ケツメイシ

A post shared by Kazu (@k_m_makishi) on


曲を聴くと思わず体が自然にリズムを刻みたくなってしまうテンポのいいラップと、心に響かせる歌詞が特徴的なヒップホップグループ、ケツメイシ

1993年に結成され、今年で24周年を迎えました。

ケツメイシメンバーは現在40代ですが、まだまだ人気があるのでテレビや街中など、どこかで一度は楽曲を聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし主な活動は楽曲リリースとライブがほとんどで、テレビなどのメディアに顔を出すことは稀です。

「曲は知ってるけどメンバーのことはよく知らない」という人も意外に多いですね。

魅力溢れるあの曲を歌っているのはどんな人なのか、このチャンスにぜひ覗いてみてください♪

Ryo

A post shared by kico (@kiiico.4ever) on


MC(ラップパート)を務める「Ryo」こと「田中亮」さん。1972年に東京都で誕生し、今年で45歳を迎えます。

身長は162cmとあまり長身ではないですが、ケツメイシの中では最年長で影のリーダーの役割も担っているとか。

結構エリート!?

Ryoさんの出身校は「獨協高校(どっきょうこうこう)」という完全中高一貫の私立男子校です。

この学校は数々の医者、政界人、大学の名誉教授や文化人などを排出する超エリート校。

また大学は東京薬科大学を卒業した薬剤師さんで、製薬会社への勤務経験もあります。

お父上は順天堂大学名誉教授、心臓血管外科学医の田中淳さん。

一見ラフな感じを受けるRyoさんですが、実はとてもスマートな生い立ちですね!

でも意外なギャップ。下ネタ好き!?

ぱっとプロフィールを見るだけではお坊っちゃま育ちに見えますが、意外や意外、実は結構「下ネタ」好きなお人柄。

そして右に出るものはいないほどのラーメン好きだそうで、 思ったより親近感に満ちていますね。

ライブでのMCでも時には下ネタを披露しながら、会場を楽しませてくれます。

2人の子持ち。家庭的なパパ

Ryoさんはケツメイシ結成以前に結婚されていて、2人の娘さんがいらっしゃいます。

奥さんは一般の方で、Ryoさんは子育てや家事も手伝うイクメンで家庭的なパパだそうです。

Ryoji

A post shared by 団長安田 (@dancyoyasuda) on


ボーカルを務める「Ryoji」こと「大塚 亮二」さん1974年に兵庫県で誕生し、今年で43歳を迎えます。

歌が上手く、ケツメイシの活動以外では音楽プロデューサーとして様々な歌手に楽曲提供されていて、ケツメイシの音楽活動では音楽プロデューサーとしても重要な立ち位置にいます。

3度の離婚

Ryojiさんは3度の離婚歴があり、最後の離婚のお相手は女優でモデルの「石川亜沙美」さんです。

石川さんとは2006年にできちゃった婚で結婚され、2007年には男の子が誕生

もともとケツメイシの大ファンだった石川さんは、ファンレターを出したりと積極的なアプローチがあったようですね。

真相のほどはわかりませんが、Ryojiさんが2人目の奥さんと別れる前から付き合っていたのではないかと囁かれており、なにやらゴシップ記者が喜びそうなネタがムンムンとしています。

石川さんと別れたのは昨年のこと。子供の親権は母親に渡り、石川さんはシングルマザーになりました。

難病を患う・・・。

そんなRyojiさん、実は「特発性大腿骨頭壊死症」という難病を抱えています

病に気づいたのは2015年末ごろ。

ファンや多くの人に心配をかけまいと公表はしていませんでしたが、10月9日にオンエアされた「情熱大陸」の密着取材で、難病を抱えていることが明らかにされました。

この「特発性大腿骨頭壊死症」は歌手の美空ひばりさんも患っていた病気で、太ももの付け根の骨が壊死してしまい、痛みを伴う病気です。

アルコールやステロイドの大量摂取、また放射線照射でも発病することがあるこの病気。

Ryojiさん発病の原因はわかりませんが、現在治療を行なっているということで回復していくことを願っています!

大蔵