り離し、心に翼をあげて、ここではないどこかへ行くようにと語り掛けます。


しかし、心は泣きながら答えます。身体と心を切り離すことなく、一緒に居ようと。

命まで届く正義の雨
飛べない生き物 泥濘の上
一本道の途中で見つけた自由だ
離さないで どこまでも連れていくよ

出典: https://twitter.com/akutootuka/status/878966935999795203

生死まで影響してくる「正義」という雨。それは、互いの正義のために戦う「戦争」のことを示しているのではないでしょうか。


飛べない=逃げることのできない私たちは、ただ泥濘の上であがくしかないのです。


大人の事情の争いや戦争のために、幼いころから教育され戦う宿命を背負わされた主人公たちの哀れな姿が映し出されているようですね。

怖かったら叫んで欲しい すぐ隣にいるんだと知らせて欲しい
震えた体で抱き合って 一人じゃないんだと教えて欲しい
あの日のように笑えなくていい
だってずっと その体で生きてきたんでしょう

出典: https://twitter.com/BUMP_kasibot/status/810418911816491008

色んな事を知って、いろんな過酷な状況の中でもまれて生きてきたのだから、あの日のように笑えないだろうと語ります。


でも、それも含めてのあなたなのだから、全てを受け止めるという覚悟が見えますね。


主人公が望んでいるものは、あなたが自ら声を上げること、そして行動することなのですね。

約束はしないままでいたいよ その瞬間に最後が訪れるようで
ここだよって教わった名前 何度でも呼ぶよ
最後が来ないように

出典: https://twitter.com/BUMP_kasibot/status/880747730598895616

藤原基央は、生まれた瞬間に、いつか死ぬことが決まっているし、人が出会えば必ず終わりが来るというように、終わりと始まりは繋がっていると語ります。


約束をした瞬間に、その約束が敗れる瞬間が生まれるというわけですね。だから、約束はしないで、代わりにあなたの名前を呼ぶんだと語ります。

広すぎる世界で選んでくれた
聞かせて ただひとつの
その名前を

出典: https://twitter.com/BUMP_OF_CHICKE_/status/895860518925115392

終わりまであなたといたい それ以外確かな思いが無い
ここでしか息が出来ない 何と引き換えても守り抜かなきゃ

怖かったら叫んで欲しい すぐ隣にいたんだと知らせて欲しい
終わりまであなたといたい もうそれ以外確かな思いが無い

出典: https://twitter.com/BUMP_kasibot/status/831497840685785089

ここは以前の繰り返しのように感じますが、違いが少しあります。


「すぐ隣にいたんだと知らせてほしい」というフレーズ。少し前には「すぐ隣にいるんだと知らせてほしい」となっています。


つまり、過去形になっているわけですね。このことから、あなたがいなくなってしまったことが分かります。

架かる虹の麓にいこう ずっと一緒 離れないで
あの日のように笑えなくていい いつかきっと 他に誰も いない場所へ

出典: https://twitter.com/eijilovem/status/750825437220118528

主人公は曲の初めに息を引き取ります。そして、主人公が終わりまで一緒に居たいと願ったあなたも、曲の終わりに息を引き取っています。


そして、ずっと一緒に離れないで他に誰もいない虹の麓に行こうと歌い上げます。


もしかしたら、亡くなった後の二人が再び出会い、絶望の多い世界から希望の場所へ向かう姿を描いているのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?


FINALFANTASY零式と同じように、壮大な物語を紡いでいるBUMP OF CHIKENの「ゼロ」。


ゲームの世界で見るとまた一味違い、曲の素晴らしさを体感できます。ぜひ、ゲームをプレイしながら「ゼロ」を聴いてみてください。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

ストーリー性をもつ歌詞が大好きなライター。オリジナルキャラクターなども描いてます。
好きなアーティストは、RADWINPS、米津玄師、岡崎体育、中島みゆきと音楽的には雑食タイプです。読みやすく楽しめるような記事を!

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索