一度きりの人生 転がるように 笑って泣いて生きてゆこうぜ Baby
誰かの決めた自由はいらない そしてここではないどこかへSomeday

出典: ワイルドアットハート/作詞:Soluna 作曲:Chris Janey,Junior Jokinen

「ワイルドアットハート」の詩の世界に一貫したテーマを提示しているこのフレーズは、「自分でハンドルを握る自由とは?」と聞き手に投げかけています。

答えを求めず転がるように一度きりの人生を、自分の感情の赴くままに生きていたい。

そのために、人生の手綱は自分で握ることが大事なのです。

嵐のシングル「ワイルドアットハート」PV動画はこちら♪の画像

強い風が東へ西へ吹いてもI don't care
どれだけ逃げても明日は知らん顔でやってくるさ

駆け抜けたその先に答えがあるのか?La...
俺たちは求めない
OK!Allright! 世界の果てまで呆れるほど君と

出典: ワイルドアットハート/作詞:Soluna 作曲:Chris Janey,Junior Jokinen

風任せの雲だった時代、行き先はその風が決めていました。

しかし、「I don't care」という信念を抱いた今、将来の保証のために自分の意思なく生きる明日より、世界の果てまで君との未来に向かって走りたいと歌います。

背負い込みすぎたら捨ててゆこうぜ
明日は明日の風にまかせ
何が起こるか誰にも分からない
今を生きるだけさ Let's go

出典: ワイルドアットハート/作詞:Soluna 作曲:Chris Janey,Junior Jokinen

背負いすぎて、身体も心も重くなっていては遠くまで駆け抜けることはできません。

逃走に連れて行く荷物は最小限にして、誰も知らない未来を追いかけ、今を自由に生きる楽しみを見つけに行こうと誘うのです。

2番の歌詞の解釈

小さなプライドよりも大切な者のために

嵐のシングル「ワイルドアットハート」PV動画はこちら♪の画像

息切らして走る day by day
きれいごとは似合わない
時には流れに逆らって 燃え尽きても構わないさ
ボロボロの プライドでも 君がいるから La...
退屈な街を抜け
Ride on, right now
振り返らない 昨日に別れ告げて

出典: ワイルドアットハート/作詞:Soluna 作曲:Chris Janey,Junior Jokinen

自分でハンドルを握って自由を満喫するためには、きれいごとやプライドを時に投げ捨てなければいけないこともあるかもしれません。

それでも、君がいるなら構わない、ノーダメージだと歌います。

自由のためなら、燃え尽きるほど戦うことも辞さないと強い決意を見せるのです。

出会えた仲間よ そのままでいい
ためらうことなど何もないぜ
俺たちはきっと 胸に秘めた
涙の代わりに笑って Say goodbye

もしも旅立ちを決めたときは
何も言わないで見送るから
約束なんかは必要ないから
今を生きるだけさ My friend

出典: ワイルドアットハート/作詞:Soluna 作曲:Chris Janey,Junior Jokinen

「ワイルドアットハート」の詩の世界にある本当の強さは、この部分に秘められているのではないでしょうか。

自由の旗の下に立っているからこそ、仲間の独立した精神の自由も尊重します。 約束という名の束縛すら必要ない関係を構築できる、大人のドライな関係の本質を示します。

そう 暗闇の中で たとえ倒れたときは この手差し伸べるから

出典: ワイルドアットハート/作詞:Soluna 作曲:Chris Janey,Junior Jokinen

約束などしなくても、仲間を助けるかどうか自分で決めることができる自由、そして大人の強い友情が、すでに心に宿っているのです。

まとめ

嵐のシングル「ワイルドアットハート」PV動画はこちら♪の画像

自分でハンドルを握る「自由」を探して

「自分で判断する自由」を得たメンバーに助太刀することを、自分の意思で選んだ主人公が活躍する、『ラッキーセブン』のストーリー。

「ワイルドアットハート」を聴くと心が軽く楽になる理由は、束縛されがちな今を生きる一人ひとりの自由を愛する心を応援する歌だからかもしれません。

心が落ち込んだ時、ちょっとした気分転換に聞くと、みるみる力が沸いてくる曲です。