BiSH「本当本気」

メジャー1stアルバム「KiLLER BiSH」の収録曲

「本当本気/BiSH」の歌詞はメンバー○○の覚悟が描かれている!?PV&収録アルバムも徹底解説♪の画像

「本当本気」は2016年10月5日にリリースされた通算3枚目、メジャーでは初のアルバムとなる「KiLLER BiSH」の6曲目に収録されています。

メンバー全員が”妥協が一つもないアルバム”として胸を張って発表できる作品になったというこのアルバムは、アイドルらしさを超えるカッコいいナンバーが多数収録されています。

タイトルにある「KiLLER」の文字通り、キラーチューンが山盛り!

松隈ケンタ率いるSCRAMBLUESの音ずくりはバンドサウンドとしても注目のスタイリッシュさが魅力ですね。

歌詞はプロデューサーである渡辺淳之介だけでなく、メンバーも作詞をしており、今回紹介する「本当本気」もその一つです。

このアルバムのテーマは「生死」。生きるか死ぬかの瀬戸際で、感情が爆発しさらけ出されたようなエネルギーがあふれているんですね。

このアルバムはLive初回限定盤、Live通常盤、CD盤、Loppi・HMV限定盤の4つがあり、Live盤には”IDOL SWiNDLE TOUR FINAL”の模様を完全収録しています。

Loppi・HMV限定盤のDVDには今や伝説の企画と言われているBiSHキャノンボール”の未公開ショットと、リード曲「オーケストラ」のPVが収録

やっぱりCDを買うなら初回限定盤ですよ!

おすすめ楽曲は本当にいっぱいあるのですが、3つだけセレクトしてみました!

筆者がお勧めする楽曲はこちら!

8曲目に収録されている「Am I RRENZY??」はリンリンが作曲を手掛けた楽曲

かなり落ち込んでいる時に作詞したというこの楽曲ですが、これほど心をむき出しにして語ることが出来る力に感動しました。

彼女の言葉がこの作品を牽引しているといえるほど、切迫感があり印象的です。

アツコがお気に入りという「Starway to me」も曲の変動が激しくめちゃくちゃカッコいいです。

そして青春パンクを引き継いでいる「KNAVE」はこの曲のアクセントとも言える一曲。

この3曲を見てもこのアルバムのバランスの良さが分かってもらえると思います。

作詞を担当したアユニ・D

アユニ・Dが描く全てに対しての宣戦布告

先に別の楽曲を紹介してしまいましたが、「本当本気」もめちゃくちゃ好きな楽曲ですよ!(笑)

この曲は、オーディションで1100人以上から選ばれ、新メンバーとして加入したアユニ・Dが作詞を手掛けているんですね。

初めて作詞を担当したそうなのですが、教室の隅にいるような人間でもいろいろ思っているんだという気持ちを歌詞にぶつけたということ。

アユニ・D本人も引っ込み思案な性格をしているそうなのですが、もっとやってやろうじゃねぇか!という気概が受け取れますよね!

「本当本気」のPVをチェック!

渋谷を買い物カートで爆走するシーンはまるで映画を見ているような気になる「本当本気」のPV

このPVを担当したのは25歳という若さで映画祭などで多数の受賞歴を持っている二宮健と、クリエイター集団HAVIT ART STUDIOのタッグを組んでいるんです。

二宮健はBiSHの「MONSTERS」のPVも監督していますよ!

アイナ・ジ・エンドのソロダンスも超カッコいいです。

大量にペンキをかけられたり、相変わらず体を張っていますよね・・・。

PVではアイナ・ジ・エンドとセントチヒロ・チッチのキスシーンもあるので、注目ですよ!

「本当本気」の攻撃的な歌詞に注目

みにくいアヒルの子でもバカにするな!

みんなが僕をバカにすんだ ナメんな

もうやりたいことやれずに
ああいつになったならやりますか?
学校でやってやるんです
seventeen まだseventeen
ああ消したい事殺れずに
じゃあいつになれば殺れます?
大きくなって求めるんだ
seventeen まだseventeen'S OK??
まだseventeen

出典: 本当本気/作詞:アユニ・D 作曲:松隈ケンタ

映像の最初で投げている赤いボールは、「なめんなボール」といわれるもの。PVの買い物カートの中にも大量に置いてありますね。

一番多感な17歳の時にはまだまだ未来は広がっていて、自分が本気を出していないだけでやればできると思っていたことはありませんか?

やりたいことが出来ていないのは、まだ大人じゃないからとくすぶっている人間が描かれていますね。

ああ終わらず 血まみれ 倒れて 転生して
神になるんだ 僕はねっ

本気出すのは今ではない
嘘じゃない 知ってた?
能ある鷹はね爪隠すの
頭がおかしくなっちゃっても
クズじゃない 知ってた?
ここでやめちゃだめでしょ
to die or 生

出典: 本当本気/作詞:アユニ・D 作曲:松隈ケンタ